ケンブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シティ・オブ・ケンブリッジ
Cambridge
City of Cambridge
イングランドの旗
キングス・カレッジ・チャペル
キングス・カレッジ・チャペル
位置
ケンブリッジシャー内でのケンブリッジの位置の位置図
ケンブリッジシャー内でのケンブリッジの位置
座標 : 北緯52度12分29秒 西経0度7分21秒 / 北緯52.20806度 西経0.12250度 / 52.20806; -0.12250
歴史
市制施行 1951年
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗 イングランド
 リージョン イースト・オブ・イングランド
 カウンティ ケンブリッジシャー
 市 シティ・オブ・ケンブリッジ
地理
面積  
  市域 40.7 km2
人口
人口 (2014年現在)
  市域 128,515人
    人口密度   2,948人/km2
  都市圏 280,000[1]
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
Postcode CB
市外局番 01223
公式ウェブサイト : www.cambridge.gov.uk/

ケンブリッジ(Cambridge 発音例)は、イギリスイングランド東部にあるケンブリッジシャー州都である。ケンブリッジ大学の所在地であることから、大学都市として有名。現在[いつ?]では、シリコン・フェンSilicon Fen)と呼ばれるイギリスにおけるハイテク産業の中心地の一つとなっている。人口は12万3867人(2011年国勢調査)で、このうち2万4488人が学生である[2][3]。英語での発音は/'keɪm.bɹɪd͡ʒ/ケインブリヂ)で、漢字では剣橋と表記される。

歴史[編集]

地理[編集]

ロンドンの北北東約80km(50マイル)に位置する。南から流れるケム川(カム川、キャム川、River Cam [kæm])が、市街中心部(city centre)の西側を通り、東へ向きを変え、さらに北へ向かって流れる。ケンブリッジの「ケム」の古称である「グランタ」は、現在[いつ?]でもケム川上流部の河川名や、ケム川上流・ケンブリッジからは南南西にある村落の名称グランチェスターとして用いられている。市街中心部の北、現在[いつ?]はケンブリッジ州庁舎の位置しているあたりはやや小高くなっており、かつては城砦が設けられていた。ただし、一帯は東アングリア地方のなだらかな地形を反映して、全体としてはあまり起伏はなく、市街中心部の海抜は5~15m程度である。

交通[編集]

航空[編集]

ケンブリッジ空港が存在している。

鉄道[編集]

市内に設置されている鉄道の駅は、ケンブリッジ駅ただ1つである。

バス[編集]

市内や近隣の町村を連絡するバスの多くは、ドラマー・ストリートに設けられたバス・ターミナルを起点としている。また、市内の主要地点を10~20分間隔で結ぶCitiというバスが8ルート走っている。2008年2月現在、市内にバス専用道を建設中である。

長距離バス用のコーチ・ステーションは、かつてドラマー・ストリートに置かれていたが、現在[いつ?]ではパーカーズ・ピース横のパーク・サイドに設けられている。

道路[編集]

ロンドンとの間は、自動車専用道M11で繋がっている。

スポーツ[編集]

ケンブリッジを本拠地とする以下のサッカークラブチームが存在する:

姉妹都市[編集]

ケンブリッジは以下の都市と姉妹都市締結を行っている:

出身人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Population on 1 January by age groups and sex - functional urban areas”. 2016年6月5日閲覧。
  2. ^ 2011 Census by Local Authority – Key Statistics: Key figures for 2011 census, Key Statistics: Qualifications and Students”. Office for National Statistics (2012年). 2013年7月23日閲覧。
  3. ^ 1000 Largest Cities in the UK”. The Geographist (2013年). 2014年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]