南弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南 弘明
生誕 (1934-06-12) 1934年6月12日
出身地 日本の旗 日本山口県
学歴 東京藝術大学
ジャンル 音楽
職業 作曲家

南 弘明(みなみ ひろあき、1934年6月21日 - )は、日本電子音楽および現代音楽作曲家[1]東京藝術大学名誉教授

略歴[編集]

山口県生まれ。福岡県立八幡高等学校を卒業後、東京藝術大学音楽学部作曲科、同校専攻科を経て、ドイツのフライブルク音楽大学ヴォルフガング・フォルトナーに学ぶ。帰国後、東京音楽大学、東京藝術大学で教鞭を執りながら、作曲活動を続ける。電子音楽に注目し、5曲の「電子交響曲」を作曲した他、1992年には日本電子音楽協会を設立した。また、若い頃から合唱の分野にも力を注いでおり、大学在学時の1955年草野心平の詩による男声合唱のための組曲「蛙の歌」を作曲している他、堀口大學の訳詩による男声合唱曲集「月下の一群」(第1集 - 第3集)、高田敏子の詩による混声合唱組曲「飛翔(はばたき)」などがある。

東京藝術大学を退官後は山口県に戻る。熊毛郡平生町佐合島[2]に在住。Omega Point, Fontecから作品集CDが発売されている。

主要作品[編集]

  • ソプラノと管弦楽のための「挽歌」
  • ピアノ協奏曲
  • ソプラノと管弦楽のための「七夕の歌」
  • シンセサイザーと管弦楽のための「オリオン」
  • 電子交響曲(第1番 - 第5番)
  • 電子音と語りによる「蜘蛛の糸」
  • 男声合唱のための組曲「蛙の歌」
  • 女声合唱組曲「蛇の花嫁」(大手拓次の詩による)
  • 混声合唱組曲「飛翔」(芸術祭奨励賞)
  • フランスの詩による男声合唱曲集「月下の一群」(第1集 - 第3集 日本の合唱作品100選に選ばれている)
  • さようなら(NHK全国学校音楽コンクール課題曲)

著書[編集]

主な弟子たち[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ontomo Mook 音楽芸術別冊 日本の作曲20世紀 音楽之友社, ISBN 4-276-96074-6 p.305
  2. ^ 平生町佐合島

参考文献[編集]

  • 川崎弘二 - 日本の電子音楽増補改訂版 ISBN 978-4750003542 愛育社
  • 南弘明 - 「電子交響曲 第1番」CDライナーノート EDITION OMEGA POINT Archive Series OPA-010