尾高邦雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尾高 邦雄(おだか くにお、1908年10月17日 - 1993年9月11日)は、日本の社会学者東京大学文学部名誉教授

来歴[編集]

漢学者尾高次郎の五男として東京市根岸に生まれる。長兄は郷土教育家の尾高豊作、次兄は大川平三郎の養子となった製紙実業家の大川鉄雄、三兄は法哲学者の尾高朝雄、四兄は早世した美術研究者の尾高鮮之助、弟(六男)は指揮者の尾高尚忠子爵渋沢栄一の孫。

1926年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。附属中の同級生には、勝田守一宗像誠也(共に「東大教育の3M」)などがいる。 第二高等学校を経て、1932年東京帝国大学社会学科卒業、同副手となる。以来、助手、講師、1945年助教授、1953年東大文学部教授。1969年、定年退官、名誉教授となり、上智大学教授、1979年、同退職。1993年、叙正四位、叙勲二等瑞宝章

妻の京子は和辻哲郎の長女。労働経済学者で一橋大学名誉教授、法政大学名誉教授の尾高煌之助は息子[1]

弟子に石川晃弘ほか

業績[編集]

産業社会学、労働社会学、職業社会学など、労働を通して人間をみる社会学で多くの業績を残した。『尾高邦雄選集』全5巻がある。文学博士、日本学士院会員。

著書[編集]

  • 職業社会学 (岩波書店 1941年)
  • 職業観の変革 (河出書房 1944年)
  • 職業と近代社会 (要書房 1948年)
  • 社会学の本質と課題 上巻 (有斐閣 1949年)
  • 社会科学方法論序説 (春秋社 1950年)
  • 職業について (要書房 1951年)
  • 新稿職業社会学 (第1-2分冊 福村書店 1953年)
  • 産業における人間関係の科学 (有斐閣 1953年)
  • 現代の社会学 (岩波書店(岩波全書) 1958年)
  • 産業社会学 (ダイヤモンド社 1958年)
  • 勤労青年の不平不満とその対策 (民主教育協会 1961年)
  • 日本の経営 (中央公論社 1965年)
  • 職業の倫理 (中央公論社 1970年)
  • 産業社会学講義 日本的経営の革新 (岩波書店 1981年)
  • 日本的経営 その神話と現実 (中公新書 1984年)
  • 尾高邦雄選集 (全5巻 夢窓庵 1995年)

編著[編集]

  • 労働社会学 (河出書房 1952年)
  • 鋳物の町 産業社会学的研究 (有斐閣 1956年)
  • 現代社会心理学 第8巻 階級社会と社会変動 (中山書店 1959年)
  • 職業と階層 (毎日新聞社 1958年)
  • 技術革新と人間の問題 ダイヤモンド社 1964年)

翻訳[編集]

記念論集[編集]

尾高邦雄教授還暦記念論文集