尾高忠明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾高 忠明
生誕 (1947-11-08) 1947年11月8日(69歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県鎌倉市
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

尾高 忠明(おたか[1] ただあき、1947年11月8日 - )は、日本指揮者東京芸術大学音楽学部指揮科名誉教授

人物・来歴[編集]

作曲家・指揮者である尾高尚忠の次男として神奈川県鎌倉市に生まれる。兄は作曲家尾高惇忠。妻の尾高遵子(ゆきこ)はピアニストである。父方の伯父の尾高朝雄西田幾多郎門下の東大法学部元教授(法哲学)、同じく伯父の尾高邦雄は東大文学部元教授(労働社会学)、従兄の尾高煌之助は一橋大学経済研究所元教授、曾祖父の尾高惇忠富岡製糸場の初代工場長などを務めた明治期の実業家である。曾祖父惇忠の従弟で妹婿であった実業家渋沢栄一もまた忠明の曾祖父であり、作曲家諸井三郎親子とも渋沢家を通じて遠縁である[2]。母方の親族では、チェリスト倉田澄子が従姉、女優・演出家長岡輝子が伯母にあたる。

桐朋学園大学斎藤秀雄に指揮を師事する。第2回民音指揮者コンクールで第2位に入賞する。NHK交響楽団指揮研究員を経て、ウィーン国立音楽大学に留学、ハンス・スワロフスキーに師事した。NHK交響楽団と数多く共演し、大河ドラマのテーマ曲指揮も数多く担当した。30歳前後の頃は『音楽の広場』などのNHK番組にレギュラー出演、クラシック音楽啓蒙にも尽力した。1974年から長年にわたり東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者を務め、現在は桂冠指揮者である。1992年からは、読売日本交響楽団常任指揮者を6年間務め、現在は名誉客演指揮者である。

1987年にBBCウェールズ交響楽団首席指揮者(現桂冠指揮者)に就任後、エルガーウォルトンブリテンなどのイギリス音楽を数多く手がけ、大英帝国勲章、エルガーメダルなどを受章した。

国内主要オーケストラへの客演をはじめ、ロンドン交響楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団BBC交響楽団バーミンガム市交響楽団バンベルク交響楽団ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団オスロ・フィルハーモニー管弦楽団ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団等世界各地のオーケストラへ客演している。

1998年から、札幌交響楽団常任指揮者、音楽監督を務め、現在は名誉音楽監督である。同楽団とは2002年、2011年の2度、ベートーヴェンの交響曲全曲、2013年から3年かけてシベリウスの交響曲全曲を演奏した。その他、ブリテンのオペラ『ピーター・グライムズ』、『戦争レクイエム』などの大作を手がけた。

2010年から、NHK交響楽団正指揮者を務める。2012年の中国公演(日中国交正常化40周年記念)を指揮している。 2010年から2014年までは新国立劇場オペラ監督も務めたが、首の故障もあり、一度もオーケストラピットに入ることなく任期を終えている。

2017年4月より大阪フィルハーモニー交響楽団のミュージック・アドヴァイザーを務め、2018年4月より同楽団の音楽監督に就任予定。[3]

経歴[編集]


日本国外では

ディスコグラフィ[編集]

社会的活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人事興信録』上巻第45版(興信データ株式会社、2009年)や『日本紳士録』第80版(交詢社出版局、2007年)のように姓の読みを「おだか」とする資料もある。
  2. ^ 三郎の父諸井恒平の母、惇忠と妹の千代(栄一の妻)の母が共に渋沢家出身で栄一のおばにあたる。
  3. ^ KAJIMOTO | ニュース | ◆尾高忠明、大阪フィルハーモニー交響楽団「ミュージック・アドヴァイザー」及び次期「音楽監督」就任のお知らせ

参考文献[編集]

  • 『札幌交響楽団50年史 1961-2011』 公益財団法人 札幌交響楽団編、2011年

外部リンク[編集]