土屋守章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土屋 守章(つちや もりあき、1934年10月26日 - 2010年8月2日)は、日本経営学者東京大学名誉教授。

人物[編集]

1934年10月26日神奈川県逗子市生まれ。1953年神奈川県立湘南高等学校卒業。1957年東京大学経済学部卒業。1963年東京大学社会科学研究科博士課程単位取得。経済学博士(東京大学)。

1963年、東京大学経済学部助手。1965年、同経済学部助教授。1978年、同経済学部教授。1993年日本生産性本部経営アカデミー学長。1995年、東京大学名誉教授。東京経済大学経営学部・経営学研究科教授。1996年経営研究所所長。2001年、日本経営品質学会初代会長。2005年LEC東京リーガルマインド大学会計大学院(現・LEC会計大学院)教授、2008年東洋学園大学大学院現代経営研究科教授[1]

この他に、組織学会理事、研究計画学会評議員などを歴任[2]

2010年8月2日心筋梗塞のために逝去[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ハーバード・ビジネス・スクールにて』(中央公論社[中公新書], 1974年)
  • 『現代企業入門』(日本経済新聞社[日経文庫], 1979年)
  • 『企業の社会的責任』(税務経理協会, 1980年)
  • 『企業と戦略――事業展開の論理』(日本リクルートセンター出版部, 1984年)
  • 『現代企業論』(税務経理協会, 1991年)
  • 『現代経営学入門』(新世社, 1994年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『現代経営学(2)現代の企業戦略――成長と生き残りのための理論』(有斐閣, 1982年)
  • 『技術革新と経営戦略――ハイテク時代の企業行動を探る』(日本経済新聞社, 1986年)
  • 『現代経営学(11)経営史――西洋と日本』(有斐閣, 1994年)

共編著[編集]

  • 富永健一)『企業行動とコンフリクト』(日本経済新聞社, 1972年)
  • 今井賢一)『現代日本の企業と社会』(日本経済新聞社, 1975年)
  • 諸井勝之助)『企業と社会』(東京大学出版会, 1979年)
  • 森川英正)『企業者活動の史的研究――中川敬一郎先生還暦記念』(日本経済新聞社, 1981年)
  • 飯沼光夫増田祐司)『ハイテクノロジー・マネジメント――高度先端技術時代の企業戦略・日米欧』(日刊工業新聞社, 1983年)
  • 小林規威宮川公男)『現代経営事典』(日本経済新聞社, 1986年)
  • 三輪芳朗)『日本の中小企業』(東京大学出版会, 1989年)
  • 二村敏子)『現代経営学(4)現代経営学説の系譜――変転する理論の科学性と実践性』(有斐閣, 1989年)

訳書[編集]

  • T・A・ペティット『企業モラルの危機――会社は何を問われているか』(ダイヤモンド社, 1969年)
  • J・G・マーチ,H・A・サイモン『オーガニゼーションズ』(ダイヤモンド社, 1977年)
  • R・E・マイルズ, C・C・スノー『戦略型経営――戦略選択の実践シナリオ』(ダイヤモンド社, 1983年)
  • ロレンス・シェイムズ『ザ・ビッグタイム――アメリカ企業の栄光と挫折』(NTT出版, 1989年)
  • チャールズ・ワイズマン『戦略的情報システム――競争戦略の武器としての情報技術』(ダイヤモンド社, 1989年)

脚註[編集]

  1. ^ 以上につき、「土屋守章先生ご経歴」『LEC会計大学院紀要 第8巻』LEC東京リーガルマインド大学大学院、2011.3、154頁
  2. ^ 新宅純二郎「土屋守章先生の業績」『現代経営経済研究 第2巻第4・5合併号』東洋学園大学現代経営学部、2011.5、133頁以下
  3. ^ 土屋守章氏死去(東京大名誉教授・経営学) 時事通信 2010年8月5日閲覧