サントリータコハイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サントリータコハイは、1983年サントリー(現・サントリー酒類)から発売された、マイルドウォッカ炭酸で割った缶入りのアルコール飲料である。

歴史[編集]

1980年代の居酒屋ブーム、酎ハイブームを背景に、サントリーが開発した製品。当時、サントリーは焼酎の製造免許を取得していなかったため、実際は甲類焼酎の「サントリー樹氷」をスピリッツ規格の「マイルド・ウォッカ」と称して販売していた。このため焼酎をベースに炭酸で割ったハイボールである「酎ハイ」との差別化と、樹氷の消費拡大を狙って「タコハイ」の名称で飲み方を提案し、缶入り飲料を発売した。当初は「サントリー樹氷 タコハイ」という名称だったが、のちに1993年、焼酎の製造免許を取得すると、「サントリータコハイ」に変わった。

かつては180ml缶(のちに容量が上がり200ml缶に替わる。その他300mlボトルも存在した)で発売されていたが、他社からの競合商品が次々と登場したことにより、次第にシェアが落ち込み、1999年以降は1000mlボトルのみでの販売となり、その後、同社の後発の酎ハイ(例・「-196℃」「カロリ。」「スーパーチューハイ」等)に押されるようなカタチで、製造中止ならびに販売終了となった。

現在は、大阪を中心に立ち飲み、串揚げ店、居酒屋やスナックなどの飲食店で、「タコハイ」を飲むことができる。しかし、その多くは甲類焼酎をベースに炭酸で割ったもので、名称は「タコハイ」だが、製法や成分は酎ハイと変わらない。

CM[編集]

1982年コピーライター仲畑貴志女優田中裕子を起用して、企画制作されたサントリー樹氷のCM「タコなのよ、タコ。タコが言うのよ。」が放映されて評判を呼び、当時の流行語になる。その当時、居酒屋を中心に酎ハイブームが起こっていたこともあり、樹氷をそのまま酎ハイベースにし、その「タコ」をイラストに仕立てて、タコハイが誕生する。

仲畑はサントリーのCM企画で、たびたび田中を起用したCMを放映し、樹氷→タコハイと立て続けに田中をCMに起用。CMはそれぞれ評判を呼び、コピーライターとしてだけでなく、CM企画者としての仲畑の評価も高まった。ちなみに仲畑は「なぜあのCMでタコというフレーズを使ったのか」という質問に対して、「嫁入り前の年齢になったいいとこの娘さんを持った父親をイメージしていたら、当時の雰囲気と簡潔な表現を求めてゆく内に、結果としてタコに行き着いた」という風に語っている[1]

その他[編集]

  • 瓶に描かれていたイラストのタコボーイはひこねのりおによるもの。そのすっとぼけたユーモラスさが評判となり、過去には当時TBS系で放送されたアニメ「超時空要塞マクロス」で、原画制作サイドのお遊びにより、一条輝の搭乗するバルキリーから発射されるミサイルにマークとして使われたことがある[2] 。ちなみに「マクロス」では同じくミサイルのマークに、当時サントリーがライセンスを取得し、国内で製造販売していたバドワイザーのマークの入ったミサイルも描かれている。
  • 子供がジュースと間違えて飲んでしまう事例を多数引き起こしたことも受けて、「これはお酒です」という注意を促す表記が缶に記された最初の製品でもある[要出典]
  • ライバルの宝酒造は「タカラCanチューハイ」のCMにたこ八郎を起用し、ボクサー姿のたこ八郎がパンチで殴られるCMをオンエアし、事実上の比較広告となった[要出典]。なお、たこ八郎はサントリーの「ジンフィズ」のCMにも出演していた。
  • サントリーがタコハイを送り出してから1年後の1984年に、「ビーハイ」という商品が発売される。その名のとおりビールを焼酎で割ったもので、今日の「第三のビール」(新ジャンルアルコール飲料。このタイプのものは「第四のビール」とも呼ばれる)の元祖であり、ある意味ルーツ的な商品ともいえる。
  • この他1985年頃には、あらかじめ味がつけられたエキスに、ソーダを加えるだけでタコハイが楽しめる「タコハイの素」が発売されている。味はプラムとレモンライムの2種類が存在した。
  • 田中裕子がCM出演していた時期のコマーシャルソングは、当時まだBOØWYがブレイクする以前だった布袋寅泰が手掛けている。

脚注[編集]