サントリーホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サントリーホール
Suntory Hall
Suntory Hall 2.jpg
情報
正式名称 サントリーホール
開館 1986年10月12日
開館公演 ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮NHK交響楽団
客席数 大ホール:1階858席、2階1148席
ブルーローズ:384・432席
延床面積 1万2027m²
用途 コンサートホール
運営 公益財団法人サントリー芸術財団
所在地 107-8403
東京都港区赤坂1丁目13番1号
位置 北緯35度39分59.81秒 東経139度44分29.06秒 / 北緯35.6666139度 東経139.7414056度 / 35.6666139; 139.7414056座標: 北緯35度39分59.81秒 東経139度44分29.06秒 / 北緯35.6666139度 東経139.7414056度 / 35.6666139; 139.7414056
アクセス 東京メトロ南北線六本木一丁目駅
東京メトロ銀座線南北線溜池山王駅
都営01系統バス赤坂アークヒルズ前停留所
公式サイト サントリーホール サントリー

サントリーホール(Suntory Hall)は、東京都港区赤坂一丁目にあるコンサートホールアークヒルズの一画に1986年10月12日に開館した。森ビルが所有し、公益財団法人サントリー芸術財団が運営する。

概要[編集]

建物正面

東京初のコンサート専用ホール。多くの来日オーケストラや著名なソリストの東京圏に於ける公演が行われている。大ホールは舞台後方にも客席があるヴィンヤード型コンサートホールであるが、座席の配置上、本格的舞台装置や背景を必要とする伝統的なオペラやバレエは上演できない。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団東京ニューシティ管弦楽団を除くすべての在京プロ・オーケストラがここで定期演奏会を行う。

「ホール・オペラ」という独自のオペラ上演形態(本格的な舞台装置や照明は用いずに演奏する方式で、基本的には一般に「演奏会形式」と呼ばれている上演方式の一種)を生み出すなど、開館以来日本のクラシック音楽業界を牽引し続けているホールの一つである。

2007年4月2日から同8月31日まで改修工事のため休館し、2007年9月1日にリニューアルオープン。それに合わせ佐治信忠(サントリー代表取締役社長)に代わり佐治敬三の娘婿でチェリストの堤剛が館長に就任した。

施設[編集]

アークカラヤン広場

大ホール
客席数は2,006席(1階:858席、2階:1,148席)。クラシック音楽の演奏のためのコンサートホールとして設計された。舞台後ろにもP席と呼ばれる客席があり、客席全体が舞台を囲むような形(ヴィンヤード形式の中でもアリーナ形式と呼ばれる)となっている。これは、ホール建設にあたりドイツの同形式のコンサートホールを参考にしており、指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの助言も参考にされている。
4段手鍵盤とペダル鍵盤、ストップ数74、パイプ数5,898本を有する世界最大級のパイプオルガンはオーストリアの名門リーガー社製。設計当初、パイプオルガンを設置する計画はなかったが、カラヤンから「オルガンのないホールというのは、家具のない家のようなもの」とのアドバイスを受け、設置が決定した。なお、参考とされたベルリン・フィルハーモニーでは、オルガンの位置に失敗した経験から、ここでは現在の位置に設けられた[1]
ベルリン・フィルハーモニー#概要も参照。

小ホール
客席数は384名または432名(演奏会標準)。リサイタルや室内楽の演奏を想定して設計された。舞台は昇降式でフラットなフロアにする事もでき、大ホールのレセプションなどに使われることもある。
2007年9月1日のリニューアルオープンに合わせ、「ブルーローズ」という名称が与えられた。
ユニバーサルデザイン対応
2007年9月1日のリニューアルオープンにより、ホワイエにスロープや昇降機を設置するなど、車椅子のまま正面玄関から直接大ホール1階客席にたどり着けるようになった他、オストメイト対応の多機能トイレ6基も新たに設置するなどといったバリアフリー強化が図られている。
その他
大ホールの舞台裏にはリハーサル室、ホワイエにはシャンデリア、ギフトショップ、バー&ドリンクコーナーなどがある。エントランス上部にはパイプオルゴールが仕込まれ、正午と開場時に音楽を奏でる。建物の前の広場はホールの設計にアドバイスを与えたヘルベルト・フォン・カラヤンの名に因んで「アーク・カラヤン広場」と名付けられている。建物の屋上は緑化され、アークガーデンの一部を構成している。

設計・施工[編集]

建築設計 
安井建築設計事務所・入江三宅設計事務所
音響設計 
永田音響設計
施工 
鹿島建設

所在地・アクセス[編集]

所在地
アクセス

脚注[編集]

  1. ^ 眞鍋圭子『素顔のカラヤン』幻冬舎新書、2009年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]