サブウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サブウェイクラブ サンドイッチ(アメリカテキサス州
サブウェイの店舗内

サブウェイ英語: SUBWAY)は、アメリカに本社を置くファーストフードチェーン店。サブマリンサンドイッチという長楕円形のサンドイッチを主力商品としており、世界店舗数は2013年1月時点で3万8374店[1]と、マクドナルドの約3万4000店[2]を超える世界最大の飲食店チェーンでもある。

歴史[編集]

アメリカ・コネチカット州ブリッジポートフレッド・デルーカ英語版ピーター・バック英語版1965年に「ピーツ・スーパー・サブマリンズ」(Pete's Super Submarines)として創業を開始し、1974年に現社名に変更された。

現在の本社は同州ミルフォードにあるが、アメリカ国外の展開についてはオランダアムステルダムに本社を置くSubway International B.V.が統括している[3]

由来[編集]

SUBWAYという名称は、潜水艦型のサブマリンサンドイッチ(SUBMARINE SANDWICH)を客の好み(YOUR WAY)に作ることから。

日本国内での展開[編集]

日本サブウェイ株式会社
SUBWAY JAPAN,INC.
Subway restaurant.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-8515
東京都港区赤坂三丁目8番8号 赤坂フローラルプラザビル4階
設立 1991年10月16日
業種 小売業
事業内容 サンドイッチチェーンのフランチャイズ事業
代表者 及川直昭(代表取締役社長)
資本金 1億円(2009年12月31日時点)
売上高 146億8,000万円(2011年12月期[4]
純利益 △6,536万9千円(2009年12月期)
純資産 △10億5,613万3千円
(2009年12月31日時点)
総資産 12億1718万5千円
(2009年12月31日時点)
従業員数 60人
決算期 12月末日
主要株主 Subway International B.V. 65%
サントリーホールディングス 35%
外部リンク http://www.subway.co.jp/
テンプレートを表示
サブウェイ 立命館大学BKC店

概要[編集]

日本ではサントリーホールディングス子会社として日本サブウェイ株式会社を設立し、1991年にアメリカのSUBWAY社とマスターフランチャイズ契約を締結し、直営店、フランチャイズ加盟店の両輪で展開している。当初はアメリカと全く同じメニューのみを用意していたが、売り上げが伸び悩んだことから後に日本国内限定メニューを用意し、またパン生地についても「欧米人と違い、日本人は唾液が少ない」ことから1999年に国内専用の「しっとり生地」を採用するなどして新規顧客の獲得に成功している[5]。2013年1月現在、日本国内では424店舗を展開している[6]。また、開業当初は全席禁煙だったが1992年には喫煙席を設置し、当時店頭には「喫煙席を設置しました」と堂々と掲示していた。2013年現在でも一部店舗を除いて喫煙席は設置されており、禁煙席とは特に仕切られていないことが多い。なお、喫煙席があるのは日本のみである。

パンの種類は通常メニューで選択できるのはウィート、セサミ、ホワイト、ハニーオーツの4種。2013年11月からは『第5のパン』としてフラットブレッドを投入、限定メニュー先行で、以降通常メニューにも利用できるようにする予定。

2016年3月末でフランチャイズ契約が切れることから、サントリーでは日本サブウェイ株式の65%をサブウェイのオランダ法人に売却した[7]。以後日本国内展開についてはサブウェイ本社の直轄となるが、サントリーも飲料の納入等での関与を続けるため株式の一部保有は続け、出向している経営陣も一部残留する[8]

未出店の県[編集]

2015年4月20日現在、47都道府県のうちサブウェイが出店していない県は島根県鳥取県[9]の山陰2県である。

世界展開[編集]

サブウェイ店舗の世界分布

南北アメリカヨーロッパアジアアフリカオセアニアにフランチャイズを展開しており、日本においてはサントリーホールディングスとSubway International B.V.の合弁会社日本サブウェイ株式会社が国内展開している(前述)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]