ジャック・ディジョネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・ディジョネット
Jack DeJohnette.jpg
基本情報
出生名 Jack DeJohnette
生誕 (1942-08-09) 1942年8月9日(76歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州
シカゴ
ジャンル ジャズ
担当楽器 ドラム
活動期間 1961年-
レーベル マイルストーン・レコード
プレスティッジ・レコード
ECMレコード
MCAレコード
ブルーノート・レコード
コロムビア・レコード
共同作業者 チャールズ・ロイド
ビル・エバンス
マイルス・デイヴィス
ジョン・アバークロンビー
キース・ジャレット

ジャック・ディジョネットJack DeJohnette , 1942年8月9日 - )は、アメリカジャズ・ミュージシャン、ドラマーピアニスト

来歴[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれ。

ドラムンベースのパターンを比較的初期に生み出している。 1960年代半ばよりR&Bのバンドや幾多のジャズのグループ、ロスコー・ミッチェルのAACMに参加したのちサン・ラジャッキー・マクリーンリー・モーガンチャールズ・ロイド・カルテットなどのグループでキャリアを構築した。チャールズ・ロイド・カルテットではキース・ジャレットと一緒の時期を過ごした。また、ビル・エバンスとのピアノトリオでの録音も残している(『at the Montreux Jazz Festival』)。

1968年トニー・ウィリアムスの後任としてマイルス・デイヴィスのグループに選ばれる。レコーディング作品『ビッチェズ・ブリュー』や『オン・ザ・コーナー』などの歴史的名盤に参加、いわゆるエレクトリック・マイルス・サウンドの構築者としてだけではなく白人ヒッピーの聴衆の前でもフィルモアやイギリスのワイト島のフェスティヴァルに参加して演奏の録音をのこしている。 幼い頃からピアノも学んでおり、鍵盤ハーモニカを演奏した1968年のリリース作品『Jack Dejohnette Complex』ではロイ・ヘインズ1974年発表のアルバム『ジャッキーボード』では、ドラムをジョージ大塚に任せ、ジャックはピアノとを担当している。パット・メセニー曰く「マッコイ・タイナーのようなスタイル」。また、余技としてベース演奏もこなし、かなりの腕前である。

マイルス・ディヴィス・グループを抜けた1970年代前半にはECMレコードにてデイヴ・ホランドと共にチック・コリアのレコーディングに参加、自己のグループではギタリストのジョン・アバークロンビーと組み、ディレクションズ、ニュー・ディレクションズの2つのグループで活動し、レスター・ボウイディヴィッド・マレイらとのスペシャル・エディション、ジョン・サーマンやまたゲイリー・ピーコックと共にキース・ジャレットとのスタンダーズ・トリオの活動の録音作品等を残している。

ハービー・ハンコックマイケル・ブレッカージョン・スコフィールドら、ジャズ界のトップ・アーティスト達の活動を支えるファースト・コール・ドラマーとして活躍した。

2000年代中頃から、プライベート・レーベルGolden Beamsを運営し、自身の作品をリリースしている。 2009年、第51回グラミー賞(最優秀ニューエイジ・アルバム賞)受賞。2012年、ユナイテッド・ステイツ・アーティスツ英語版のフェローに選出された[1]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

双頭リーダー作品[編集]

With Gateway (with John Abercrombie and Dave Holland) (英語)

With David Murray

With Foday Musa Suso

  • Music from the Hearts of the Masters (Golden Beams, 2005)

With Trio Beyond (with John Scofield and Larry Goldings)

With John Patitucci and Danilo Perez

  • Music We Are (with DVD, Golden Beams, 2009)

With The Super Premium Band (with Kenny Barron and Ron Carter)

  • Sounds of New York (Eastwind, 2011)

脚注[編集]

外部リンク[編集]