匠秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

匠 秀夫(たくみ ひでお、1924年大正13年)11月28日 - 1994年平成6年)9月14日)は、北海道出身の美術評論家。挿絵など近代日本美術史研究で著書多数がある。

札幌一中(現北海道札幌南高等学校)卒、京都大学文学部選科中退、北海道大学文学部西洋史学科卒、同大学院(旧制)修了。高校教諭を経て、1966年(昭和41年)から札幌大谷短期大学教授。1968年(昭和43年)から神奈川県立近代美術館に勤務、1981年(昭和56年)には同館長となる。1987年(昭和62年)に茨城県立美術博物館(現茨城県近代美術館)の館長となる。

著書[編集]

  • 近代日本洋画の展開 近代日本洋画史序説 昭森社 1964
  • 中原悌二郎 その生涯と芸術 旭川市 1968 木耳社 1969
  • 三岸好太郎 昭和洋画史への序章 北海道立美術館 1968 求竜堂 1992
  • 近代日本洋画の展開 近代日本洋画史序説 昭森社 1977.2
  • 近代日本の美術と文学 明治大正昭和の插絵 木耳社 1979.11
  • 絵を描くこころ 日本の近代画家たち 1980.10 (岩波ジュニア新書)
  • 大正の個性派 栄光と挫折の画家群像 有斐閣 1983.4
  • 棟方志功平凡社 1984.11
  • 物語昭和洋画壇史 1-2 形文社 1988-89
  • 日本の近代美術と幕末 沖積舎 1994.9
  • 匠秀夫著作集 全3巻 匠秀夫著作集刊行会 2001-02 
  • 日本の近代美術と文学 挿絵史とその周辺 沖積舎 2004.8 

共著編[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典