ハンス・スワロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンス・スワロフスキー
Hans Swarowsky
生誕 1899年9月16日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ブダペスト
死没 (1975-09-10) 1975年9月10日(75歳没)
 オーストリア ザルツブルク
学歴 ウィーン大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
音楽教育家

ハンス・スワロフスキードイツ語ではハンス・スヴァロフスキー)(Hans Swarowsky, 1899年9月16日 ブダペスト - 1975年9月10日 ザルツブルク)は、ハンガリー出身ユダヤ系の指揮者・音楽教育家。

経歴[編集]

1910年にマーラー交響曲第8番初演に合唱団員として参加[1]ウィーン大学で心理学と歴史を学び、その後数々の著名な音楽家に師事した後、シュトゥットガルトハンブルクで指揮者として活動する。

1933年にはベルリン国立歌劇場エーリヒ・クライバーのアシスタントとなり、1937年から1940年まではチューリッヒ歌劇場の首席指揮者を務める。その後オーストリアに戻り、ザルツブルク音楽祭のアドヴァイザーや、戦後はウィーン交響楽団の首席指揮者などを務める。

録音で有名なものとしては、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団およびプラハ国立歌劇場管弦楽団メンバーとのワーグナーの『ニーベルングの指環』や『ローエングリン』が挙げられる。録音・演奏ともに最高峰の「指環」であり、スラヴ風の音でも今なお愛好家の評価は高い。ウィーン交響楽団とのマーラー交響曲第5番も往時のウィーンのスタイルを偲ばせる演奏である。

NHK交響楽団にも客演して独特なシューベルト交響曲第九番などを指揮している。

卓越したバトンテクニックをもち、レパートリーも膨大であったと言われる。講演集とエッセイ集からなる著書『 Wahrung der Gestalt: Schriften über Werk u. Wiedergabe, Stil une Interpretation in der Musik 』(ISBN 3702401385, Universal Edition: 1979、現在絶版中)は、演奏や指揮に関する疑問に答えを導くバイブルとして使われている。

没後は、ウィーン中央墓地の32C区に埋葬された。

「名教師」として[編集]

指揮法の「名教師」としても名高い。ウィーン国立音楽大学指揮科の教授として活躍し、門下にクラウディオ・アバドマリス・ヤンソンスズービン・メータアダム・フィッシャーイヴァン・フィッシャーヘスス・ロペス=コボスリオール・シャンバダールブルーノ・ヴァイルフリーデマン・レイヤージャック・デラコートらを擁する。日本人指揮者では、尾高忠明湯浅卓雄矢崎彦太郎大町陽一郎久保田孝本多敏良伴有雄らが師事した。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.erg.at/iatgm/swarowsky.shtml

外部リンク[編集]