スエズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スエズ
السويس
as-Suways
エジプトの旗
スエズ港には多くの船が行きかう
スエズ港には多くの船が行きかう
位置
スエズの位置(下エジプト内)
スエズ
スエズ
スエズ (下エジプト)
スエズの位置(エジプト内)
スエズ
スエズ
スエズ (エジプト)
スエズの位置(中東内)
スエズ
スエズ
スエズ (中東)
スエズの位置(アフリカ内)
スエズ
スエズ
スエズ (アフリカ)
座標 : 北緯29度58分 東経32度33分 / 北緯29.967度 東経32.550度 / 29.967; 32.550
行政
 エジプト
  スエズ県
 市 スエズ
人口
人口 (2019年現在)
  市域 775,513人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)

スエズ英語:Suez、アラビア語:السويس, as-Suways、エジプト方言:es-Swēs, エジプト・アラビア語発音: [esseˈweːs], エッセウェース)は、エジプト東部の都市スエズ県の県庁所在地である。人口約80万人 (2019年)。紅海スエズ湾に面し、スエズ運河の南端に位置する。製油所化学肥料工場が多くある。カイロと国道33号や鉄道で結ばれている。スエズはメッカ巡礼に向かうムスリムたちの拠点となっている。

紅海と運河沿いに市街が広がる

歴史[編集]

7世紀に現在のスエズの街の近くにあった、ギリシャ語浣腸あるいは潮汐を意味する Κλύσμα に由来するラテン語名 Clysma またはトルコ語名 Kolzum、アラビア語القلزم, al-Qulzum として知られる町が、ナイル川と紅海を結ぶ運河の終点にあった。16世紀にはオスマン・トルコの海軍基地があった。

1869年のスエズ運河完成後、街は港としての重要性を増していった。1960年代後半と1970年代における、エジプトとイスラエルの戦争により、街は事実上破壊された。続く1967年の第3次中東戦争でも街は破壊された。1973年10月にスエズ運河が再開され、スエズの街の復興が始まった。


姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]