近藤譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 譲(こんどう じょう、1947年10月28日 - )は、日本現代音楽作曲家音楽評論家東京都出身。

来歴[編集]

教育[編集]

東京芸術大学エリザベト音楽大学お茶の水女子大学の各所で教鞭をとった。お茶の水女子大学では一時期、副学長へ選出。2013年3月17日、お茶の水女子大学で最終講義とピアノコンサートが行われた。 有名な弟子に作曲家の川島素晴ペーター・ガーンなどがいる。

活動[編集]

大学卒業以来、130曲以上の作品を制作しており、編成はソロからオーケストラ、電子音楽作品に渡る。その多くは、日本、北アメリカ、ヨーロッパにて演奏されており、録音はHat ArtALMフォンテックドイツ・グラモフォンなどのレーベルから出版されている。ヴィッテン現代音楽祭などをはじめとする多くの国際音楽祭に出品し、ロンドン・シンフォニエッタフィルハーモニア管弦楽団NHK交響楽団アルディッティ弦楽四重奏団など様々な団体に演奏され、アイヴズ・アンサンブルヌイウ・アンサンブル尾高忠明高橋アキなどから作品の委嘱を受けている。

ケルン大学の音楽学研究室で故シュトックハウゼンに代わって現代音楽の講義の招待を受ける。NHK-FM での現代音楽の解説を務めている。

著作[編集]

1979年以降、近藤の音楽に対する美学や作曲の構想に基づいた著作が出版され続けている。『線の音楽』(朝日出版社 エピステーメー叢書、1979年)は前衛とポスト前衛を分け隔てた名著とされ、これを裏付けるレコードが発売された。「『書くこと』の衰退」は 2000年大学入試センター試験本試験国語 I・II 現代文の出典にも用いられた(『音を投げる―作曲思想の射程』所収 春秋社2006年 ISBN 4393935063)。他の著作に、『音楽の種子 (1983年; エピステーメー叢書)』、『耳の思考―現代音楽の意味場』(青土社、1985年)、『新版 〈音楽家の耳〉 トレーニング PART1』、『〈音楽家の耳〉トレーニングPART2』、『“音楽”という謎』がある。

出版作品[編集]

ヨーク大学音楽出版の作品[編集]

  • 舞台作品
    • Hagoromo 羽衣 (室内オペラ)
  • オーケストラ
    • In the Woods 林にて
    • In Summer 夏に
    • Mulberry 桑
    • Pastoral 牧歌
    • A Rock and A Bird 岩と鳥 (吹奏楽)
    • A Shape of Time 時の形 (ピアノと管弦楽)
    • Sleeping Venice 眠るヴェニス (マンドリンオーケストラ)
    • To the Headland 岬へ (室内オーケストラ)
    • When Wind Blew 風がでたとき
  • 大編成アンサンブル(11人以上)
    • Frontier フロンティア
    • Hunisuccle 忍冬(すいかずら)
    • Left Bank 左岸
    • Pamphonos 汎音
    • Quickstep and Slow Ending クイックステップと緩やかな終結
    • Res sonorae レス・ソノレー
    • Serenata secca con obbligato セレナータ・セッカ・コン・オブリガート
    • Syzygia シジジア
    • Untitled 無題
  • 中規模アンサンブル(8-10人)
    • Monochromy モノクロミー
    • Pillars of Time 時の柱
    • A Prospect of the Sky 空の眺め
    • The Serotinous 晩い訪れ
    • Still Life 静物
    • Threadbare Unlimited スレッドベア・アンリミテッド
  • 室内楽(4-7人)
    • Aesculus 橡(とち)
    • Antilogue アンティローグ
    • Beginning, Middle And End 始め、中、終わり
    • Birthday Hocket 誕生日のホケット
    • Contour Lines 等高線
    • Diptych 二折
    • Dots And Lines 点と線
    • Falling フォーリング
    • Fern 羊歯(しだ)
    • Gardenia 梔子(くちなし)
    • Her 彼女の-ジョン・ケージ『季節はずれのヴァレンタイン』への前奏曲
    • Hypsotony ヒプソトニー
    • In Medias Res イン・メディアス・レス
    • An Insular Style 島の様式
    • Isthmus 地峡
    • Knots 結ぼれ
    • Mr. Bloom Field, His Spacing ブルームフィールド氏の間化
    • Pass パス
    • A Scribe 書記
    • Strands I 撚り I
    • Terracina テラチーナ
    • Theatre 劇場
    • Words 言葉
    • Yarrow ヤーロウ
    • Yokohama 横浜
  • 三重奏、二重奏
    • Aquarelle 水彩
    • A Crow 烏
    • Dartington Air ダーティングトン・エアー
    • Dithyramb ディシラム
    • Durante l'inverno 冬の間に
    • Duo 二重奏曲
    • Forme semee 散形式
    • High Song 高い歌
    • Ilex 冬青(そよご)
    • Near and Far 彼此(おちこち)
    • Orient Orientation オリエント・オリエンテーション(東洋案内)
    • Pergola ペルゴラ
    • Petteia ペッテイア
    • Quire 帖
    • A Shrub 潅木
    • Standing スタンディング
    • Strands II 撚り II
    • Strands III 撚り III
    • Trigraph トライグラフ
    • Trio (The Moor) 三重奏曲「荒地」
    • Twayn トゥウェイン
    • Winsen Dance Step ウィンゼン・ダンス・ステップ
  • 独奏曲
    • Ars brevis アルス・ブレヴィス
    • Calamintha カラミンサ
    • Click Crack クリック・クラック
    • A Dance for Piano 'Europeans' ピアノのための舞曲「ヨーロッパ人」
    • Dance(s) for organ 舞曲
    • High Window 高窓
    • In Early Spring 早春に
    • Metaphonesis メタフォネーシス
    • Novitas mundi ノヴィタス・ムンディ
    • Ritornello リトルネッロ
    • Short Summer Dance 夏の小舞曲
    • Tango mnemonic 記憶術のタンゴ
    • Three Songs from 'New Buds on the Elderberry Tree' 「接骨木の新芽」の3つの歌 CI
    • Three Songs of the Elderberry Tree 3つの接骨木の歌  Vn, [Perc]
    • Vox humana 人間の声
  • 打楽器
    • Eight Categories 8つの範疇
    • Luster Gave Her the Hat And He And Ben Went Across the Backyard ラスターは彼女に帽子を渡し、そして彼とベンは裏庭を横切っていった 3 marimbas
    • Nocturnal ノクターナル
    • Pendulums 振子
    • Under the Umbrella 傘の下で
    • A Volcano Mouth 火口
    • Wait ウェイト
  • 声と楽器
    • Bonjin ボンジン
    • I Sent Thee Late
    • Lotus Dam
    • New Buds On the Elderberry Tree 接骨木(にわとこ)の新芽
    • Six Poems of Mokichi Saito 茂吉の歌六首
  • 合唱
    • Dawn 曙光
    • Snow's Falling 雪が降っている
    • Three Sappho Fragments サッフォーの三つの詩片
    • Two Pieces 2つの小品
  • 邦楽器
    • Dance(s) for 2 sho and u 舞曲
    • Jo-ka 壌歌

ペータース音楽出版の作品[編集]

  • An Elder's Hocket 老人のホケット
  • Retard リタード
  • The Shape Follows Its Shadow 形は影にしたがう
  • Sight Rhythmics 視覚リズム法 Tba, Banjo, Steel Dr, elec.Pf, Vn
  • Sight Rhythmics 視覚リズム法 Pf solo
  • Walk 歩く 1976 Fl, Pf
  • Walk 歩く 1976 Pf solo

参考文献[編集]

  • 『音を投げる―作曲思想の射程』春秋社、2006年 ISBN 4393935063
  • 『“音楽”という謎』2004年
  • 『音楽の種子』朝日出版社、1983年
  • 『線の音楽』朝日出版社、1979年
  • 『耳の思考―現代音楽の意味場』青土社、1985年
  • 『現代音楽のポリティックス』1991年
  • 『音楽の零度――ジョン・ケージの世界』翻訳、朝日出版社、1980年 ISBN 4255800480
  • 『〈音楽家の耳〉トレーニング (Part1)』(共著)
  • 『〈音楽家の耳〉トレーニング (Part2)』

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]