諸井勝之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

諸井 勝之助(もろい かつのすけ、1924年2月3日 - 2018年1月5日[1])は、日本の会計学者。東京大学青山学院大学名誉教授。

東京府生まれ。永田甚之助の三男。母方の祖父は尾高次郎[2]、曾祖父は尾高惇忠渋沢栄一秩父セメント社長諸井貫一(遠戚にあたる[3])の婿養子となる。 武蔵高等学校卒業、1946年東京帝国大学経済学部商業科卒業、1950年東京大学経済学部助教授。1963年教授。1984年定年退官、名誉教授、新潟大学経済学部教授。1986年青山学院大学国際政治経済学部教授[4]。1999年退任、名誉教授[5]。2000年、勲二等瑞宝章受章[6]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • アメリカ会計協会編『損益分岐点分析』山口達良共訳 日本生産性本部 1959年
  • G.A.ウェルシュ『アメリカ経営学大系 第9 企業予算』訳編 日本生産性本部 1961年
  • J.F.ウェストン, E.F.ブリッガム『経営財務』東京大学出版会 1968年-1970年

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ご 通 知 東京大学大学院経済学研究科・経済学部 2018年2月13日
  2. ^ 永田家
  3. ^ 諸井恒平#系図を参照。恒平は貫一の父で、勝之助の曾祖父2人の従兄弟にあたる。
  4. ^ 『人事興信録』1995年
  5. ^ 諸井勝之助教授略歴および業績 (諸井勝之助教授退任記念号)青山国際政経論集 1999-07
  6. ^ 「2000年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人、在日外国人の受章者一覧」『読売新聞』2000年11月3日朝刊