アルフレート・クルップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「大砲王」クルップ

アルフレート・クルップ(Alfred Krupp、1812年4月26日 - 1887年7月14日)は、ドイツの企業家。

フリードリヒ・クルップの創設した小さな木造の工房を相続し、19-20世紀にドイツ最大の鉄鋼・兵器製造企業であり、現代でも巨大コングロマリットであるクルップ社に育て上げた。新興軍事国家のプロイセンに高性能の大砲を供給し「大砲王」の異名があり、また死の商人とも呼ばれた[1]

生涯[編集]

1812年、ドイツのエッセンで生まれた。父のフリードリヒは発明家で、水車を動力にした木造の作業場をライン川の岸に建設し、当時イギリスが独占していた鋳鋼の製造を試みていた。しかし彼の試みは成功することなく、長男のアルフレートが14歳になった1826年、父は失意のうちに窮死し、作業小屋と数人の職人は息子に受け継がれた。彼は工房にひきこもって実験を繰りかえし、数年後ついに鋳鋼の製造に成功する。彼は弟たちとも協力し、食卓ナイフや工具、やがて鋳造機なを作って販売し、借金を返済て事業を軌道に乗せる。

1834年にドイツ関税同盟が発足してドイツ諸邦間の人的・物的な交流が促進されたこと、さらに急速に鉄道網の整備が進められた時期だったことを背景に、鉄鋼を増産させて会社を急成長させた。また、1871年のドイツ社会民主労働党のゼネラルストライキをきっかけに社内で疾病保険養老保険などを整備して労働者の保護を図ったことは[2]、のちのドイツ帝国における社会保険制度に影響を与えた。

鉄血政策」によるドイツ統一を進めていたプロイセンを兵器面で支え、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争(デンマーク戦争)、普墺戦争普仏戦争において、クルップ社の大砲は重要な役割を果たした。死後、事業は息子のフリードリヒ・アルフレート・クルップに受け継がれた。

1873年に建てた大邸宅ヴィラ・ヒューゲルde:Villa Hügel)は、現在でも観光名所とされている。

脚注[編集]

  1. ^ 『神々の軍隊』- 浜田政彦(2002年平成14年),ISBN 9784883202119)
  2. ^ Hochspringen ↑ Vgl. hierzu auch den Aufruf von Alfred Krupp an seine Arbeiter vom 24.6.1872 abgedruckt in: Quellensammlung zur Geschichte der deutschen Sozialpolitik 1867 bis 1914, I. Abteilung: Von der Reichsgründungszeit bis zur kaiserlichen Sozialbotschaft (1867-1881), 4. Band: Arbeiterrecht, bearbeitet von Wolfgang Ayaß, Karl Heinz Nickel und Heidi Winter, Darmstadt 1997, Nr. 102.

外部リンク[編集]