江戸京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江戸 京子(えど きょうこ、1937年2月27日 - )は、日本の女性ピアニスト。東京生まれ。三井不動産会長だった江戸英雄とピアニスト江戸弘子との間の娘である。アリオン音楽財団理事長、〈東京の夏〉音楽祭芸術監督。

来歴・人物[編集]

お茶の水女子大学附属中学校高等学校を経て、1955年桐朋女子高等学校音楽科卒業後、フランス政府より後援学生として渡仏、パリ国立高等音楽院入学。1960年同音楽院卒業後、渡米し、シカゴ交響楽団と共演、以後アメリカやヨーロッパ、日本の各地で演奏活動を行う。

1979年、「演奏家と聴衆の心が通いあう音楽会」を目指し、室内楽鑑賞会の「ムジカ・クラブ」を主宰。1985年より毎年東京の夏音楽祭を企画、構成。同年、財団法人アリオン音楽財団を設立し、理事長に就任。〈東京の夏〉音楽祭のほか、作家や学者のレクチャーを組み合わせたコンサート、夜の外出が難しい人のための昼間のコンサートの企画、若手音楽家育成のためのアリオン賞の制定と受賞者の長期的な支援、地方ホールの自主事業のサポート、海外の文化支援など多方面に渡って活動を続けている。

各国の音楽コンクールにも数多く招かれており、1986年チャイコフスキー・ピアノ・コンクールをはじめ、1991年ジョルジュ・エネスコ国際音楽コンクール(ルーマニア)、1992年ロン・ティボー国際コンクール(フランス)、1995年日本国際音楽コンクール、2001年ジュネーブ国際コンクール(スイス)等多くの国際コンクールの審査員を務める。

文化庁「文化政策推進会議」委員、日本演奏連盟理事、三井住友海上文化財団理事、朝日新聞文化財団評議員等多くの文化活動団体の役員を務める。

1962年、桐朋女子高校で同期だった小澤征爾井上靖夫妻の媒酌で結婚したが、1966年に離婚した。

経歴[編集]

親族[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]