ドナウエッシンゲン音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドナウエッシンゲン音楽祭:Donaueschinger Musiktage[1])は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州の「黒い森(シュヴァルツヴァルト)」にあるドナウエッシンゲンで開催される音楽祭。演目作品は原則として世界初演となる現代音楽。

歴史[編集]

貴族に仕えていた楽師のハインリッヒ・ブアカルトが1921年に主宰した『現代音楽芸術を擁護するドナウエッシンゲン室内楽祭』に発端を起す。弟一回の演奏曲目はヒンデミットの弦楽四重奏曲第3番 op.16。
国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)統治下でも継続されたが、第二次大戦中は国歌戦略的な構成となっていた。
戦後、1946年にはフランス占領下で新ドナウエッシンゲン音楽祭として再興され、1950年からは現代音楽の振興を図っていた南西ドイツ放送の音楽部長であったシュトローベルの助力により、南西ドイツ放送が芸術面での責を請負うことになった。同年、『現代音楽芸術のためのドナウエッシンゲン音楽祭』と改称されている。
現在の名称であるドナウエッシンゲン音楽祭(原題: „Donaueschinger Musiktage“)になったのは1971年。

概要[編集]

2016年現在、主催は南西ドイツ放送第2チャンネルとドナウエッシンゲン市から成る構成団体“ドナウエッシンゲン音楽 友の会”(独語:Gesellschaft der Musikfreunde Donaueschingen) 世界の若い前衛作曲家の登竜門として、デビュー、ならびに音楽家の発掘の場として注目されている。 初期には新ウィーン楽派パウル・ヒンデミットイゴール・ストラヴィンスキーダリユス・ミヨーオリヴィエ・メシアンジョン・ケージらがここで新作を初演している。 1950年以来、毎年参加していた南西ドイツ放送交響楽団 バーデン=バーデン・フライブルクは2016年に南西ドイツ放送交響楽団へ再統合後された後も継続して参加する。 近年はコンテンポラリージャズや60年代のポップスとのコラボレーション、サブカルチャー的な要素を取り入れる企画等、楽曲の紹介に留まらず総合的な芸術祭としても多様化し展開を続けている。 2016年の開催も10,000人以上の来場者が予想されている。[2]

財政[編集]

2003年まではドイツ銀行の芸術財団が援助していたが、2016年現在、バーデン=ヴュルテンベルク州からの補助金と複数の財団による資金援助で運営されている。2016年の主な支援団体ははポーラ芸術振興財団、スイスのPro Helvetia、ドイツ連邦芸術基金、音響機器メーカーのWHD

放送と録音[編集]

南西ドイツ放送ではオンラインストリーミング放送や演奏のアーカイブを提供している。 2005年までの音源はオーストリアのcol legno Beteiligungs- und Produktion GmbH社からライブ演奏の選集が発売されていた。2006年から2014年の音源はドイツのNEOS Music GmbHからSACD化されている。 また、col legno Beteiligungs- und Produktion GmbH社からは“75 Jahre Donaueschinger Musiktage 1921-1996”と題した集大成とも言える10枚組のCDも発売された。

芸術監督[編集]

  • 1921 – 1933:ハインリッヒ・ブアカルト
  • 1934 – 1949:ヒューゴー・ヘアマン
  • 1949 – 1969:ハインリッヒ・シュトローベル 南西ドイツ放送 初代音楽部長
  • 1970 – 1974:オットー・トメク
  • 1975 – 1992:ヨーゼフ・ホイスラー
  • 1992 – 2014:アーミン・ケーラー
  • 2014 -  :ビョルン・ゴットシュタイン[3]

会場[編集]

下記のドナウエッシンゲン市内にある複数の場所で行われている。

  • ドナウハレ:1951年からメイン会場であり、市内でも最大規模のホール。1970年に演奏会向けに改装されたMozart-Saal、多目的仕様のStrawinsky-Saal、展示会仕様で最大面積を誇るBartók-Saalから成っている。期間中に各楽譜出版社やCDの見本市も開かれていて展示即売し、昨日や今夜初演する曲のスコアも自由に見ることができる。
  • バール体育館:音響面では期待できないものの、体育館の長方形配置を活かした空間配置による多群のオーケストラ作品の上演が多い。この他、高校の体育館では主に室内楽や電子音楽のミクストピース作品が演奏される。
  • 市庁舎:主にトークショー
  • エーリッヒ・ケストナーハレ(エーリッヒ・ケストナー学校に隣接するホール)
  • 古い邸宅を元にした図書館:インスタレーション作品の上演[4]。年によっては有名な観光名所であるドナウの泉[5]もインスタレーションに使われることがあり、2003年ゲオルク・ヌスバウマーのインスタレーションが展示された。


表彰[編集]

1955年から優れた朗読劇に与えられていたカール・シュツカ[6]賞が1972年に募集要綱を変更し、ナウエッシンゲン音楽祭の枠で“最もアバンギャルドなラジオ作品”に与えられる賞と制定された。受賞者には賞金12.500 €が授与される。2016年現在、邦人の受賞は無い。

参考文献[編集]

  • Josef Häusler: Spiegel der Neuen Musik: Donaueschingen. Chronik – Tendenzen – Werkbesprechungen. Kassel (19969 – ISBN 3-7618-1232-9
  • Bennwitz, Hanspeter: Donaueschingen und die Neue Musik 1921-1955. Donaueschingen (1955).
  • Reinhard Oehlschlägel: Zur Disposition? – Zu den Donaueschinger Musiktagen, in: MusikTexte Nr. 64, April 1996, S. 3–4 (pdf-download)
  • Alain Pâris, « Donaueschingen (festival de musique contemporaine) », dans Walter Willson Cobbett et Colin Mason, Dictionnaire encyclopédique de la musique de chambre, vol. I : A–J, Paris, Robert Laffont, coll. « Bouquins », 1999, 803 p. (ISBN 2-221-07847-0, OCLC 43700186), p. 387–391.

脚注[編集]

  1. ^ 直訳は「ドナウエッシンゲンの音楽の日々」
  2. ^ http://www.nmz.de/kiz/nachrichten/donaueschinger-musiktage-planen-18-urauffuehrungen-0
  3. ^ ケーラーの契約は2017年までだったが、急逝に伴い人気を繰上げて就任した
  4. ^ または展示
  5. ^ ドナウ川の源泉とされる泉
  6. ^ カール・シュツカ[Karl Sczuka] (1900 † 1954) はドイツの作曲家。戦時中にソ連に抑留され、戦後南西ドイツ放送に所属していた。

外部リンク[編集]