デカビタC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デカビタC
種類 栄養飲料
製造元 サントリーフーズ
販売元 サントリーフーズ
発祥国 日本
黄色
関連商品 1992年[1]
テンプレートを表示

デカビタC(デカビタシー、DEKAVITA C)は、サントリーフーズが発売している栄養飲料

概要[編集]

1992年に販売開始。炭酸入りの栄養飲料である。発売当時の栄養飲料は100ml前後のが定番商品であったが、瓶では異例の大容量210mlで販売。デカビタCのネーミングも"デッカイビタミンC"からきている。

商品開発のきっかけは、担当者がに向かう小学生が競合企業の栄養炭酸飲料を2本まとめて持っている姿を見たことである。90年代初頭、一般に浸透している栄養素はビタミンCぐらいしかなく、そのビタミンCがたくさん入っていることがシンプルに伝わったことがヒットにつながったとブランド開発担当が後に振り返っている[1]

広告には競合ドリンクがプロ野球選手を登場させていたのに対し差別化を図り、三浦知良を起用。Jリーグが開幕した年(1993年)と重なり、商品ヒットにつながった[1]

その後、栄養ドリンク市場全体が下降傾向に入り、2000年代初頭から売り上げが伸び悩むこととなる。デカビタCも広告展開が縮小し、テレビコマーシャルも2002年に一時停止する。2000年代後半にペットボトルの栄養炭酸飲料や、缶タイプのエナジードリンクが消費者から支持され始め、再び注目される。デカビタCも2006年コンビニチェーン限定のボトル缶タイプし、2011年には500mlのペットボトルのデカビタC ダブルチャージを販売している。2017年にペットボトル版に焦点をあてたテレビコマーシャルを放映し、15年ぶりにテレビコマーシャルが再開した[1]

製品ラインナップ[編集]

  • デカビタC
  • デカビタC ゼロ
  • デカビタC 240ml缶
  • デカビタC ダブルスーパーチャージ[2]
  • デカビタC ゼロ マルチビタミン
  • デカビタC スポーツゼリーW

製造終了[編集]

  • デカビタCパワーボンベ
    • 夏シーズンにコンビニエンスストア限定で販売していた490mlのボトル缶。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “激戦の栄養ドリンク市場、サントリー「デカビタC」 がビタミン×大容量で25周年”. 宣伝会議デジタル版. (2017年7月). https://mag.sendenkaigi.com/senden/201707/long-selling-brand/011035.php 2019年3月21日閲覧。 
  2. ^ a b Inc, Natasha. “「全力すぎー!」なCMにブラマヨ出演、連動番組「全力TV」も始動(動画あり / コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]