この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鈴木京香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき きょうか
鈴木 京香
鈴木 京香
本名 鈴木 京香
生年月日 1968年5月31日(48歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県泉市
(現・仙台市泉区
身長 166cm
血液型 A型
ジャンル 女優
活動期間 1989年 -
事務所 Vanda
公式サイト Kyoka Suzuki OFFICIAL SITE
主な作品
テレビドラマ
君の名は
きらきらひかる
華麗なる一族
セカンドバージン
夜行観覧車

映画
愛と平成の色男
ラヂオの時間
39 刑法第三十九条
竜馬の妻とその夫と愛人
血と骨

鈴木 京香(すずき きょうか、1968年5月31日 - )は、日本女優である。有限会社Vanda(ヴァンダ)所属。身長166cm、B88/W59/H89。

来歴・人物

宮城県泉市(現・仙台市泉区)に生まれ、富谷町で育つ。宮城県泉高等学校を経て、東北学院大学経済学部商学科卒業。

大学在学中からモデル事務所仙台SOSモデルエージェンシーに所属し、モデルとして活動していた。1988年、『カネボウ 水着キャンペーンガール』に選出され、本格的に芸能界入り。

1989年、映画 『愛と平成の色男』で女優デビュー。1991年、1年間にわたって放送された連続テレビ小説君の名は』(NHK)でヒロイン真知子役を演じて広く知られるようになった。

1995年のテレビドラマ、『我慢できない!』(関西テレビ)ではコミカルな演技を披露し、それ以降は人気ドラマに次々と登板した。脚本家、三谷幸喜の作品では、テレビドラマ 『王様のレストラン』(1995年、フジテレビ)を皮切りに、常連出演者となっている。謙虚な主婦や、豪快な女性刑事から可憐な女性、教育ママ、大人の女性など、さまざまな役柄を柔軟にこなす。

また、故郷の宮城県も大きな被害を受けた2011年東日本大震災後は、NHKによる復興キャンペーン「NHK東日本大震災プロジェクト」に参加している。同プロジェクトで制作された合唱曲「花は咲く」にも参加したが、そのプロモーションビデオでは鈴木のみが歌わずに黙祷する演出がなされた[1]

私生活

古都・京都のように古風で優雅な女性に育って欲しいとの両親の願いから「京香」と名づけられた。両親と兄の4人家族だったが、父親は2002年7月に肺がんの為、逝去。母の影響で3歳の頃から日本舞踊を習った。

スタイリストからもらったメダカを飼っている(名前はボス、ブルーアイ、セボネ、チビの4匹)(2014年1月現在)[2]

趣味・好きなもの

絵画

絵画が趣味だった父の影響で鈴木自身も絵が好きで、特にアンリ・マティスの絵を好んでいる[2]

高校時代は美術部に所属(ちなみに中学時代は陸上部所属で本人によると脚が速く、高校の時に陸上部に誘われたが丁重に断ったとのこと)[2]

高校生の頃、自身が描いた絵が展覧会に入選して見に行ったが、上下逆に展示されていて驚いたとのこと[2]

好きな食べ物は、揚げ物やカツカレー[2]

出演

テレビドラマ

映画

舞台

ドキュメンタリー

  • 『迷宮TRANOVEL 〜太宰治「走れメロス」と中期短編集〜』(2014年9月7日、BS日テレ) - 旅人[11]

CM

その他

受賞歴

119
ラヂオの時間
39 刑法第三十九条
竜馬の妻とその夫と愛人
血と骨
沈まぬ太陽
オンリー・ユー 愛されて
きらきらひかる
  • 第16回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞[13]
華麗なる一族
  • 第52回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞[14]
セカンドバージン
夜行観覧車
  • 第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞[16]
その他

出典

  1. ^ 鈴木京香、復興支援ソングPVで歌わない理由は? 西田敏行、森公美子ら解釈語る”. シネマトゥデイ (2015年8月17日). 2016年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「おしゃれイズム」(2014年1月12日放送より)
  3. ^ “秀吉役に小日向文世さん NHK大河「真田丸」出演者発表”. 産経ニュース. (2015年9月24日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150924/ent1509240003-n1.html 2015年9月24日閲覧。 
  4. ^ “高良健吾、鈴木京香と連ドラ初共演「胸を借りるつもりで」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2014年2月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2033878/full/ 2015年10月25日閲覧。 
  5. ^ “豊川悦司が“許されぬ恋”に落ちる! 相手は鈴木京香”. ウォーカープラス. (2015年10月24 日). http://news.walkerplus.com/article/66871/ 2015年10月25日閲覧。 
  6. ^ “鈴木京香、“家出主婦”役 桐野夏生原作『だから荒野』ドラマ化”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2014年8月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2040964/full/ 2015年10月25日閲覧。 
  7. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  8. ^ 永作博美&土屋太鳳&鈴木京香、人気女性作家の短編ドラマに出演!”. シネマカフェ (2015年11月25日). 2016年1月12日閲覧。
  9. ^ “宮城出身の鈴木京香、被災地描く主演作に「中途半端には出来ないという恐怖心もあった」”. 映画.com. (2014年11月10日). http://eiga.com/news/20141110/13/ 2014年11月10日閲覧。 
  10. ^ 松重豊&鈴木京香W主演 倉持裕作・演出の新作『家族の基礎』が上演”. シアターガイド (2016年2月12日). 2016年2月16日閲覧。
  11. ^ 迷宮TRANOVEL 〜太宰治「走れメロス」と中期短編集〜(BS日テレ)、2014年8月28日閲覧
  12. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第8回 ベストドレッサー賞】鈴木京香”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (1996年3月19日). 2013年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第16回 助演女優賞】鈴木京香”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (1998年3月25日). 2013年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第52回 助演女優賞】鈴木京香”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2007年5月2日). 2013年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ 国際ドラマフェスティバル:Award”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO 実行委員会. 2015年10月25日閲覧。
  16. ^ 「発表! 第76回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン』第20号、角川マガジンズ2013年5月24日、 32-35頁。
  17. ^ a b 過去の受賞作品”. 日本映画批評家大賞 公式サイト. 2015年10月25日閲覧。
  18. ^ 69th(2014年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞社. 2015年1月21日閲覧。

注釈

[ヘルプ]


外部リンク