エディ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Eddie Gómez
Eddie1.png
2010年5月チリサンチャゴにおけるチック・コリアとのツアーで
基本情報
出生名 Edgar Gómez
生誕 (1944-10-04) 1944年10月4日(73歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ サンチュース
ジャンル ジャズ, ジャズ・フュージョン
職業 演奏家, バンドリーダー
担当楽器 ダブルベース
活動期間 1959–present
レーベル コロムビア・レコード
共同作業者 ビル・エバンス, チック・コリア, マーク・クレイマー, ステップス・アヘッド
公式サイト http://www.eddiegomez.com/

エドガー・ "エディ"・ゴメス (Edgar "Eddie" Gómez1944年10月4日 - )は、プエルトリコ・サンチュース生まれのジャズベーシスト。 主にダブルベースを演奏する。 1966年から1977年の間、ビル・エヴァンス・トリオに加入していたことで有名となった。

経歴[編集]

ゴメスは幼い頃、プエルトリコからニューヨークに家族と一緒に移住してきた。[1] 11歳でニューヨーク市の公立学校でダブルベースを始め、13歳になってニューヨーク市立芸術高等学校に通学した。1959から1961の間ニューポート・フェスティバル・ユース・バンド (リーダーはマーシャル・ブラウン)で演奏し、ジュリーアード音楽院を1963に卒業した。[2]

彼が共演してきたのはマイルス・デイヴィス, ディジー・ガレスピー, ジェリー・マリガン, ベニー・グッドマン, ビル・エヴァンス, マイケル・ブレッカー, ウェイン・ショーター, ロン・カーター, ハービー・ハンコック, トニー・ウィリアムス, アル・フォスター, チック・コリア, のようなジャズの巨人達である。ビル・エバンストリオと合計11年過ごしアメリカ合衆国、ヨーロッパ、アジアでの演奏や数十の録音を行った。[1] トリオの録音の二つはグラミー賞を受賞した。また、マンハッタン・ジャズ・クインテット, ステップス・アヘッドのメンバーであった。

ゴメスのキャリアはほとんどが伴奏者としてのもので、有名ジャズミュージシャンとスタジオミュージシャンとして共演したのみならず、コロムビア・レコード, Projazz 、 Stretchのようなレーベルでリーダーとして録音を行った。[1] 最近の録音はほとんどジャズ・ピアニスト マーク・クレイマーとの共同リーダーで行われている。[2]

ディスコグラフィー[編集]

サイドマンとして[編集]

チック・コリア

  • 妖精 (1976)
  • マッド・ハッター (1978)
  • フレンズ (1978)
  • Three Quartets (1981)

ビル·ブラッフォードとラルフ·タウナー

  • If Summer had its Ghosts (1997)

ビル·エヴァンス

  • A Simple Matter of Conviction (Verve, 1966)
  • California Here I Come (Verve, 1967)
  • Bill Evans at the Montreux Jazz Festival (Verve, 1968)
  • What's New (Verve, 1969)
  • Autumn Leaves (Lotus, 1969)
  • Jazzhouse (Milestone, 1969)
  • You're Gonna Hear From Me (Milestone, 1969)
  • From Left to Right (MGM, 1970)
  • Quiet Now (Charly, 1970)
  • Montreux II (CTI, 1970)
  • The Bill Evans Album (Columbia, 1971)
  • Living Time with George Russell Orchestra (Columbia, 1972)
  • The Tokyo Concert (Fantasy, 1973)
  • Eloquence (Fantasy, 1973)
  • Half Moon Bay (Milestone, 1973)
  • Since We Met (Fantasy, 1974)
  • Re: Person I Knew (Fantasy, 1974)
  • Symbiosis (MPS, 1974)
  • But Beautiful (Milestone, 1974)
  • Blue in Green: The Concert in Canada (Milestone, 1974)
  • Intuition (Fantasy, 1974)
  • Montreux III (Fantasy, 1975)
  • Crosscurrents (Fantasy, 1977)
  • I Will Say Goodbye (Fantasy, 1977)
  • You Must Believe in Spring (Warner Bros., 1977)

アート·ファーマー

ミック・グッドリック

  • In Pas(s)ing (ECM, 1979)

'"With Jack DeJohnette"'

  • "New directions in Europe (ECM, 1980)

マイク·ノック

  • Ondas (ECM, 1981)

佐藤 允彦

  • Chagall Blue (1980)
  • Amorphism (1985)

エウジェニオ・トゥーサン

  • Oinos (Música para beber vino) (2008)

ラルフ·タウナー

  • Batik (ECM, 1978)
  • Old Friends, New Friends (ECM, 1979)

ジョアン·ブラッキー

  • Keyed In (Tappan Zee Records – JC 36075, 1979)
  • Ancient Dynasty (Tappan Zee Records – JC 36593, 1980)
  • Where Legends Dwell (Ken Music, 1992) OCLC 26472759

ガブリエル・ヴィセンス

  • Point In Time (2012)

クロノス・カルテット

  • Music of Bill Evans (1986)

ソロアルバム[編集]

  • Down Stretch (Black Hawk Records, 1976)
  • Gomez (with Chick Corea and Steve Gadd, Interface Records, 1984)
  • Next Future (GRP records, 1993)

出典[編集]

  1. ^ a b c Yanow, Scott. Allmusic biography of Eddie Gómez.. Retrieved September 2009.
  2. ^ a b All About Jazz entry for Eddie Gomez.. Retrieved September 2009.

外部リンク[編集]