補陀落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

補陀落(ふだらく、: Potalaka)は、観音菩薩の降臨する霊場であり[1]、観音菩薩の降り立つとされる伝説上のである[2]。その山の形状は八角形であるという[3]。インドの南端にあるとされた[3]補陀落山(ふだらくせん)とも称す[3]

名称[編集]

「補陀落」は、サンスクリット語(梵語)のポータラカ (Potalaka) の音訳である[3]。他の音写には補陀洛迦、普陀落、普陀洛など多数がある[要出典]。義訳は光明山海鳥山小花樹山など[3]。英語では、Mount Potalaka と呼ばれる[要出典]

概要[編集]

補陀落は『華厳経』の「入法界品」、『千手経』、『陀羅尼集経』2など、多数の経論に見られる。『陀羅尼集経』の註によると海島ともいい、『大唐西域記』によると南インドの海浜の山の東にあるという[4][要出典]。八角の形状をした山であるといわれる[3]興福寺の南円堂の円形はこれを模している。

玄奘は『大唐西域記』巻第十で、補陀落〔布胆落迦〕山は南インドのマラヤ〔秣刺耶〕山の東にあると記している(マラヤ山はケーララ州のカルダモン丘陵に当たるとされる)[5]。その場所を特定しようとする試みや研究もあり[2]スリランカがあてられることもあった。彦坂周はタミル・ナードゥ州南端のポディイル山に比定した[6]。観音信仰が隆盛になると霊地として「補陀落」の名称が各地で広まった[2]。特に中国では現在の浙江省にある舟山群島を補陀落(普陀山)として遠隔地にまで観音信仰が広がった。

また、日本でも熊野日光が補陀落になぞらえられ、信仰を集めた。なお、日光という地名は、補陀落~二荒(ふたら)~二荒(にこう)~日光となったという説もある[2]中世には、観音信仰に基づき、熊野灘足摺岬などから小船に乗って補陀落を目指す、「補陀落渡海」が盛んに行われた。

なお、チベットも観音信仰の地として知られるが、ラサにあるポタラ宮の名も、サンスクリット語の「ポータラカ」に由来する[2]

山号・寺号[編集]

以下のような寺院が、補陀落山または補陀洛山(ふだらくさん、ほだらくさん)を山号として戴く。

また、以下の寺院が補陀落(山)または補陀洛(山)を寺号としている。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 佐久間 2015, p. 23.
  2. ^ a b c d e 岩波仏教辞典 2002, p. 866.
  3. ^ a b c d e f ふだらく【補陀落/普陀洛】 goo辞書(出典:デジタル大字泉)。
  4. ^ 世界大百科事典 第2版『補陀落山』 - コトバンク
  5. ^ 佐久間 2015, p. 24. 〔 〕内は原典表記[1]
  6. ^ 彦坂周「華厳経入法界品と南インドの地名について」『印度學佛教學研究』第41巻第2号、1993年3月。

参考文献[編集]

  • 佐久間留理子 『観音菩薩: 変幻自在な姿をとる救済者』 春秋社、2015年
  • 中村元・福永光司・田村芳朗・今野達・末木文美士, ed (2002-10). 岩波 仏教辞典 第二版. 岩波書店. 

関連項目[編集]