草野心平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
草野 心平
(くさの しんぺい)
Shimpei Kusano 01.jpg
1955年頃
誕生 1903年5月12日
日本の旗 日本福島県石城郡上小川村(現・いわき市
死没 1988年11月12日(満85歳没)
職業 詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 広東嶺南大学(現・中山大学
テンプレートを表示

草野心平(くさの しんぺい、1903年明治36年)5月12日 - 1988年昭和63年)11月12日)は日本詩人福島県石城郡上小川村(現・いわき市小川町)出身。

経歴[編集]

5人兄弟の次男として生まれる。兄の草野民平(くさの みんぺい、1899年(明治32年) - 1916年大正5年))、弟の草野天平(くさの てんぺい、1910年(明治43年) - 1952年(昭和27年))も詩人。1919年、磐城中学(現・福島県立磐城高等学校)を4年生で中退したのち上京し、1920年慶應義塾普通部3年次に編入したが、同年、同校を中退し、1921年中国の広東嶺南大学(現・中山大学)に進学する。

1925年(大正14年)排日運動により、帰国。詩作はこの留学中に開始されている。

1923年(大正12年)には、民平と自己の詩をおさめた『廃園の喇叭』を自費出版(この時は一時帰国していたため、出版地は日本)。帰国後、雑誌『銅鑼』を主催し、ここに宮沢賢治八木重吉らを同人に誘い、彼らの作品の紹介に努めた(彼らの没後まで心平は紹介を続けたが、生前に直接面識を得ることはなかった)。

1928年(昭和3年)、活版刷りとしては初の詩集となる『第百階級』を刊行。全篇がをテーマにしたものであり、以後も、この生物を扱った詩を書き続けた。

1935年(昭和10年)には、中原中也らと詩誌『歴程』を創刊する。

1938年(昭和13年)2月から4月まで、『帝都日日新聞』の記者として満州中国に渡りそのときの模様を『支那転々』にまとめている(なお、同時期の日記は現存しない。また南京陥落の1937年12月には南京には滞在していない)。その後、南京に成立した汪兆銘中華民国国民政府の宣伝部長を務めていた大学の同窓生に誘われ、宣伝部顧問として終戦まで南京に滞在する。在中時代は、焼き鳥屋をやっていた経験を持ち、戦後日本に帰国した際にも「火の車」という焼き鳥店を経営していた。

1950年(昭和25年)には、「蛙の詩」によって、第1回読売文学賞を受賞。

1953年(昭和28年)、福島県川内村長福寺の住職矢内俊晃の招聘で同村平伏沼モリアオガエルを見に行く。

1956年(昭和31年)、平伏沼畔に心平の歌碑が建立される。

1960年(昭和35年)9月、川内村名誉村民となる。

1966年(昭和41年)7月、川内村名誉村民の章として天山文庫が建設され、その後毎年7月に天山祭りが開催されるようになる。

1976年(昭和51年)、3月29日、東京都東村山市秋津にある自宅に隣家の火事が類焼し半焼。草野本人は避難して無事だった。

1983年(昭和58年)、文化功労者

1984年(昭和59年)7月、いわき市名誉市民となる。

1987年(昭和62年)には文化勲章を受章。

1988年(昭和63年)11月12日死去。

1998年平成10年)8月に、心平の功績が称えられ、福島県いわき市いわき市立草野心平記念文学館が開館した。

2003年(平成15年)4月、生家が一般公開される。

墓石は、福島県いわき市小川町上小川・常慶寺にある。

詩作品[編集]

初期の作品を除くと、ほとんどの詩において、文末に句点が用いられている。そのかわりに読点はほとんど使われていない。『第四の蛙』から『侏羅紀の果ての昨今』まで新仮名を採用していたが、それ以前と以後は旧仮名である。

「蛙の詩人」と俗に言われるほどに、生涯にわたって蛙をテーマとした詩を書きつづけた。この分野では、蛙の鳴き声がさまざまなオノマトペで表現されている一方、いくつかの前衛的な試みが行われている。たとえば「冬眠」を構成するのは黒丸1文字のみである。また、「Nocturne. Moon and Frogs」「天気」などでは絵画的な手法が用いられている。

るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる   「生殖 Ⅰ」

蛙について心平は『第百階級』のあとがきで「僕は蛙なんぞ愛してゐない!」と叫んだことがあった。実際、蛙についての詩作をやめようと思ったこともあったと詩集『第四の蛙』の「覚え書I」にはある。1948年(昭和23年)に『定本 蛙』を出したいきさつについて、「もう蛙も年貢の納めどきだろうから」と語っている。しかしその後も心平は蛙の詩を書くことを止めなかった。

『第四の蛙』の最初の後書きである「覚え書I」は1961年(昭和36年)1月に書かれた。すぐに出版されたわけでなく、蛙に関する詩を作り続けた結果、同年10月に「覚え書II」を残すことになる。詩集では、最初の覚え書と2番目の間に8篇の詩が書かれている。その後も蛙の作品をいくつか作り、結局、「覚え書III」「覚え書IV」を入れて、ようやく1964年(昭和39年)に出版された。出版によって「一応の終結」(「覚え書IV」)をみせたと語りながら、「III」の中では再び蛙の作品を書きたくなったと告白している。「IV」においては、蛙の詩に「終り」をつけようとしながら、一方で「蛙に関する詩がこれで終ったとは言い切れないような気がする」とも書いている。そして、蛙のモチーフはこの後、『こわれたオルガン』や『太陽は東からあがる』などにも現れ、最後の詩集『自問他問』にも2編の詩がある。「かへるのコはかへる」「性・性」である。

この生物に関する詩集を4冊(『第百階級』『蛙』『定本 蛙』『第四の蛙』)残しているが、蛙の詩群は、心平の詩作品の全てではない。富士山をはじめとした山についてのもの、海に関するもの、シルクロードを扱ったもの(詩集『絲綢之路』はこれを集めたもの)もある。身辺雑記に属するものもかなり書かれているが、中原中也の訃報に寄せた詩篇「空間」(『絶景』所収)では、「地球」という言葉を用いて、作者(あるいは語り手)が冷酒を飲む詩「豊旗酒」(『乾坤』所収)では、「八岐大蛇」「古事記」「富士(山)」という言葉を配置している。

富士山は心平の詩句に頻出し、これを題材とした詩集『富士山』も編んでいる。1940年(昭和15年)から富士についての詩を発表しはじめた。同じ年、南京に渡り、以後数年間この地を中心に創作活動に従事する(「作品第壹」では本文中で、「作品第拾参」では注釈のなかで、実際の山を見ているわけではないことが示されている)。1943年(昭和18年)に、17篇をまとめて『富士山』として昭森社から刊行する。その後も、折に触れて富士にまつわる詩を発表した。『大白道』『日本沙漠』『牡丹圏』『天』におさめられた9つの詩篇は、『草野心平詩全景』(1973年〔昭和48年〕)において、作品番号が振られ、26の連作詩集『富士山』の一部となった。これとは別に、1966年(昭和41年)には岩崎美術社から同名の詩集を刊行している。18の詩篇から成り、先の26篇と重複するものはない。

心平が蛙と同様、生涯にわたって追い求めた「富士山」は、やはり最後の詩集にも登場する。「何何富士」という詩では、富士山が唯一無二であるという前提の下、「富士」という名のつく山を皮肉りながらも、それぞれの山の美しさや独自性などを讃美しようとする。

また「天」という言葉もよく現れ[1]、この言葉を題名にした作品も少なくない(「天のベンチ」「猛烈な天」「空気天」「宇宙天」など)。

コウノトリの。
鳴き声の。
あと。
音なく。
一切なく。
ここは地球の。
ドまんなか。

動かない。
天の。
戸鎌の。
月。
       「夜景」から

昭和30年代を除けば心平は多作な詩人であり、『第百階級』以前にも1923年(大正12年)から1925年(大正14年)にかけて8冊の詩集が編まれている。1973年(昭和48年)には、それまでの詩業の大部分をおさめた『草野心平詩全景』が筑摩書房から刊行されたが、その翌年から同社の協力の下、1年に1冊のペースで詩集を出版する企画がスタートした。いわゆる「年次詩集」である。出版社が倒産した1978年(昭和53年)を除き、1986年(昭和61年)まで刊行が続けられた(1985年〔昭和60年〕刊『絲綢之路』は思潮社からのものであり、年次詩集には含まれない)。この間に、同社から『草野心平全集』(1978-1984年 全12巻)が刊行されたが、出版年から分かるように、年次詩集は途中(『乾坤』)までしか収録されていない。『侏羅紀の果ての昨今』からは、『第四の蛙』のように一度覚え書(後書き)をしたためた後にできた数篇の詩が覚え書の後に配置され、「覚え書 II」が書かれるようになる。

晩年の詩のいくつかでは、過去の自作からの引用が積極的に行われている。たとえば、『牡丹圏』(1948年〔昭和23年〕)収録の「ゆき」は、教科書にも掲載され、広く知られる詩の1つであるが、この作品に登場する文章を一部改変した上で『幻象』(1982年〔昭和57年〕)の同名詩に使用した。そして、「ゆき」の擬音は、「童詩・ゆき」(1985年〔昭和60年〕刊『幻景』)でも取り入れられている。また、『全天』『植物も動物』『原音』に収録された「dying-fantasy」「Okhotsk-fantasy」「Nojiri-fantasy」というタイトルの詩は、いずれも『絶景』(1940年〔昭和15年〕)の冒頭詩「Bering-Fantasy」を意識したものと見られる。

心平の詩(特に蛙もの)はいくつも曲がつけられている。例えば「蛇祭り行進」(『第百階級』)は、清瀬保二多田武彦堀悦子南弘明によって男声合唱曲にされ、いずれも出版されている。「蛙の声明(しょうみょう)」(『こわれたオルガン』)という詩は、石井眞木によって、実際に声明化された。心平は、詩人と作曲家の共同によって、新しい歌曲を生み出そうとする音楽グループ「ランディの会」に参加していたことがあり、自身の詩の音楽化に関心を持っていた詩人の1人である。清水脩の「蛙の歌」はここで発表されている。1992年三木稔が作曲したフォークオペラ「よみがえる」は、心平のさまざまな詩を素材に、ふじたあさやが物語として構成したものであり、登場人(ではなく蛙)物の「ごびらっふ」「ぐりま」「るるる」などは原作にも登場している。

草野の詩の評価としては、宇宙的なまでに広がった世界観のなかで存在の孤独をニヒリスティックに、あるいはまた瑞々しく描いたともいわれ、彼の詩には「存在の愛(かな)しさ」と孤独が強調されながら、一方で野性的なまでの生命力に満ちている[2]。だが、その世界の時空間が宇宙的・太古的に昇華されることで、社会的関係性が欠如しているという批判もかつてはあった[3]

主要著書[編集]

物語[編集]

  • 三つの虹(1949年)
  • 運命の人(1955年)
  • 七つの愛と死(1957年)
  • 実説・智恵子抄(1975年)
  • ばあばらぶう(1977年)
  • 茫々半世紀(1983年)

随筆・詩論など[編集]

  • 火の車(1951年)
  • 詩と詩人(1954年)
  • わが青春の記(1965年)
  • わが生活のうた(1966年)
  • わが光太郎(1969年)
  • アベベの猫柳(1970年)
  • わが賢治(1970年)
  • 蛙の全体(1974年)
  • 私の中の流星群(1975年)
  • 止まらない時間のなかを(1976年)
  • 雑雑雑雑(1976年)
  • 仮想招宴(1977年)
  • 酒味酒菜(1977年)
  • 続・私の中の流星群(1977年)
  • 凹凸の道(1978年)
  • 小動物抄(1978年)
  • 口福無限(1981年)

紀行[編集]

  • 支那点々(1939年)
  • 点・線・天(1957年)
  • 所々方々(1975年)

脚注[編集]

  1. ^ 詩集『天』では、これまでに書いた作品の約7割に天が出てくると書いている。豊島与志雄「『草野心平詩集』解説」を参照。
  2. ^ (佐々木 1979) p.57
  3. ^ (佐々木 1979) p.55

参考文献[編集]

  • 佐々木順子「草野心平研究史(西尾光雄先生記念号)」、『日本文學』第51巻、東京女子大学、1979年2月28日、 46-63頁、 NAID 110007185023

関連項目[編集]

外部リンク[編集]