サントリーホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サントリーホワイト
Suntory whisky white 2014.jpg
サントリーホワイト
基本情報
種類 ウイスキー
ブレンデッドウイスキー
度数 40%
主原料 モルトグレーン
原産国 日本の旗 日本
製造元 サントリースピリッツ
販売元 サントリー酒類(二代目)
詳細情報
テンプレートを表示

サントリーホワイトは、サントリースピリッツが製造し、サントリー酒類(二代目)が販売するブレンデッド・ウイスキーの一つである。

サントリーウイスキーの定番銘柄として、「シロ」などの愛称を持ち、1929年に発売された「国産ウイスキー第1号」として、その名を知られている。

歴史[編集]

前史[編集]

寿屋の創業者、鳥井信治郎1907年明治40年)に「赤玉ポートワイン」を発売し、同社の土台を築き上げると、さらに事業の拡大を狙い、海外から入手した模造アルコールを葡萄酒用の樽に入れて、長い期間を置いて寝かせると、熟成したウイスキー[注釈 1]になることを知った鳥井は、新たな事業の立ち上げとしてウイスキーを選ぶと共に、当時は未踏の国産ウイスキー製造に乗り出すことになった。

スコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造を学んだ竹鶴政孝を招聘し、1924年大正13年)よりウイスキーの製造を開始する。当時まだ規模の小さな洋酒メーカーに過ぎなかった寿屋は、社外から多数の出資者より投資を受けていたこともあり、出資者に対して、製造から販売まで時間がかかることを説明してはいたが、まだ原酒の熟成度合いや、ブレンド等、市場のニーズを十分把握できていなかった中で、資本投下ばかりが続き、出資者から収益が出ないことに批判が上がったこともあり、1929年昭和4年)に国産ウイスキー第1号となる製品を「サントリー白札」と名付けて出荷、販売される。

鳥井が高額を払って招き入れたアドライター片岡敏郎の手による「醒めよ人! すでに舶来盲信の時代は去れり 酔わずや人 我に國産至高の美酒 サントリーウヰスキーはあり!」とのコピーが書かれた広告が全国紙に掲載されるなど、その宣伝展開ぶりが評判を呼ぶなどした。

満を持して発売された白札だったが、市場からの反応は「ピート臭が強く、飲みにくい」といった不評が多数を占め、寿屋へは白札の返品が相次いだ。国産ウイスキー第1号は見る影もなく、失敗に終わることになった。鳥井と竹鶴はこの失敗にもめげずに、この1年後の1930年(昭和5年)に、ブレンドを変えた廉価版ウイスキーとして「サントリー赤札」(現在のサントリーレッド)を発売するも、これも空振りに終わり、赤札は製造中止となった。

試行錯誤を重ねて[編集]

こうした失敗に怖気づくこともなく、その失敗で得た経験を踏まえながら、鳥井は竹鶴に長男・鳥井吉太郎をウイスキー製造の責任者として、教育を任せる[注釈 2]と共に、休むことなく原酒の仕込みを続けてゆく。ピートの焚き方、蒸溜の仕方など試行錯誤を繰り返しながら、1932年(昭和7年)には「サントリー十年ウヰスキー 角瓶」、1935年(昭和10年)には「サントリー特角」などのウイスキーを発売し、徐々に手応えをつかんでゆく。そして1937年(昭和12年)10月8日に、満を持して発売された「サントリーウイスキー12年」(現・サントリー角瓶)で遂に成功を手にすると共に、誰もが無理だと信じていた国産ウイスキー事業を成し遂げることになる。

戦後を経て[編集]

これと共に、かねてから発売されていた白札も、山崎蒸溜所の原酒が熟成されてきたことで改良が進み、発売当初のピート臭の強過ぎた味から、甘味を感じさせないシャープでキリッとした味を基本としている。1962年(昭和37年)に佐治敬三が寿屋の2代目社長に就任し、サントリーに社名変更が成された2年後「サントリーホワイト」へと商品名が変わり、時代が移り変わってゆく中にあっても、「角瓶」や「オールド」と同じく現在に至るまでサントリーの定番製品として存続し続けている。

その他[編集]

サントリーウイスキー白札復刻ラベル
  • ボトルは現在に至るまで640mlの茶色瓶で発売され続けているが、1980年代に一時「ホワイトエクストラ」で販売されていた際は、当時のサントリーウイスキーの「向獅子マーク」を擁したモダンなラベルで発売されていたことがある。また瓶も茶色瓶ではなく、緑色の瓶で発売されていた。1989年平成元年)4月の酒税法改正(ウイスキー級別廃止)に伴い発売された新ホワイトはグリーンボトル720mlであった。
  • 現在に至るまでアルコール度数は40度と変わらないが、2000年(平成12年)にクリアボトルにモダンラベルのパッケージで発売された「ホワイト・スーパークリーン」のみ、アルコール度数37度で販売されていた(現在「ホワイト・スーパークリーン」は製造中止)。
  • 「イメージが崩れる」と長くCM出演を拒否していた菅原文太が1982年にギャラ1億円で[1]サントリーホワイトのCMに出演した[2]。「あんたも発展途上人」などのコピーで、数シリーズ流されたが、中でも菅原の当たり役である『仁義なき戦い』の広能昌三イメージで広島弁を喋る「社長さんも..大臣も..飲むときは、タダの人じゃけえ....のう!」などは強い印象を残した。
  • 1995年(平成7年)にはアルコール度数を焼酎甲類と同等の25%におさえ、税制上リキュール扱いとなる「サントリーホワイト25」が発売されている。当時放映されたCMには小林旭が出演していた。
  • 2014年後期のNHK連続テレビ小説マッサン』では、サントリー白札のモデルとなる「鴨居ウイスキー」なる物が劇中で登場した。鳥井信治郎がモデルである「鴨居欣次郎」(演:堤真一)が開発した国産初のウイスキーという設定で、広告のキャッチコピーも「目醒めよ日本人、舶来品の時代は去りぬ! メイドインジャパンここに極まれり!」と本家を彷彿させる物となっていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 詳しくはトリスウイスキーの項目を参照。
  2. ^ のちに竹鶴は1934年(昭和9年)に後続の技師が育ったことを理由に、寿屋を退社し、北海道余市に大日本果汁(今のニッカウヰスキー)を設立し、ウイスキー製造を開始する。
  3. ^ この他1998年(平成10年)の酒税法改正に伴う新価格による販売告知のCMでは、サックスを吹くマイルス・デイビスナット・キング・コールが歌う「L-O-V-E」などがフィーチュアリングされたクレイアニメによるCMが放映されていた。

出典[編集]

外部リンク[編集]