γ-アミノ酪酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
γ-アミノ酪酸
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 56-12-2 チェック
PubChem 119
ChemSpider 116 チェック
UNII 2ACZ6IPC6I チェック
日化辞番号 J1.375G
KEGG D00058
MeSH gamma-Aminobutyric+Acid
ChEMBL CHEMBL96 チェック
IUPHARリガンド 1067 チェック
特性
化学式 C4H9NO2
モル質量 103.12 g/mol
融点

203.7 °C, 477 K, 399 °F

酸解離定数 pKa 4.23(カルボキシル基), 10.43(アミノ基)[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

γ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん)または4-アミノ酪酸(IUPAC名 4-aminobutanoic acid)は、アミノ酸のひとつで、主に抑制性の神経伝達物質として機能している物質である。

アミノ酪酸にはアミノ基のつく位置によりα-、β-、γ-の3種類の構造異性体が存在するが、γ-アミノ酪酸は、そのうちのひとつである。英語名の γ(gamma)-aminobutyric acid の頭文字をとった略称 GABA(ギャバ)が一般的に広く用いられている。

概要[編集]

脊椎動物の中枢神経系では、主に海馬小脳脊髄などに存在し、また節足動物甲殻類でも神経伝達物質として用いられている(下の項目を参照のこと)。シナプスでは、シナプス前膜から放出され、後膜の膜上にあるGABAに対する受容体タンパク質と結合して作用を発揮する。GABAは、脳内でグルタミン酸のα位のカルボキシル基酵素反応により除かれることによって生成される。また、血液脳関門を通過しない物質であることがわかっており、体外からGABAを摂取しても、それが神経伝達物質としてそのまま用いられることはない。血圧を低下させる作用からか抑制系の反応が現れることもある[2]。また線虫では興奮性の神経伝達物質として機能することも明らかとなった[3]

γ-アミノ酪酸と結合するGABA受容体としては3つのサブタイプが知られており、それぞれGABAA受容体、GABAB受容体、GABAC受容体と呼ばれている。

神経伝達物質として[編集]

グルタミン酸が基本的に興奮性の神経伝達物質であるのに対し、GABAは基本的に抑制性の神経伝達物質である。GABA作動性のニューロンとしては大脳基底核線条体からの投射ニューロン(中型有棘細胞)や、小脳のプルキンエ細胞などがある。

薬理作用[編集]

GABA受容体のアゴニストないし、GABAの量を増加させる薬は、主として鎮静、抗痙攣、抗不安作用を有している。この種の薬はしばしば健忘を引き起こす。

GABA受容体に影響を及ぼす薬としては以下のものがあげられる:

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dawson, R.M.C., et al. (1959). Data for Biochemical Research. Oxford: Clarendon Press. OCLC 559618633. 
  2. ^ 「血圧が高めの方に適する」とされる特定保健用食品がある。GABA含有発酵乳に関する報告があるが、有効性に関する信頼できるデータは不十分。外部リンクの「γ-アミノ酪酸(ギャバ) - 「健康食品」の安全性・有効性情報」参照。
  3. ^ Beg, A. A.; Jorgensen, E. M. (2003). “EXP-1 is an excitatory GABA-gated cation channel”. Nat. Neurosci. 6 (11): 1145-1152. doi:10.1038/nn1136. PMID 14555952. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]