富岡製糸場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富岡製糸場・繰糸所内部
東繭倉庫(東置繭所)
事務棟(検査人館)内部

富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill )は、群馬県富岡市にあった日本初の本格的な器械製糸工場である。明治5年(1872年)に開業した。開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。

歴史[編集]

開国直後の日本にとって、利益が期待された輸出品は(生糸)であった。だが、繭から生糸をつくる製糸工程は人力や前近代的な小規模な器具によるところが大きく、生産量が少ないフランスイタリアよりも製品の質の面で大きく劣ると評されていた。このため、これらの国々と同様に大規模な機械を装備した近代的な製糸工場を稼動させ、製品の量・質ともに高めていくことが殖産興業推進のためには欠かせないと考えられるようになっていった。

明治政府は、フランス・リヨンの商社、エシュト・リリアンタール商会の横浜駐在員であり、お雇い外国人のフランス人技師ポール・ブリューナ(Paul Brunat)の指導でフランスから繰糸機や蒸気機関等を輸入し、養蚕業の盛んな富岡に日本初の機械製糸工場を設置した。日本側の責任者となって資材の調達や建設工事の総指揮をとったのは、のちに初代所長になる尾高惇忠であった。

明治5年10月4日1872年11月4日)に官営模範工場の一つとして操業を開始した。ただし、当時大蔵民部省官吏として建設に尽力した渋沢栄一は、後年自己批判も込めて「富岡の製糸は官による経営で採算性を無視できたから成功した側面もあり、日本の製糸の近代化に真に貢献したのは、富岡に刺激されて近代化を志した民間の人々である」と書き記している[要出典]。当初は民部省が設置し、大蔵省内務省農商務省と所管が移った。当時は世界でも有数の規模であり、和田英ら数百人の女工が日本全国から集められた。女工の労働環境は充実しており、六工社など後に日本全国に建設された製糸工場に繰糸の方法を伝授する役割も果たした。明治8年に日本人による操業が始まったが、大規模すぎたため十分に機能を発揮できずにいた。

官営工業の払い下げ令により、明治26年(1893年)に三井家へ払い下げられた。この間、日本で初めての洋式機械製糸場を前橋に作った速水堅曹内務省に移り、2度、所長に就任、民営化されるまで操業を支えた。明治35年(1902年)には横浜の生糸商原合名会社原富太郎)に渡り、昭和14年(1939年)、片倉製糸紡績会社(片倉工業)の所有となると昭和62年(1987年3月5日まで約115年間操業を続けた。

史跡指定と世界遺産登録へ向けた動き[編集]

約1万5千坪の敷地内に開設当時の東・西繭倉庫(12メートル×104メートル)、繰糸場(12.3メートル×140メートル)、事務所、外人宿舎など煉瓦建造物がそのままの形で残っており、重要な近代化遺産である。

平成17年(2005年7月14日付で「旧富岡製糸場」として国の史跡に指定され、平成18年(2006年7月5日には明治8年(1875年)以前の建造物が国の重要文化財に指定された。なお、全ての建造物は平成17年(2005年)9月30日付けで地元富岡市に寄贈され、翌日からは市が管理(富岡製糸場課)を行っている。ボランティア解説員がおり、20名以上の団体として予約しておくと、専属の解説員が付いて詳しく説明が受けられる。予約していなくても解説は受けられる。

現在、群馬県・富岡市を中心に富岡製糸場とそれに関連する絹業文化遺産を、世界遺産に登録する取り組みが進められている。平成19年(2007年1月30日には「富岡製糸場と絹産業遺産群」(The Tomioka Silk Mill and Related Industrial Heritage)として、日本の世界遺産暫定リストに加えられた。平成24年(2012年)7月12日、文化庁文化審議会世界文化遺産特別委員会において、「富岡製糸場と絹産業遺産群」を世界遺産へ推薦することを了承した。平成25年(2013年)9月25日及び26日に、ICOMOS(国際記念物遺跡会議)による現地調査も終えた。

指定文化財[編集]

明治時代の写真から
当時の繰糸所
重要文化財

建造物の重要文化財指定名称は以下のとおり(読み方は文化庁の国指定文化財等データベースによる)。

  • 繰糸所(そうしじょ)
  • 東置繭所(ひがしおきまゆじょ)
  • 西置繭所(にしおきまゆじょ)
  • 蒸気窯所(じょうきがまじょ)
  • 首長館(しゅちょうかん)
  • 女工館(じょこうかん)
  • 検査人館(けんさにんかん)
  • 鉄水溜(てっすいりゅう)
  • 下水竇及び外竇(げすいとうおよびがいとう) - 竇は汚水排出のための暗渠のこと。
史跡
  • 旧富岡製糸場

その他[編集]

上信電鉄高崎駅では、富岡製糸場の最寄り駅である上州富岡駅への往復切符と、富岡製糸場への入場券がセットになった往復割引乗車券が発売されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度15分20秒 東経138度53分15秒 / 北緯36.25556度 東経138.88750度 / 36.25556; 138.88750