金麦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金麦
Kinmugi.JPG
基本情報
種類 第三のビール
詳細分類 リキュール(発泡性)①
度数 5%
主原料 麦芽(25%以上50%未満)、ホップ、糖類
副原料 小麦由来スピリッツ
原産国 日本の旗 日本
原産地 利根川ビール工場・武蔵野ビール工場・京都ビール工場・九州熊本工場
製造元 サントリービール
販売元 サントリー酒類
詳細情報
テンプレートを表示

金麦(きんむぎ)は、サントリービールが製造し、サントリー酒類(2代目)が販売する第三のビール酒税法上はリキュール(発泡性)①に分類される。

本項では、「金麦」のシリーズ製品(糖質75%オフ、クリアラベル、琥珀のくつろぎ)についても述べる。

歴史[編集]

2007年6月19日発売開始[1]。4年連続で過去最高販売数量を更新[2]、2009年8月31日に350ml換算累計出荷本数10億本を突破した[3]

2012年9月からは業務用の樽生の販売も開始している[4]

発売当初はサントリーが製造・発売していたが、持株会社制への移行に伴って2009年4月からは(初代)サントリー酒類が製造・発売を行っていた。2014年10月の組織改編に伴い、同社のビール事業(ビール・発泡酒・第三のビール・ノンアルコールビールテイスト飲料)を分割・独立したサントリービールが製造・発売を行っている。販売元は2015年1月の商号変更に伴い、(2代目)サントリー酒類(旧・サントリービア&スピリッツ)が担当する。

リニューアル[編集]

発売後も改良が続けられ、年に1回のペースでリニューアルが行われている。

  • 2008年5月27日[5] - 仕込工程での温度・時間などの条件見直しや発酵工程における酵母の活動を適正化することで「旨味麦芽」の旨み成分をさらに引き出した。パッケージデザインは新たに金蓋を採用し、「旨味麦芽 RICH MALT」という文字を正面に配した。
  • 2009年2月(同月中旬製造分以降自然切替)[6] - 麦汁をつくる煮沸工程においてホップを2回に分けて投入する「2段階ホップ仕込」の投入条件の最適化を図った。パッケージデザインは紺色のグラデーションが明るくなり、「金麦」のロゴと「RICH MALT」の文字が大きくなった。
  • 2010年12月(同月中旬製造分以降自然切替)[7] - 麦芽の使用量を増量。パッケージデザインは「RICH MALT」の文字に立体感を持たせた。
  • 2011年12月(同月中旬製造分以降自然切替)[8] - 「2段階ホップ仕込みの投入条件最適化を再度図った。パッケージデザインは商品ロゴに立体感を持たせ、下部の麦穂の形状も変更した。
  • 2012年12月(同月上旬製造分以降自然切替)[9] - 「旨味麦芽」を1割程度増量した。パッケージデザインの変更はないが、2013年春に側面表記を縦書きから横書きに変更した。
  • 2013年12月(同月中旬製造分以降自然切替)[10] - 醸造工程の工夫を行ったほか、パッケージデザインは「天然水仕込」の下部にラインを入れて強調させた。
  • 2014年12月(同月上旬製造分以降自然切替)[11] - 「旨味麦芽」を増量。パッケージデザインは下部の麦穂の形状が変更されたほか、裏面に広告コピーと連動したメッセージ「金の麦が、うまさを輝く。」が記された期間限定デザインが設定される。
  • 2015年12月(同月上旬製造分以降自然切替)[12] - 醸造工程の見直しを行い、味わいを改良。パッケージデザインは麦の穂のイラストを立体的なデザインに変更した。

シリーズ商品[編集]

金麦〈糖質75%オフ〉
2012年4月3日に、「金麦」に比べて糖質を抑えたシリーズ製品「金麦〈糖質70%オフ〉」の発売を開始した。パッケージデザインは白を基調に「金麦」の文字色を緑にすることで区別されている[13]
同年12月に初のリニューアル(缶のデザインは同年10月に先行切替、同年12月下旬製造分より順次自然切替)。味わいを改良するとともに、パッケージデザインはロゴの下に「RICH MALT」、その下の緑色の四角形に「糖質70%off」と表記していたのをロゴの下に「糖質70%オフ」、その下の緑色の部分はリボン状に変更して「RICH MALT」に変更した。[14]
2013年12月に2度目のリニューアル(同月下旬製造分より順次自然切替)。麦芽の配合バランスの最適化したほか、パッケージデザインは「70%」と「天然水仕込」の表記を大きくした[15]
2014年4月に3度目のリニューアル(同月下旬製造分より順次自然切替)。糖質が70%オフから75%オフに向上し、原材料の配合バランスや製法の最適化が図られた。併せて、商品名が変更となった[16]
2015年4月に4度目のリニューアル(同月上旬製造分より順次自然切替)。原材料の配合の見直しが図られた。パッケージも一部変更となり、下部に記載の「RICH MALT」をより強調したデザインとなった[17]
金麦クリアラベル
2014年5月13日に止渇爽快系のシリーズ製品として発売を開始した。独自製法のHHS(High temperature High pressure Steam:高温高圧蒸気)製法によって加工した麦芽を一部使用し、炭酸ガス濃度を高めに設定。さらに、仕込や発酵条件の最適化も行った。パッケージデザインは銀基調となっている[18]
2015年2月17日に初のリニューアルを実施。原料の配合を見直し、「金麦」シリーズでは初めて大麦を副原料に使用するようになったほか、パッケージデザインを刷新し、ベースカラーをアイボリーに替え、金の麦穂マークを大きくして中に液色を配した[19]
金麦<琥珀のくつろぎ>
2014年12月2日に「金麦」シリーズ初の期間限定品として発売を開始。ロースト麦芽とドイツ産アロマホップを一部使用した。また、パッケージも赤色基調となっている[20]
2015年10月20日に、サントリー製主要新ジャンルの基準に比べて熟成期間を約3割長くした「贅沢長期熟成製法」を採用してリニューアルの上、再発売した[21]
金麦<黒のひととき>
2015年12月1日に発売された期間限定品。黒麦芽とカラメル麦芽を一部使用し、「金麦<琥珀のくつろぎ>」と同じく「贅沢長期熟成製法」を採用した「金麦」シリーズ初の"黒"製品である。パッケージは黒色基調をベースに、下部に金帯が施されている[22]

パッケージ、広告[編集]

パッケージデザインは紺色を基調とし、金色の麦穂を円形に配した。広告黒須美彦のプロデュースで、檀れいを起用[23]

高級感のあるイメージが定着し[24]2009年夏の第3のビールに関するマクロミルのインターネット世論調査では、50%が「CMや広告が印象に残っている」と回答。「高級感がある」「パッケージデザインが好き」の項目でも、2位と10ポイント以上の差をつけて首位となった[25]

なお、製品ごとに起用されているCMキャラクターが異なっており、「糖質70%オフ(現・糖質75%オフ)」は発売開始当初、真木よう子バカリズムを起用していた[26]が、同年12月のリニューアル以降は戸田恵梨香を起用[14]し、その後は戸田とともに大森南朋も起用している。また、「クリアラベル」は発売当初、北川景子を起用していたが[27]、2015年2月のリニューアルに伴い、森山未來田中要次木下隆行TKO)、ホラン千秋が新たに起用されている。

技術[編集]

従来のビールではタンパク質よりデンプンが多い麦芽が向いているとされてきたが、金麦では窒素分となるタンパク質を豊富に含む麦芽を全麦芽中50%以上使用した。麦汁を糖化する際、一定量を取り出して煮沸する「デコクション製法」を採用。これによりアミノカルボニル反応が起きうま味が向上するとともに、糖化酵素が失活することにより分解されずに残った多糖類がコクの素となる。これによりアルコール分は薄まるが、小麦由来のスピリッツをブレンドすることにより最終的に補われる。ホップは香りが特徴の「アロマホップ」と苦味が特徴の「ビターホップ」を2段階で投入し、風味を生かしている[28]

脚注[編集]

  1. ^ “新ジャンル商品「金麦(きんむぎ)」発売” (プレスリリース), サントリー株式会社, (2007年5月8日), http://www.suntory.co.jp/news/2007/9781.html 2013年3月12日閲覧。 
  2. ^ “まろやかさはそのままに、麦のうまみにこだわった「金麦」リニューアル”. 販促グッズニュース. (2012年11月28日). http://www.sp-sp-sp.net/news_a92KMY0aZw.html 2013年3月24日閲覧。 
  3. ^ http://topics.blog.suntory.co.jp/002192.html”. サントリートピックス (2009年9月4日). 2013年3月24日閲覧。
  4. ^ サントリー、業務用たる詰め「金麦」 割安感打ち出す - 日本経済新聞・2012年6月19日
  5. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -麦のうまみがさらにアップして新登場-”. サントリー株式会社 (2008年3月11日). 2013年4月16日閲覧。
  6. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -豊かな麦の旨みとバランスのよい後味を実現-”. サントリー株式会社 (2009年1月20日). 2013年4月16日閲覧。
  7. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -麦のうまみにこだわった上質な味わい-”. サントリー酒類株式会社 (2010年11月24日). 2013年4月16日閲覧。
  8. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -豊かな麦の旨みと、よりバランスのよい後味を両立-”. サントリー酒類株式会社 (2011年11月22日). 2013年4月16日閲覧。
  9. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -麦のうまみと口当たりのよい味わいを追求-”. サントリー酒類株式会社 (2012年11月27日). 2013年4月16日閲覧。
  10. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -いっそう口当たりが良く飲み飽きない味わいを実現-”. サントリー酒類株式会社 (2013年12月3日). 2014年7月24日閲覧。
  11. ^ 「金麦」リニューアル新発売 -“旨味麦芽”を増量し、より“麦のうまみ”を感じる味わいを実現-”. サントリービール株式会社 (2014年11月25日). 2016年1月12日閲覧。
  12. ^ 「金麦」リニューアル新発売-”. サントリービール株式会社 (2015年11月24日). 2016年1月12日閲覧。
  13. ^ “「金麦〈糖質70%オフ〉」新発売” (プレスリリース), サントリー酒類株式会社, (2012年1月31日), http://www.suntory.co.jp/news/2012/11304.html 2013年3月12日閲覧。 
  14. ^ a b 「金麦〈糖質70%オフ〉」リニューアル -麦のおいしさ・香りをよりいっそう追求-”. サントリー酒類株式会社 (2012年12月18日). 2013年4月16日閲覧。
  15. ^ 「金麦〈糖質70%オフ〉」リニューアル -麦のうまみをいっそうお楽しみいただける味わいを実現-”. サントリー酒類株式会社 (2013年12月17日). 2014年7月24日閲覧。
  16. ^ 「金麦〈糖質75%オフ〉」リニューアル新発売- 機能性を向上させるとともに、いっそう麦のうまみをお楽しみいただける味わいを実現 -”. サントリー酒類株式会社 (2014年4月8日). 2014年7月24日閲覧。
  17. ^ 「金麦〈糖質75%オフ〉」リニューアル新発売 ― ”麦のうまみUP!”で飲み飽きないおいしさへ ―”. サントリービール株式会社 (2015年3月24日). 2016年1月12日閲覧。
  18. ^ 「金麦クリアラベル」新発売 - 「金麦」から止渇爽快系の新商品が登場 -”. サントリー酒類株式会社 (2014年3月4日). 2014年7月24日閲覧。
  19. ^ 「金麦クリアラベル」リニューアル新発売”. サントリービール株式会社 (2014年12月2日). 2015年3月28日閲覧。
  20. ^ 「金麦〈琥珀(こはく)のくつろぎ〉」期間限定新発売 -「金麦」シリーズから初の期間限定商品が登場-”. サントリー酒類株式会社 (2014年9月16日). 2014年12月9日閲覧。
  21. ^ 「金麦〈琥珀(こはく)のくつろぎ〉」期間限定新発売”. サントリービール株式会社 (2015年9月1日). 2015年11月4日閲覧。
  22. ^ 「金麦〈黒のひととき〉」期間限定新発売”. サントリービール株式会社 (2015年10月20日). 2016年1月12日閲覧。
  23. ^ “金麦妻”は実在するか? 「サントリー金麦のCM」の研究”. 日経ビジネスオンライン (2007年10月2日). 2013年3月24日閲覧。
  24. ^ 注目の企業 サントリービア&スピリッツ”. 財界さっぽろ (2013年1月). 2013年3月24日閲覧。
  25. ^ 第3のビール:今後の飲用意向、「のどごし<生>」「金麦」がトップ争う”. マクロミル (2009年8月7日). 2013年3月24日閲覧。
  26. ^ 「金麦〈糖質70%off〉」新TV-CM 丘の上の小さな教会で結婚式 純白のウェディング姿で永遠の愛を誓う真木よう子さん&バカリズムさんが新婚夫婦役で新CMに登場 新TV-CM「白い教会」篇、「白い家」篇4月3日(火)から全国オンエア開始”. サントリー酒類株式会社 (2012年4月3日). 2014年12月9日閲覧。
  27. ^ 〜ノド派の金麦「金麦クリアラベル」 新TV-CM〜 仕事の疲れ、のどの渇き。「おいしい、のどごし」を求めて…北川景子さんが灼熱の砂漠をグラス片手に彷徨う!?『登場』篇、『砂漠』篇5月10日(土)から全国でオンエア開始”. サントリー酒類株式会社 (2014年5月8日). 2014年12月9日閲覧。
  28. ^ 夏目(2010年)、151-153ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 言の葉の庭 - 新海誠監督の日本のアニメーション映画内に登場する。作品内の新宿御苑の東屋でユキノが飲む描写がある。なお、新宿御苑での飲酒および持ち込みは禁止されている。
  • チキンラーメン日清食品) - 2018年よりタイアップ中。

外部リンク[編集]