尾高朝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1956年

尾高 朝雄(おたか ともお、1899年1月28日 - 1956年5月15日)は、日本法学者。専門は法哲学日本統治下にあった朝鮮釜山府生まれ。日本学士院会員。第3期日本学術会議副会長。

略歴[編集]

  • 1919年 - 旧制第一高等学校一部甲類卒業、同年、東京帝国大学入学
  • 1923年 - 東京帝国大学法学部卒業、同年、京都帝国大学入学
  • 1926年 - 京都帝国大学文学部卒業、同年大学院に進学
  • 1928年 - 京城帝国大学法文学部助教授、京都帝国大学大学院退学
  • 1930年 - 京城帝国大学法文学部教授
  • 1944年 - 東京帝国大学法学部教授
  • 1956年 - 逝去

人物[編集]

  • 漢学者で銀行家である尾高次郎の三男として東京市根岸に生まれる。父方の祖父の尾高新五郎惇忠は殖産家であり、民営富岡製糸場所長を務めた。母方の祖父は実業家で子爵渋沢栄一。伯母の尾高ゆうは富岡製糸場伝習工女第一号として著名。兄には郷土教育家の尾高豊作大川平三郎の養子となった製紙実業家の大川鉄雄、弟には早世した美術研究者の尾高鮮之助、社会学者の尾高邦雄と指揮者の尾高尚忠がいる。娘は久留都茂子(元・東京女学館短期大学学長)。
  • 1916年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業した後、一高東京帝国大学法学部卒業。初め外交官を志すも、親の反対により諦め、京都帝国大学文学部に進学し、文学部卒業後は大学院で哲学を研究する。京都帝国大学では西田幾多郎、米内庄太郎に師事した。
  • その後、法哲学研究者として京城帝国大学法文学部教授や東京大学法学部教授を歴任する。京城帝国大学助教授であった1928年11月13日からの約3年半の間、政府の奨学金で欧米に留学、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカと在留した。特にウィーンではハンス・ケルゼンの下で国家学を、フライブルクではエトムント・フッサールの下で現象学を学んでいる。また、ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスが開いていたセミナー(研究会)にも参加した。アルフレッド・シュッツなどとの交流を持つ。
  • 当時、穂積重遠、牧野英一、田中耕太郎など法哲学(法理学)に精通した研究者はいたが、いずれも実定法研究者であり、法学部出身者で法哲学を専攻した者は極めて少なかった。そのため、尾高は日本の最初の本格的な法哲学専攻者と称される[1]
  • 多くの日本人が師事したハンス・ケルゼンとの親交は特に厚く、ケルゼンは尾高を最も高く評価していた[2]。尾高はケルゼンがナチスによりドイツを追われた際には、同僚かつ同じくケルゼンにも師事した憲法学者の清宮四郎と共に、京城帝大に招聘しようと運動を試みたが、功を奏しなかった[3]
  • 1947年に、『国民主権と天皇制』(1947年)に掲載された論文「国民主権と天皇制」において、ノモス主権論を提唱し、宮沢俊義と論争した(尾高・宮沢論争)が、ノモス主権論は憲法解釈の領域においては支持を得なかった。
  • 1952年には、パリで開催された第7回ユネスコ総会に日本政府代表として出席している。
  • 1956年に、歯の治療中にペニシリン注射のショックで都立駒込病院に入院後に死亡した。尾高の死がきっかけとなり、ペニシリンによる薬害はペニシリンショックとして社会問題化し、薬のショック死が認識されることになる。日本の薬害問題の最初期のものとしても有名である。

家系[編集]

                     

                         稲垣重兼(子爵稲垣長賢の弟)
                           ┃
                岡部長職━━豊子   ┃
                      ┃    ┃
                      ┣━━━泰子
                      ┃
                     ┏豊作
                ┏ゆう  ┃
        尾高新五郎惇忠━┫    ┣鉄雄
                ┗次郎  ┃
                    ┃  ┣朝雄━━久留都茂子
                  ┣━━┫
                ┏文子  ┣鮮之助
                ┃    ┃
          渋沢栄一(*) ┃    ┣邦雄
             ┃  ┃    ┃ ┃
             ┃  ┃    ┃ ┣━━煌之助
             ┣━━┫    ┃ ┃
             ┃  ┃    ┃京子(和辻哲郎の娘)
             ┃  ┃    ┃
          大内くに   ┃    ┃   ┏惇忠
                 ┃    ┗尚忠━┫            
                ┗てる      ┗忠明
                  ┃  
                  ┣━━義雄━━慶次郎
                  ┃
               大川平三郎(新五郎惇忠の甥)



(*)栄一の祖父の2代目渋沢宗助(宗休)が澁澤龍彦の5代前の祖先にあたる。                        

著作[編集]

  • 尾高の著作で代表的なのは『国家構造論』及び『実定法秩序論』であり、特に『国家構造論』は清宮四郎に「世界的業績」と言わしめた[4]。『国家構造論』は法の立体構造、法の効力及びその根拠など法の本質的な分析を行うことに重点を置いているが、これに対して『実定法秩序論』はそれらの問題を総合化、体系化することに重点を置いている[5]
  • 『国家構造論』(岩波書店、1936年
  • 『実定法秩序論』(岩波書店、1942年
  • 『社会団体論の基礎』(ウイーン滞在中にドイツ語で出版、1932年
  • 『法の窮極にあるもの 新版』(有斐閣、1956年、初版1947年)
  • 『法の究極にあるものについての再論』(勁草書房、1949年)
  • 『数の政治と理の政治』(東海書房、1949年)
  • 『自由論』(勁草書房、1952年=2006年復刊、ロゴス社)
  • 『法哲学』(勁草書房、1956年)
  • 『法哲学概論』(学生社、1953年ISBN 4311307020

論文[編集]

門下生[編集]

  • 井上茂…お茶の水女子大学教授
  • 小林直樹…東京大学教授
  • 碧海純一…東京大学教授
  • 阿南成一…大阪市立大学教授
  • 矢崎光圀…大阪大学教授
  • 松尾敬一…神戸大学教授
  • 松下輝雄…神戸大学教授
  • 平野秩夫…名古屋大学教授

脚注[編集]

  1. ^ 小林直樹『尾高朝雄先生と若き学徒たち』ジュリスト960号2p
  2. ^ 清宮四郎『尾高朝潮教授の死を悼む』ジュリスト324号12p
  3. ^ 鵜飼信成編『ハンス・ケルゼン』159p
  4. ^ 石川健治『統治のヒストリーク』26p奥平編「危機の憲法学」収録
  5. ^ 清宮四郎『尾高朝潮教授の死を悼む』ジュリスト324号12p