鳥井信宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とりい のぶひろ
鳥井 信宏
生誕 (1966-03-10) 1966年3月10日(55歳)
日本の旗 日本 大阪府
出身校慶應義塾大学経済学部
ブランダイス大学大学院修了
職業実業家
鳥井信一郎(父:サントリー第3代社長)
親戚鳥井信治郎(曽祖父:サントリー創業者・初代社長)
小林一三(曽祖父:阪急電鉄第3代社長)
佐治敬三(大叔父:サントリー第2代社長)
鳥井道夫(大叔父:サントリー名誉会長)
佐治信忠(従叔父:サントリー第4代社長)
鳥井信吾(従叔父:サントリーホールディングス副会長)

鳥井 信宏(とりい のぶひろ、1966年昭和41年〉3月10日 - )は、日本実業家サントリーホールディングス創業者・鳥井家本家の鳥井信一郎の長男で鳥井信治郎曾孫にあたり[1]、サントリーホールディングス代表取締役副社長を務める。

略歴・人物[編集]

大阪府出身。日本興業銀行を経て、1997年(平成9年)サントリー入社。

ザ・プレミアム・モルツ」の戦略部長として、モンドセレクションの最高金賞を3年連続で受賞させる。2009年には欧州の清涼飲料メーカーであるオランジーナシュウェップス社を33億ドルで買収、サントリーの持ち株会社体制への移行に伴い、2009年4月にサントリーHDの執行役員、常務、専務を歴任後、サントリー食品インターナショナルの社長に就任[2]。2016年に退社してサントリーホールディングス代表取締役副社長となった[3]

非上場のサントリーでは、創業者・鳥井信治郎の次男で母方の姓を継いだ佐治敬三が2代目社長に就任し、創業者一族の鳥井家と佐治家の直系が交代して社長を4代務めており、産経新聞によると、「信宏氏がいずれ(サントリーホールディングスの)社長に就任することは、誰もが認める既定路線」という[4]

年譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]