プロントコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社プロントコーポレーション
PRONTO CORPORATION
種類 株式会社
略称 PRONTO
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南1-8-27
日新ビル
設立 1988年2月1日
業種 小売業
法人番号 8010401026511 ウィキデータを編集
事業内容 PRONTO、ワインの酒場。ディプント、PRONTO IL BAR、和カフェ Tsumugi、エプロント等の企画・運営・経営及びフランチャイズ展開とコンサルティング
代表者 代表取締役社長 竹村典彦
資本金 1億円
売上高 263億円(2017年度実績)
純利益 ▲10億1783万4000円
(2021年12月31日時点)[1]
総資産 67億6945万4000円
(2021年12月31日時点)[1]
従業員数 299名(2020年12月末現在)
主要株主 サントリー65%、UCC上島珈琲35%
外部リンク https://www.pronto.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社プロントコーポレーションPRONTO Corporation) は、東京都港区港南に本社を置く、「昼はカフェ、夜はサカバ。PRONTO(プロント)」・「ワインの酒場。ディプント」・「PRONTO IL BAR(イルバール)」・「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」・「エプロント」等の喫茶店チェーン、酒場チェーンを運営する企業である。

会社概要[編集]

サントリーUCC上島珈琲が共同出資し、1988年2月1日に「株式会社ブレス」として設立された。第1号直営店は東京都中央区銀座に出店された。その後事務所の移転等を経て、1995年2月1日に現在の社名に変更した。

昼はカフェ、夜は酒場業態となる「PRONTO(プロント)」を展開する。「PRONTO(プロント)」のほか、2000年からは、完全なカフェ業態である「CAFE SOLARE」の出店を開始。2001年に「プロントルネッサンスプロジェクト」、2021年に「リブランディングプロジェクト」が策定され現在のデザイン「太陽と月のダンス」と二面性をキーワードにイメージした新ロゴマークにモデルチェンジ。海外では、上海、シンガポール、台湾展開を開始している。

ほぼ全店舗で、フリーWi-Fiやコンセントが使用できるサービスも提供されている。

一部の店舗は、店舗検索に掲載されておらず、会社のビル内にあり、勤務する人専用のため、一般の人は使用できない。

店舗[編集]

主に三大都市圏政令指定都市など都市部を中心に出店しており、現在は全国で300店舗以上を展開している。(海外含む、2021年12月時点)

プロントは、進化し続ける二面性として、「昼はカフェ、夜はサカバ。」という「二面性」をキーワードに、 常に新しい食文化を提案する飲食空間を提供。働く人がいつでも立ち寄れる、使い勝手の良い空間を一日中用意している。2021年4月に変更したロゴマークは、これまで積み上げてきたプロントの「二面性」をコンセプトとして、変化が加速する時代においても、この独自性と、理念実現に向けた変わらぬ意思が伝わるよう、シンプルで力強いデザインに仕上げている。仕事前や休憩時間に立ち寄れて、人々が集うコミュニティともいえるカフェ空間として、 また、仕事終わりに仲間と気軽に集え、会話が弾むキッサカバ空間(※)として、カフェとサカバ、プロントならではの「二面性」をキーワードに、デザイン性を高めた新しいプロントリブランディングを実施した。

2021年春に登場したキャラクター変わらないひと「Mossy(もっしー)」は、変わろうとするプロントをさめた目で見ている。

※「キッサカバ(喫茶酒場)」

酒場でありながら、喫茶店のような懐かしさやワクワク感のある空間やおつまみ、お酒を提供する空間をプロント流に「キッサカバ」と提唱。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]