石井眞木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井眞木
生誕 1936年5月28日
日本の旗 日本東京府
死没 (2003-04-08) 2003年4月8日(66歳没)
日本の旗 日本千葉県柏市
学歴 国立ベルリン音楽大学
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者
活動期間 1962年 - 2002年

石井 眞木(いしい まき、1936年5月28日 - 2003年4月8日)は、日本作曲家指揮者[1]東京府出身。父は舞踊家の石井漠、同じく作曲家の石井歓は兄、石井五郎は叔父[1]

略歴[編集]

幼少より、父の舞踊音楽を担当した縁で伊福部昭の薫陶を受ける。11歳よりヴァイオリンを学ぶ[2]1952年国立音楽大学付属高等学校ピアノ科に入学、学外で作曲を池内友次郎に、ピアノをL.コハンスキーに、指揮法を渡邉暁雄に師事する[2]1955年に卒業後、伊福部昭に作曲を学ぶ[2]1958年ベルリンに留学し、国立ベルリン音楽大学作曲科でボリス・ブラッハーヨーゼフ・ルーファーらに師事、十二音技法など最先端の音楽技法を学ぶ[1]1961年ダルムシュタット国際現代音楽祭で「9奏者のための前奏と変奏」が初演される[1]。年末に父危篤の報により帰国[3]

1962年、十二音技法を使った作曲などで注目される[1]1963年二十世紀音楽研究所の第5回現代音楽祭に参加し、ドイツ大使賞受賞[1]1966年初めて声明を聴き、以来東洋と西洋の融合を図った作品を書くようになる[1]1967年から入野義朗諸井誠らと日独現代音楽祭の企画・運営に携わる[1][4]1969年西ベルリンアーティスト・イン・レジデンスとして再渡独。以来、ベルリン東京を拠点とし、活動を展開する[2]

1971年入野と東京音楽企画研究所(TOKK)を設立[5]して副所長に就任し、1973年にはTOKKアンサンブルを結成、欧米や東南アジアに演奏旅行する[1][6]インドネシアガムラン和太鼓演奏グループ鬼太鼓座などとの出会いから、原始的リズムへの回帰、音響の集約化などを進め、「二つの音世界からの創造」をテーマに独自の音楽を展開していく[1]1976年から日独現代音楽祭を発展させたパンムジーク・フェスティバル東京を主宰[1]1977年和太鼓とオーケストラのための「モノプリズム」で尾高賞受賞[7]

パリの秋芸術祭フランス語版」や「ベルリン芸術週間」などでも特集や作品演奏会が組まれるようになる[1]。1980年代には「反核・日本の音楽家たち」の活動に参加した[1]1985年から船山隆江戸京子「東京の夏」音楽祭を企画・運営する[1]1989年10月4日にはサントリーホールで「作曲家の個展・石井眞木」が開催され、東京都交響楽団を指揮して自作4作品を演奏した[8]

1990年1月26日には東京都交響楽団の都響日本の作曲家シリーズ8として「石井眞木作品集」が、岩城宏之指揮、サントリーホールで開催された[9]1991年1992年には「現代の交響作品展」を新交響楽団と開催する[2][10]。また日本と中国やアジアへの関心を深め、1996年には日中友好合作音楽会実行委員会委員長として「東京の響きin北京」コンサートを開催し、北京で中国放送管弦楽団を指揮して自作他を演奏した[11]1997年には北京で開催の「日中友好合作現代音楽祭」実行委員長を務めた[12]。同年には日独英3か国語併記の編著書『石井眞木の音楽 : 西の響き・東の響き : 二つの音世界からの創造』を出版する[13]1999年紫綬褒章を受章する[1]

2003年4月8日甲状腺癌のため66歳で急逝した[14]交響詩『幻影と死』が遺作となった[1]

没後[編集]

2003年7月5日、遺作『交響詩「幻影と死」』がゲルト・アルブレヒト指揮、読売日本交響楽団によりサントリーホールにて演奏された。演奏会プログラム冊子には、最期の日々の記録と、指揮者はじめ関係者からの追悼メッセージが掲載されている[15]

2004年10月には、石井が生前に作成した企画原案に基づき「第2回日中友好合作現代音楽祭」が東京と北京で開催された[16]

2013年7月14日には「没後10年石井眞木へのオマージュ」と題した演奏会が、野平一郎指揮、オーケストラ・ニッポニカにより紀尾井ホールにて開催された[17]。演奏会プログラム冊子には、一柳慧、菅原淳、高橋アキ林英哲、船山隆ら親交のあった人々からの追悼メッセージが掲載されている[3]

2016年1月30日には、横笛の赤尾三千子の委嘱作品『水炎伝説』(1990)が演奏会形式で再演された[18][19]

代表作品[編集]

  • オーケストラのための「響層」(1969年)
  • 雅楽とオーケストラのための「遭遇 II番」(1971年)
  • 日本太鼓のための「モノクローム」(1976年)
  • 日本太鼓とオーケストラのための「モノプリズム」(指揮小澤征爾、和太鼓林英哲ボストン交響楽団の演奏で1976年初演。第25回尾高賞受賞作品)
  • 音響詩「熊野補陀落」(1980年)
  • 打楽器とオーケストラのための「アフロコンチェルト」(1982年)
  • オーケストラのための「半透明の幻影」(1982年)
  • 交響詩「祇王」(1984年)
  • 浮游する風(交響三連作:雅霊、風姿、砕動鬼)(1984-86年)[20]
  • バレエ「輝夜姫」(1985年)[21]
  • 打楽器ソロのための「サーティーン・ドラムス」(1985年)
  • 尺八と二十絃箏のための「遙かなり、遭遇」(1993年)
  • 聲明、龍笛とオーケストラのための「聲明交響 I〜一切共生」(1995年)
  • オペラ「閉じられた舟」(1999年)

映画音楽[編集]

著書[編集]

  • 石井眞木の音楽 : 西の響き・東の響き : 二つの音世界からの創造. 音楽之友社、1997.4、ISBN 4-276-13273-8[22] 

受賞・栄誉[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本の作曲家:近現代音楽人名事典』日外アソシエーツ、2008年、50-51頁。ISBN 978-4-8169-2119-3 
  2. ^ a b c d e f 年譜(音楽歴) | 石井眞木”. ishii.de. 2023年2月18日閲覧。
  3. ^ a b 『「没後10年石井眞木へのオマージュ」プログラム』オーケストラ・ニッポニカ、2013年7月14日、4頁。 
  4. ^ 『入野義朗 (人物書誌大系 ; 19)』日外アソシエーツ、1988年6月、244頁。ISBN 4-8169-0773-4 
  5. ^ 『入野義朗 (人物書誌大系 ; 19)』248頁
  6. ^ 『入野義朗 (人物書誌大系 ; 19)』252頁
  7. ^ a b 「尾高賞」受賞作品”. NHK交響楽団. 2023年2月18日閲覧。
  8. ^ 作曲家の個展 II 音楽事業 サントリー芸術財団”. サントリー. 2023年3月13日閲覧。
  9. ^ 創立50周年 コンサートアーカイブ|東京都交響楽団”. www.tmso.or.jp. 2023年3月13日閲覧。
  10. ^ 新交響楽団ホームページ: 1986~1995年の自主演奏会の記録”. www.shinkyo.com. 2023年2月19日閲覧。
  11. ^ 司東玲実 (1996-07). “ドキュメント・日中友好合作『東京の響きin北京』レポ-ト”. 音楽芸術 54 (7): 74-76. doi:10.11501/2293998. 
  12. ^ 『オペラ「閉じられた舟」公演プログラム』ニッセイ文化振興財団、2000年11月13日、6頁。 
  13. ^ 「西の響き・東の響き/石井眞木の音楽」 | 石井眞木”. ishii.de. 2023年2月19日閲覧。
  14. ^ 作曲家の石井眞木氏死去/ヨーロッパなどで活躍”. 四国新聞社. 2023年2月19日閲覧。
  15. ^ 『読売日本交響楽団第418回定期演奏会プログラム』読売日本交響楽団、2003年7月5日、11-27頁。 
  16. ^ 日中友好合作現代音楽祭”. www.nipponica.jp. 2023年3月13日閲覧。
  17. ^ オーケストラ・ニッポニカ (Orchestra Nipponica)”. www.nipponica.jp. 2023年3月13日閲覧。
  18. ^ 演奏会のお知らせ|横笛 赤尾三千子の世界 MICHIKO AKAO Official Site”. www2.gol.com. 2023年3月13日閲覧。
  19. ^ 水炎伝説 ~回想~|横笛 赤尾三千子の世界”. www2.gol.com. 2023年3月13日閲覧。
  20. ^ 富樫康 (1995-10). “世代論的戦後作曲家群像”. 音楽芸術 53 (10): 31. doi:10.11501/2293770. 
  21. ^ 寺内直子 (2013-12). “現代バレエ「輝夜姫」をめぐる小論 : 日本の楽器を用いる音楽の認識について”. 国際文化学研究 : 神戸大学大学院国際文化学研究科紀要 41: 55*-85*. doi:10.24546/81005426. https://doi.org/10.24546/81005426. 
  22. ^ 国立国会図書館オンライン | National Diet Library Online”. ndlonline.ndl.go.jp. 2023年2月19日閲覧。
  23. ^ 戦後作曲家グループ・活動の軌跡:1945-1960』日本近代音楽館、1998年、23頁https://id.ndl.go.jp/bib/000007632952 
  24. ^ 中島健蔵音楽賞”. music-kansai.net. 2023年2月19日閲覧。
  25. ^ Verband der deutschen Kritiker e.V.”. web.archive.org (2009年3月7日). 2023年2月19日閲覧。
  26. ^ 音楽之友社 レコード・アカデミー賞歴代受賞盤② 1981~2000”. 音楽之友社. 2023年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]