響 (ウイスキー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サントリーウイスキー「響」17年

(ひびき)は、サントリースピリッツが製造するブレンデッド・ウイスキー

概要[編集]

1989年にサントリー酒類から「響17年」が発売開始された[1]。これは同社の創業90周年のために作られただけでなく、国産のブレンデッド・ウイスキーの中では最高峰に位置付けられている[1]ブラームスの「交響曲第一番第四楽章」をイメージして作られ[1]、長熟モルト原酒30種以上、長熟グレーン原酒数種をブレンドしている[1][注釈 1]

酒齢により「響12年」「響17年」「響21年」「響30年」の各銘柄がある。

受賞歴[編集]

  • 2004年
    • 響21年
      • インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ (ISC) 金賞受賞[2]
    • 響30年
      • ISC トロフィー (最高賞) 受賞[3]
  • 2005年
    • 響17年
      • サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション (SWSC) 金賞受賞[2]
    • 響21年
      • ISC 金賞受賞[2]
  • 2006年
    • 響21年
      • ISC 金賞受賞[2]
    • 響30年
      • ISC トロフィー (最高賞) 受賞[3][2]
  • 2007年
    • 響17年
      • インターナショナル ワイン アンド スピリッツ コンペティション (IWSC) 金賞受賞[2]
    • 響30年
      • ワールド・ウイスキー・アワード (WWA) ワールド・ベスト・ブレンデッドウイスキー受賞[2]
      • IWSC 金賞受賞[2]
      • ISC トロフィー (最高賞) 受賞[3][2]
  • 2008年
    • 響30年
      • ISC 「ウイスキー オブ ザ ワールド」部門最高賞「トロフィー」受賞[2]
      • WWA ワールド・ベスト・ブレンデッドウイスキー受賞[2]
  • 2009年
    • 響17年
      • ISC 金賞受賞[2]
  • 2010年
    • 響12年
      • インターナショナル ワイン アンド スピリッツ コンペティション 金賞受賞[2]
      • インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 金賞受賞[2]
    • 響 21年
      • ワールド・ウイスキー・アワード ブレンデッド部門 最高賞[4][2]
      • インターナショナル ワイン アンド スピリッツ コンペティション 金賞受賞[2]
      • インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 金賞受賞[2]

ラインナップ[編集]

  • 響ジャパニーズハーモニー - ハーモニーシリーズの第3弾。2015年3月10日に発売されたノンエイジタイプの商品。今後は「同12年」に替わるエントリー商品となる。
  • 響12年 - 酒齢12年以上のモルト原酒とグレーン原酒数種類に加え梅酒を貯蔵した樽で熟成させた「梅酒樽熟成モルト」や30年超の超長期熟成モルトをブレンド。既に生産終了しており、メーカーの在庫限りとなっている。
  • 響17年 - ラインナップの中では最初に発売。酒齢17年以上(平均19年)のミズナラ樽を中心に30種類以上のモルトと数種類のグレーンをブレンドして後熟。
  • 響21年 - 山崎ホワイトオーク・ミズナラ・シェリー樽原酒を中心に酒齢21年以上のモルト・及び酒齢21年以上の知多グレーン数種類を厳選してブレンド。
  • 響30年 - 山崎ホワイトオークを中心に酒齢 30年以上のモルト・グレーンを厳選したフラッグシップ商品。年間2000本程度の限定品で、唯一カガミクリスタル製の30面クリスタルボトルに入れられている。価格は12万5千円。
  • 響35年 - インターネット限定販売。人間国宝十四代酒井田柿右衛門が作った器に特別にブレンドした35年以上の原酒をブレンドした特別限定品。価格は100万円と響の中では最高額商品でもあったが、現在は販売終了。
  • 響ディープハーモニー - ハーモニーシリーズの第1弾で、響としては初めてBAR業店向けの限定商品。響17年をベースに赤ワインの空樽で十分に熟成された「白州モルト」原酒に加えてシェリー樽で超長期熟成された「知多グレーン」原酒をブレンドされた商品。前述どおりにBAR業店向けの商品ではあるが、酒屋に在庫があれば個人でも購入が可能だった。
  • 響メロウハーモニー - 2013年11月発売。ハーモニーシリーズの第2弾。限定商品ではあるが「ディープハーモニー」と異なり個人でも購入可能。響17年をベースに30年を超える超長期熟成の「山崎モルト原酒」や「知多グレーン原酒」がブレンドされた商品。
  • 響50.5(ごーまるご) - 響17年と同様に酒齢17年以上のモルト・グレーン原酒をブレンド、後熟した後、冷却濾過及び加水をせず、ラベル通りアルコール度数50.5度で樽出し(厳密にはアルコール度数50.0%以上~50.9%未満と表記)された商品。響シリーズでは唯一、24面のデキャンタではなくマッカランのような細長いボトルに詰められた。2009年に生産終了。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 野地秩嘉「サービスの達人たち」(2001-10-10、新潮社) 73ページによれば、使っているモルトは35種。

出典[編集]

  1. ^ a b c d WHISKY MUSEUM ジャパニーズウイスキー物語 水薫る 第六話 香りの花束の継承”. サントリー. 2010年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q サントリーウイスキー コンテスト受賞歴”. サントリーホールディングス. 2010年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c 達磨 信 (2006年11月14日). “ウイスキー、おススメのこの一瓶 1回酒質の高い日本のウイスキーを教える”. All About. 2010年10月31日閲覧。
  4. ^ 太田浩信 (2010年6月12日). “日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞”. MSN産経ニュース. 2010年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]