モリアオガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モリアオガエル
Rhacophorus arboreus 01s.JPG
モリアオガエル Rhacophorus arboreus (伊吹山にて)
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: アオガエル科 Rhacophoridae
亜科 : アオガエル亜科 Rhacophorinae
: アオガエル属 Rhacophorus
: モリアオガエル R. arboreus
学名
Rhacophorus arboreus
(Okada et Kawano, 1924)
和名
モリアオガエル
英名
Forest Green Tree Frog

モリアオガエル(森青蛙、学名Rhacophorus arboreus)は、両生綱無尾目アオガエル科アオガエル属に分類されるカエル。

分布[編集]

日本の固有種で、本州佐渡島に分布する[2]。ただし、神奈川県千葉県では人為的に移入された疑いがある[3]。また、四国九州の分布ははっきりしていない[2]

離島については、1970年頃から伊豆大島外来種として移入分布している[3]

分類[編集]

学名は「樹上棲の、ボロをまとったもの」という意味[2]

発見当初はシュレーゲルアオガエルの2つの変種、モリアオガエル(var. arborea)とキタアオガエル(var. intermedia)として記載された[2]。後に分類を検討し直した結果、両者ともに亜種に昇格となり、キタアオガエルはモリアオガエルに含まれることになった[2]。さらに交配実験などにより、モリアオガエルはシュレーゲルアオガエルとは独立の別種であることが判明した[2]

形態[編集]

池に生息するオタマジャクシ
夜叉ヶ池・2011年9月

体長はオスが42-62mm、メスが59-82mmほどで、メスの方が大きい[2]。オスは咽頭下に単一の鳴嚢をもち、これを膨らませて鳴く[2]

指先には丸い吸盤があり、木の上での生活に適応している。第3指が最も長く、吸盤も大きい[2]。指の間には水かきが発達する[2]。体色は個体差が大きく、全身が緑色を呈する個体もいれば、地方個体群によっては全身に褐色の斑紋が出る個体もいる。また、体表にはつやがなく、目の虹彩が赤褐色なのも特徴である[4][5]

ニホンアマガエルやシュレーゲルアオガエルと似ているが、モリアオガエルはより大型になる。また、ニホンアマガエルとは目から耳にかけて黒い帯模様がないこと、シュレーゲルアオガエルとは虹彩が赤っぽいことで区別できる。


ひとつの卵の大きさは2.6mmほどであるが、幼生(オタマジャクシ)は全長51mmまで成長し、尾は細くてやや長い[2]。オタマジャクシは両目の間隔が広い。[6]変態したばがりの時期の体長は15-22mm程度である[2]

生態[編集]

夜叉ヶ池の木の枝に産み付けられたモリアオガエルの卵塊

山地で多く見られ、非繁殖期はおもに森林に生息するが、繁殖期の4月から7月にかけては生息地付近の湖沼や水田、湿地に集まる[2]。成体は他のカエルと同様に肉食性で、昆虫類やクモ類などを捕食する[2]。一方、成体の天敵はヤマカガシニホンイタチニホンアナグマタヌキなどである。

モリアオガエルの生活史の特性は、特に産卵生態によって特徴付けられる。カエルは水中に産卵するものがほとんどだが、モリアオガエルは水面上にせり出した木の枝や草の上、地上などに粘液を泡立てて作るで包まれた卵塊を産みつける[2]。泡の塊の中に産卵する習性は多くのアオガエル科のカエルで共通しているが、モリアオガエルは産卵場所が目立つ樹上であることもあり、日本本土産のアオガエル科のカエルでは他に泡状の卵塊を形成する種が地中産卵性で小型のシュレーゲルアオガエルしかいないこともあって特に目立った存在となっている。

繁殖期になると、まずオスが産卵場所に集まり、鳴きながらメスを待つ。鳴き声は「カララ・カララ」と鳴いた後、「コロコロ」「クックック」と続く[2][7]。メスが産卵場所にやってくるとオスが背中にしがみつき、産卵行動が始まるが、卵塊の形成が進むに連れて1匹のメスに数匹のオスが群がる場合が多い[2]

産卵・受精が行われると同時に粘液が分泌されるが、この粘液を集まったオスメスが足でかき回し、受精卵を含んだ白い泡の塊を作る。直径10-15 cmほどの泡の塊の中には黄白色の卵が300-800個ほど産みつけられる[2]。泡の中では複数のオスの精子がメスが産んだ未受精卵をめぐって激しい競争を繰り広げると考えられており、モリアオガエルの精巣の大きさが際立って大きいことの原因と推測されている。泡は表面が乾燥して紙のようなシートとなって黄白色の卵塊となり、孵化するまで卵を守る役割を果たす。

約1週間ほど経って卵が孵化する。孵化したオタマジャクシは泡の塊の中でを待ち、雨で溶け崩れる泡の塊とともに下の水面へ次々と落下する。孵化したばかりのオタマジャクシは腹部に卵黄を抱えているため腹が黄色をしているが、やがて卵黄が吸収され、全身が灰褐色となる。オタマジャクシは藻類や動物の死骸などを小さな歯で削りとって食べる。

オタマジャクシは1ヶ月ほどかけて成長するが、この間の天敵はヤゴゲンゴロウタイコウチアカハライモリなどである。イモリは、幼生が泡巣から落下する時に、その真下で待ちかまえていて、落ちてくる幼生をぱくぱく食べる。前後の足が生えてカエルの姿になった幼体は上陸し、しばらくは水辺で生活するが、やがて森林で生活を始める。冬眠は浅い土中やコケの下で行われる[2]

保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[8]

モリアオガエルは各地で生息数を減らしていると考えられている。おもな理由は生息地の森林などに人の手が入り、環境が変化したことが挙げられている。

一方で、 環境省のレッドリストには指定されていない。さらに国際自然保護連合(IUCN)では2004年からレッドリストの軽度懸念(LC)と評価しており、個体数は安定傾向にあるとしている[1]

福島県双葉郡川内村平伏沼(へぶすぬま)の繁殖地[9]、また岩手県八幡平市の大揚沼モリアオガエルおよびその繁殖地[10]が国指定の天然記念物と指定されている他、各自治体レベルでの天然記念物指定は数多い。愛知県新城市の市のカエルの指定を受けている。

関連画像[編集]

Rhacophorus arboreus Eggs in Mount Ryu 2011-09-29.jpg Rhacophorus arboreus in Yasyagaike 2011-09-29.jpg
池の周囲の木にある卵塊
竜ヶ岳・2002年5月
4本の足が生えたオタマジャクシ
夜叉ヶ池・2011年9月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN Red List of Threatened Species. 2013.1 (Rhacophorus arboreus)” (英語). IUCN. 2013年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『改訂版 日本カエル図鑑』pp156-157
  3. ^ a b モリアオガエル 国立環境研究所 侵入生物データベース
  4. ^ 『決定版 日本の両生爬虫類』pp142-143
  5. ^ 山と渓谷社 日本のカエル+サンショウウオ
  6. ^ 山と渓谷社 日本のカエル+サンショウウオ
  7. ^ 山と渓谷社 日本のカエル+サンショウウオ
  8. ^ 日本のレッドデータ検索システム(モリアオガエル)”. エンビジョン環境保全事務局. 2014年7月11日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  9. ^ 地図閲覧サービス・平伏沼モリアオガエル繁殖地(福島県双葉郡川内村)”. 国土地理院. 2011年9月30日閲覧。
  10. ^ 地図閲覧サービス・大揚沼モリアオガエルおよびその繁殖地(岩手県八幡平市)”. 国土地理院. 2011年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]