トリスを飲んでHawaiiへ行こう!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トリスを飲んでHawaiiへ行こう!トリスをのんでハワイへいこう!)は、寿屋(現・サントリーホールディングス)が1961年(昭和36年)より実施したキャンペーン山口瞳が担当したキャッチコピーは、同年の流行語になった。

キャンペーン内容[編集]

キャンペーンは寿屋によって1961年9月に発表された[1]。1等賞品はハワイ旅行積立預金証書(100名)。このほかに残念賞現金15,000円(400名)、2等トリスウイスタン(缶入りのハイボール[2])(1,500,000名)があった[3]。当時、海外旅行は自由化されていなかったため、1等賞品はハワイ旅行ではなく積立預金証書となっている。そのため、当選者は当選後に毎月一定金額が旅行資金として積み立てられ、海外旅行自由化実施後にハワイへ行くという手続きが取られた[4]

キャンペーン期間中の9月11日から12月10日まで、寿屋のトリスウイスキー大瓶に2枚、ポケット瓶に1枚、抽選券が同封されていた[3][5]。当選番号は翌年1月に発表された。発表後、1等と残念賞は抽選券を寿屋に郵送することで賞品が手に入り、2等は酒売店で引き換えとなった[6]

本キャッチコピーは、柳原良平のイラストと共に広告に使用された。新聞広告は1961年9月11日に掲載され[7]レイを首にかけたアンクルトリスと、ハワイ各島の地図が描かれている[3]。またテレビCMでも、アロハシャツを着たアンクルトリスが登場する[8]

1964年4月に海外旅行が自由化され[9]、1等当選者は4月18日夜にハワイへと旅立った[10]。しかし、1等当選者の大半は商品を現金(約40万円)と引き換えることを選択したため、実際にハワイへ行ったのはわずか4人であった[4]

サントリー(1963年に寿屋から社名変更)はこれ以後、1978年と2004年にも同名のキャンペーンを展開し[11]、更に2018年には同社の缶コーヒーブランドである「BOSS」シリーズでもほぼ同様のキャンペーンを展開している。

コピーの誕生[編集]

1961年当時、寿屋の宣伝部には山口瞳のほか、開高健、柳原良平らが在籍していた。イラストレーターの柳原は開高とアイディアを出し合い、トリスのキャラクターであるアンクルトリスを生み出した。また、1961年に開高の作ったコピー”「人間」らしくやりたいナ”は大きな評判を呼んだ[1]。この年の9月に寿屋は新たにハワイのキャンペーンを展開することになっていたが、この当時、開高は作家としての仕事などで多忙を極めており、会社に出ることも少なくなっていた。そのため、このキャンペーンのコピーは山口が担当することになった[1]

山口が指示を受けたとき、すでに柳原によって絵とデザインは完成していた[12]。山口は、なんとかして読者の心に残る広告を作ろうと、「机の下にもぐりこんだり、暗室で寝ころがったり[12]」しながら考え、コピーを作り上げた。山口は、このコピーの表記は「トリスを/飲んで/Hawaiiへ/行こう!」であらねばならぬとして、これを「トリスをのんでハワイへいこう」などと書かれると泣きたくなると述べている[12]

評価[編集]

当時の評判[編集]

本コピーは評判となり、1961年の流行語にもなった[13]。そのため、本作は山口瞳の広告コピーの出世作ともいわれる[7]。山口は、同年9月に小説『江分利満氏の優雅な生活』が雑誌に発表されることになっていたため、広告が失敗したら会社を辞めるしかないと考えていた。そのため、この成功は山口を安心させた[14]

論評[編集]

1961年の日本は高度経済成長期にあり、レジャーブームが起こった年であった。レジャーという言葉は流行語になり、日本航空の国内線の年間乗客数は初めて100万人を超えた[15]。一方、海外旅行については、1950年代から芸能人らによってハワイが紹介されることがあった[16]ものの、当時はまだ海外旅行の自由化もなされておらず、費用も高額で、庶民にとっては夢のような話であった[4][8]。その時代にあって本コピーは、人々にハワイ旅行という夢を提示することで、当時の日本人に大きなインパクトを与えた[17]。広告は時代を映す鏡といわれるが、以上のことから、本広告はむしろ時代を先取りし、引っ張ってゆくものであったと論じられることがある[18][19]。なお、同じ1961年には映画「ブルーハワイ」が日本公開され[20]、1963年には加山雄三主演の「ハワイの若大将」、森繁久彌主演の「社長外遊記」「続・社長外遊記」といった、ハワイを舞台にした映画が公開された[9]。さらに1963年には10問連続で正解するとハワイへ行けるテレビ番組「アップダウンクイズ」(毎日放送制作・NET(現・テレビ朝日)系列[21])の放送が始まるなど、海外旅行自由化を前にハワイブームが巻き起こるようになる[22]

キャッチコピーとしては、トリスという庶民向けの日常的な酒と、ハワイという非日常的な憧れの単語を組み合わせることで、見る人に衝撃を与え、様々な想像をかきたたせたという論評がなされている[5]。また、トリスを「買って」ではなく「飲んで」としたところも大きな特徴といわれている[4]。さらに、ハワイを「Hawaii」と表記したところも特筆される[14]天野祐吉はこのコピーを見て、「Hawaiiはiが2つだったのか」と、「新鮮なおどろきを感じた」と述べている[23]

坪松博之は、本コピーは山口瞳の特徴である「語りかけ」が見られると指摘している。そして、この特徴は山口が書いた他のコピーと共通しており、後に手掛けた新成人・新社会人向け新聞広告にもつながるものだと論じている[24]

当時寿屋の社長だった佐治敬三は、1994年、山口との対談において、本コピーについて「端的であって、夢がある。ごっついコピーやったな、あれは」と振り返っている[25]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 中野(2005) p.222
  2. ^ 品質をささえる「匠」たち”. Suntory. 2017年3月8日閲覧。
  3. ^ a b c 『トリス広告25年史』(1975) p.118
  4. ^ a b c d 深川・相沢・伊藤(2005) pp.261-262
  5. ^ a b 山本・山田(2013) p.326
  6. ^ 朝日新聞1962年1月6日朝刊11版9面掲載の寿屋広告
  7. ^ a b 岡田(2016) p.445
  8. ^ a b 日本雑誌広告賞50年史編纂委員会編(2008) p.24
  9. ^ a b 山本・山田(2013) p.324
  10. ^ 『トリス広告25年史』(1975) p.119
  11. ^ サントリー. “「トリスを飲んでハワイへ行こう!」キャンペーン―復活した懐かしのキャンペーンでハワイ旅行やアンクルトリスのオリジナルグッズが合計1,400名様にあたる―”. 2015年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月10日閲覧。
  12. ^ a b c 山口(1979) p.50
  13. ^ 『流行語100年』(2011) p.119
  14. ^ a b 中野(2005) p.223
  15. ^ 『流行語100年』(2011) pp.119-120
  16. ^ 山本・山田(2013) p.324-325
  17. ^ 「広告批評」(2008) p.16
  18. ^ 北(2015) pp.297-298
  19. ^ 山本(1976) p.151
  20. ^ トラベルビジョン (2009年1月22日). “日本人の海外旅行時代の幕開け-ハワイの歴史(4)”. 2017年3月5日閲覧。
  21. ^ その後、1975年3月31日よりテレビのキー局をNETからTBSに変更され、テレビネットワークのいわゆる“腸捻転”が解消された。
  22. ^ 山本・山田(2013) pp.326-327
  23. ^ 天野(1977) p.144
  24. ^ 坪松(2014) pp.225-232
  25. ^ 山口(2009) p.320

参考文献[編集]

  • 天野祐吉 『サントリー―時代を広告する世界を広告する』 日本実業出版社、1977年9月
  • 岡田芳郎 『日本の企画者たち ~広告、メディア、コンテンツビジネスの礎を築いた人々~』 宣伝会議、2016年3月ISBN 978-4883353569
  • 北康利 『佐治敬三と開高健 最強のふたり』 講談社、2015年6月ISBN 978-4062186124
  • 『暮らしの年表/流行語 100年』 講談社編、講談社、2011年5月ISBN 978-4062167451
  • 「歴史を作ったヒット懸賞--トリスを飲んでハワイへ行こう/おもちゃのカンヅメ/ミスドのおまけ/やすらぎパーカー/おれ,ゴリラ/ボスジャン」、『広告批評』第209号、マドラ出版、2008年、 pp.16-21、 ISSN 0388-4937
  • 坪松博之 『壽屋コピーライター開高健』 たる出版、2014年4月ISBN 978-4905277101
  • 『トリス広告25年史』 坂根進編、サン・アド、1975年
  • 中野朗 『変奇館の主人―山口瞳評伝・書誌』 響文社、2005年1月ISBN 978-4906198009
  • 『雑誌広告は進化する:日本雑誌広告賞50年の記録』 日本雑誌広告賞50年史編纂委員会編、日本雑誌広告協会、2008年7月
  • 深川英雄、相沢秀一、伊藤徳三 『時代を映したキャッチフレーズ事典』 電通、2005年10月ISBN 978-4885531798
  • 山口瞳 『江分利満氏大いに怒る』 集英社〈集英社文庫〉、1979年8月
  • 山口瞳 『山口瞳対談集1』 論創社、2009年8月ISBN 978-4846010133
  • 山本明「囚われた大衆社会の想像力―「トリスをのんでハワイへ行こう」から「リリー・マルレーン」へ」、『現代の眼』第17巻第1号、現代評論社.、1976年、 pp.148-156、 ISSN 0435-219X
  • 山本真鳥、山田亨 『ハワイを知るための60章』 明石書店〈エリア・スタディーズ 114〉、2013年2月ISBN 978-4750337531