サントリーオールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サントリーオールド
Theold.JPG
ザ・サントリーオールド
(現在既に終売)
基本情報
種類 ウイスキー
(ブレンデッドウイスキー)
度数 43%
主原料 モルトグレーン
原産国 日本の旗 日本
製造元 サントリースピリッツ
販売元 サントリー酒類(二代目)
詳細情報
テンプレートを表示

サントリーオールドは、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーの一つである。

サントリーウイスキーの代表的なブランドとしてその名を知られ、その瓶の形状から、ダルマタヌキなどの愛称がつけられている。

歴史[編集]

前史[編集]

寿屋(のちのサントリー、現・サントリー酒類)の創業者、鳥井信治郎は、大阪京都の県境に近い、山崎にて1923年から国産ウイスキー事業を開始する。のちにニッカウヰスキーを創業することになる竹鶴政孝を招き、1929年に白札(現在のサントリーホワイト)や、赤札(現在のサントリーレッド)などを発売するも、当時の消費者からの反応は今ひとつという状況が続く。のちに竹鶴の退社を経て、これまでに鳥井が自身で得た経験、さらに長男・鳥井吉太郎の手によってつくられた「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売すると、スモーキーで熟成を極めた味が世間に評価され、遂に成功をつかむ。国産ウイスキー事業を定着させるべく試行錯誤してきた鳥井の努力が実ることとなった。そして1940年に、山崎蒸溜所においてサントリーオールドは誕生する。

しかし誕生した当時、日本は戦時下で販売は許されず(この間に「新・サントリーウヰスキー誕生」のアナウンスが為されたのみで、間もなくして日本は第二次世界大戦へと突入してゆく)、その間鳥井は当時の日本海軍の取り計らいで手に入れた麦をもとに軍用ウイスキーを製造し続けることになる。やがて日本は敗戦したが、山崎蒸溜所は戦災に遭うこともなく、ウイスキーの生産を続けるに至った。

成功を約束された金の卵[編集]

戦後復興の最中の1950年、10年の期間を経て、オールドは世に送り出される。実に高価なウイスキーで庶民からは憧れの的であったが、禁止税的に高価であった輸入ウイスキーの代わりとして年を追うにつれて、徐々にではあるものの浸透していった。夜の歓楽街にあるバー・クラブ・スナックなどの店で人気を集め、高度経済成長期には、寿屋の売り上げの殆どをオールドで占めた時期もあり、サントリーのウイスキーの代表的なブランドとなる。

特に1970年代にかけては、サントリーの東京支社が当時日本橋にあったことや、同社が「日本料理には日本酒」というこれまでの既成概念に挑むべく、料亭や寿司屋、割烹などあらゆる日本料理店への営業を集中的に行ったことで(サントリーはこれを「二本箸作戦」と称している。1999年に発表された『サントリー百年誌』から)、オールドやリザーブなどのウイスキーが様々な和食専門店へと浸透してゆく。今日でもオールドを扱う料亭・和食店は多い。

オールド・ショック~現在へ[編集]

1981年においてオールドの出荷数は約1000万ケース、1億3000万本以上[1]。これは同時期にアメリカで最大の売上を誇ったJ&Bの2750万本の4倍[1]。国内市場での同価格帯の特級ウイスキー(当時の販売価格で2500円~2770円、ニッカウヰスキー(以下ニッカ)のG&G、キリン・シーグラム(以下キリン、現・キリンディスティラリー)のロバートブラウン、三楽オーシャン(以下オーシャン、現・メルシャン)のオーシャン12がなど該当した)でのシェアは86パーセント[1]。また、日本国内のウイスキー全てのうち33.2%がオールドである[1]。オールドはサントリーの売上の半数を稼ぎだす化物のような商品であった[1]。このとき、サントリーは日本のウイスキーの総売上の76パーセントを占めていた[1]。しかし高度経済成長期を経て、1980年代に入ると、ウイスキーにかわり酎ハイが市民権を得たこと(1984年の焼酎ブーム)や、またサントリーが扱う洋酒でも、ワインカクテルなど、様々なタイプに消費者の好みが拡散し始めた(1979年の第二次ワインブーム)ことで、「洋酒と言えばウイスキー」という時代は次第に終焉を告げ始めていた。

1981年当時に日本消費者連盟が入手したとされるサントリーの内部資料によれば、オールドの成分構成はモルト原酒27.6パーセント、グレンウイスキー45.1パーセント、汲水26.1パーセント、甘味果実酒0.8パーセント、リキュール0.4パーセント、カルメラ0.6パーセントとなっている。ここで言うグレンウイスキーのグレンとは、穀物のGrainではなく、山崎峡という地名にちなんだ渓谷のGlenであるとしていたが実際は無色透明の穀物アルコール(飲料用エタノール)であり、樽貯蔵がされていない以上、諸外国であればウイスキーとみなされず、単なるアルコール添加とされるものである。日本の酒税法では熟成年数が定義されていないとはいえウイスキー「らしい」琥珀色は熟成樽に貯蔵された結果であるため、1/4ほどの原酒に穀物アルコールを加えただけでは別途色付けや風味の調整が必要になる。それが甘味果実酒やリキュール、カルメラであり、日本消費者連盟が1978年に糖尿試験紙によって糖分の検出を試みたところ、ニッカ、キリン、オーシャン、東洋醸造、協和発酵では検出されず、反応があったのはサントリーだけであった。また公開質問状においても前記の各社は使用していないと回答しているが、サントリーは消費者室長(当時)の中澤輝柾が「ブレンド内容は世界各国のどの企業も固有のノウハウとしている」ことを理由に回答を拒否している。ウイスキーは量産できないとしたニッカと異なり、輸入した原酒と穀物アルコールを添加物で調整したオールドは増大する国内需要を満たす唯一の銘柄であったが、貿易不均衡の是正を目的とした酒税法の改正(関税の引き下げ)もあって、価格の低下した品質の優れた著名な外国製ウイスキーとの競争を行わねばならなくなった。長年にわたってサントリーの業績に貢献してきたオールドも1980年代中期には、その売り上げを他の洋酒に奪われることになる(これを「オールド・ショック」[注釈 1]という)。

これに対してサントリーは様々なタイプのウイスキーの開発や外国製ウイスキーの代理販売権の獲得を進めてゆくと共に、オールドも1980年代後期以降は様々に改良が加えられてゆく。1994年には従来のリッチ&メローから、新たに「マイルド&スムーズ」という口当たりのやわらかいものが新たに発売される。その後もマイルド&スムーズがリニューアルされ、2006年には「THEサントリーオールド」となった。また2007年10月からは、新たにシェリー樽原酒で仕上げられ、金のラベルをつけた「プレミアム43°」が発売され、リッチ&メローは製造中止となった。2008年9月に値上げが実施された際に、新「サントリーオールド」を両者を統合する形で発売している。新オールドは原酒のブレンドの見直しによりアルコール度数43%に変更され、初期のオールドに近い味に回帰しつつ、ラベルにはサントリーのエンブレムである「向獅子マーク」が復活している。

現在でこそ手頃な値段で手に入るようになったが、現行以前の酒税法の時代には相対的に値段が高価なウイスキーであった。現在でも根強いファンが多く、多くの愛飲家に支えられている。

CMソング「夜がくる」は小林亜星が作詞・作曲を手がけた。

その他[編集]

初代サントリーオールド
(復刻版)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この結果、当時サントリーの社長だった佐治敬三は「大阪という地に固執しとってはアカン、時代の流れに取り残されてしまっては、サントリーも生き残れんようになる」との考えから、大阪にあった本社機能をサントリー創業90周年となる1988年に時期を前倒しして、東京・赤坂の東京支社(当時)へと移すことになる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「黒い"怪物"」『ほんものの酒を! あなたはニセモノを飲んでいる』 日本消費者連盟(編著)、三一書房〈三一新書 告発シリーズ〉、1982年8月15日、第1版第6刷、118頁。

外部リンク[編集]