萩原恭次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

萩原 恭次郎(はぎわら きょうじろう、1899年明治32年)5月23日 - 1938年昭和13年)11月22日)は、大正・昭和時代の詩人。大正末期の芸術革命の先頭に立ち、はじめはダダイストとして活動したが、のちアナーキズム運動に傾倒。若くしてこの世を去った。詩集『死刑宣告』、詩篇「もうろくずきん」「亜細亜に巨人あり」などの作品で知られる。本姓は金井(養子になったことによる)。

略歴[編集]

主な詩集[編集]

  • 第一詩集『死刑宣告』(1925年、長隆舎書店)
  • 第二詩集『断片』(1931年、渓文社)
  • 『萩原恭次郎全詩集』(1968年、思潮社)
  • 『萩原恭次郎全集』(1980年、静地社)

脚注[編集]

  1. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)184頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]