新国立劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度40分55.82秒 東経139度41分9.06秒 / 北緯35.6821722度 東経139.6858500度 / 35.6821722; 139.6858500

新国立劇場
New National Theatre, Tokyo
新国立劇場
情報
旧名称 第二国立劇場(仮称)
完成 1997年5月26日
開館 1997年10月10日
開館公演 オペラ建・TAKERU
客席数 オペラ劇場:1,814席
中劇場:1,038席〜796席
小劇場:468席〜358席
延床面積 68,879m²
設備 レストラン、託児室、情報センター、リハーサル室、研修所 ほか
用途 オペラバレエ現代舞踊演劇
運営 公益財団法人 新国立劇場運営財団
所在地 151-0071
東京都渋谷区本町1丁目1番1号
公式サイト 新国立劇場

新国立劇場(しんこくりつげきじょう、英語New National Theatre, Tokyo)は、東京都渋谷区本町一丁目にある歌劇場劇場である。日本芸術文化振興会が設置し、公益財団法人新国立劇場運営財団が委託を受けて運営をしている。オペラ劇場、中劇場、小劇場の3つの劇場が設けられ、オペラバレエ現代舞踊演劇の自主公演が行われている。

沿革[編集]

1997年10月10日 - オペラ「建・TAKERU」(團伊玖磨作曲、星出豊指揮)で今上天皇皇后内閣総理大臣橋本龍太郎(当時)臨席の元、杮落とし

施設[編集]

ロビー全景

オペラ劇場 (OPERA PALACE Tokyo)[編集]

  • 座席数:1,814席
  • 1〜4階の4階層に客席を配置。
  • 主としてオペラ、バレエ等の公演に利用 コンサートが開催されたことは、過去に数回しかない。
  • 最大120人(4管編成)の奏者が入るオーケストラピットは常設であり、公演内容に応じて深さの調整が可能である。
  • 4面舞台をもつプロセニアム形式。上下奥舞台の機構を使用し、度々入れ替え公演が行われている。
  • オペラの字幕装置は舞台左右に設置され、縦書きで表示される。
  • 劇場が愛称を公募し、2007年3月29日オペラパレス(OPERA PALACE Tokyo) と決められた。[1]

中劇場 (Playhouse)[編集]

  • プロセニアム形式:1,038席、オープン形式:1,010席
  • 1〜2階の2階層に客席を配置。
  • 主として演劇、現代舞踊等の公演に利用。オペラ、バレエ公演も可能。
  • 4面舞台、仮設オーケストラピットもある。

小劇場 (The Pit)[編集]

  • 座席数:340〜468席
  • B1Fにある。
  • 可動式の舞台と座席をもつ。
  • オープンステージによる上演形式を持つ現代舞台公演の公演に利用される。

その他[編集]

情報センター (5F)、リハーサル室 (B2F)、研修室、屋上庭園 (5F) など。

  • 鉄骨鉄筋コンクリート造 地上5階・地下4階
  • 延床面積:68,879m2
  • 設計:柳澤孝彦+TAK建築研究所

公演[編集]

オペラ[編集]

  • 新国立劇場合唱団が専属団体である。
  • 専属オーケストラの他、音楽監督がおらず、演奏は東京フィル東京交響楽団が交代で担当。但し過去に新星日本交響楽団東京都交響楽団NHK交響楽団新日本フィルが演奏したこともある。
  • 若い演出家を育てる目的で、「小劇場オペラシリーズ」が開催されていた。
  • 芸術監督の企画により、中劇場における演奏会形式上演、カヴァー歌手による演奏会形式上演が実施されている。
  • 1999年から、毎年7月に「高校生のためのオペラ鑑賞教室」を実施し、2004年からは「子どものためのオペラ」の上演も行い、次代の聴衆拡大への取り組みも行っている。
  • 開場記念公演のオペラ「建・TAKERU」は、演奏、演出上の問題から数多くの批判を浴びた。
  • 開場記念として上演されたヴェルディ「アイーダ」(ゼッフィレッリ演出)は豪華絢爛な舞台演出であり再演が望まれていた。2003年9月、五十嵐喜芳芸術監督の退任時に再演され、2008年3月には10周年記念として公演されて記録的な成功を収めた。
  • 2000年に、中劇場でオペラが1演目だけ上演された(バルトーク「青ひげ公の城」)。2008年度より、日本人作曲のオペラは中劇場で上演されることとなった。
  • 2001年から2004年にかけて上演されたワーグナーニーベルングの指環」(キース・ウォーナー演出、準・メルクル指揮、東京フィルNHK交響楽団)は、「トーキョー・リング」として歴史的に残る舞台となった。2009年、2010年に再演された(ダン・エッティンガー指揮、東京フィル)。
  • 2003年9月までは、日本人と外国人によるダブルキャストによる上演であったが、2003年10月以降、原則的に外国人が主役を歌うシングルキャストとなった。
  • 2011年3月に新演出の「マノン・レスコー」が上演される予定であったが、東日本大震災の影響を受けて中止した。その後も、日程変更、キャスト変更などが相次いだ。

芸術監督[編集]

上演作品[編集]

プレミエ(新演出)の上演のみ掲載

バレエ・現代舞踊[編集]

  • 新国立劇場バレエ団が専属
  • 演奏は東京フィル東京交響楽団などが担当する。特別録音テープによる上演もあるが、多くは外国人指揮者を招聘し生演奏のオーケストラで上演されている。

芸術監督[編集]

演劇[編集]

芸術監督[編集]

交通[編集]

詳しくは、アクセスマップ参照。

  • 京王新線 初台駅中央口 徒歩1分
  • 路線バス「新国立劇場前」下車
  • ハチ公バス「新国立劇場」下車
  • 首都高速 初台出口・新宿出口
  • 地下駐車場 30分250円(割引あり)
  • 駐輪場 1日100円

その他[編集]

  • 会員組織「The Atre」があり、チケット割引、優先発売などの特典がある。
  • オペラ、バレエ、演劇の研修所が併設されており、研修所修了公演が行われる。
  • 千葉県銚子市に舞台美術センターがあり、大道具等の保管のほか、各種展示が行われている。2010年3月、過去の上演作品で利用された大道具等が倉庫に収まりきらず、コンテナのままの屋外に保管されていること、その一部がカビなどで破損していることが報道された[3]
  • 東京オペラシティが隣接している。
  • 新国立劇場西側の道路は「オペラ通り」と名付けられている。
  • オペラ劇場についての知識を浸透させる目的でオペラ劇場の裏側を見ることができるバックステージツアー(有料)も行われている。
  • オペラグラスの貸し出しを行なっており、借りるにあたり、本人確認のできる写真付き身分証明書の提示による利用者登録(アトレ会員の方はカード提示)が必要だが、以前必要だった保証金は現在は不要である。使用料は、500円(通常のもの)と1000円(高級品)で、通常のものは、NASHIKAのオペラグラス(倍率は4倍または8倍)、高級品はサンテプラス社のカブキグラスで、ピント調整が自動で明るいレンズのメガネ型をしたオペラグラス(倍率4倍)である。
  • 設計の際にはコンペが行われ柳澤孝彦のものが採用された。
  • 開館に至るまでには紆余曲折があった。「二国問題」(仮称:第二国立劇場から)と言われ、バレエ、演劇、オペラそれぞれの部門において論争の的となった。その中で大きなものは、オペラ劇場の客席数である。国内のオペラ関係者は客席数を少なくしてどの席からも見やすく音響的にも優れたものにすることを主張した。それに対して、海外の有名歌劇場を招聘している日本舞台芸術振興会佐々木忠次は座席数をできるだけ多くするように主張した。海外の歌劇場を招聘して日本で公演させるのには莫大な費用がかかる。その費用を回収するために座席数をできるだけ多くしたかったのである。結果としては国内のオペラ関係者の主張が通った。海外歌劇場の招聘団体はオペラ公演には、2011年現在日本で最も適しているのにもかかわらず新国立劇場を使用していない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]