MCAレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MCAレコード(MCA Records, Inc.)はアメリカ合衆国のレコード会社。総合娯楽企業ミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカ(MCA)の音楽部門である。母体はイギリスデッカ・レコード(英デッカ)の米国法人(→米デッカ)。MCAは米デッカを1962年に買収し、1973年にMCAレコードと改名した。(詳細は英文での説明を参照)

1996年ユニバーサルミュージックと改名。1998年にはポリグラム(英デッカを傘下に持つ)と合併して世界最大級のレコード会社となる。

沿革[編集]

日本での事業[編集]

MCAレコード[編集]

日本ビクター(現:JVCケンウッド)の音楽レコード事業部(後にビクター音楽産業へ分社・独立を経てビクターエンタテインメント → JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントとなる)が販売を担当していた。ビクターからの販売時には、一時期邦楽も手懸けていた。

MCAビクター/ユニバーサルビクター[編集]

  • 1990年 - 松下電器産業(現:パナソニック)・日本ビクター・ビクター音楽産業の3社の出資によって、MCAビクター株式会社設立。
  • 1991年 - 発売開始。但し、当初は前発売元のワーナーミュージック・ジャパンより移管した旧譜を中心としたラインナップだった。
    • J-POPアーティストでは、10月に第一弾として浜田麻里のシングル・アルバムを皮切りに、LUNA SEA中森明菜hide少年ナイフなどが所属。
    • 設立当初はビクターエンタテインメントのInvitationレーベルのスタッフが制作に携わっていた為、MCAから発売された浜田麻里やLUNA SEAの原盤はビクターが保有している。
  • 1997年7月 - ユニバーサルビクターに社名変更。
  • 2000年5月 - ユニバーサル ミュージックLLCに制作、宣伝を統合。
  • 現在では旧ポリグラム系(ポリドールマーキュリー、英デッカ、等)共々、ユニバーサルミュージックに統合されている。
  • その過程で2000年頃から2003年の間は、旧ポリグラム系を含めて販売をビクターエンタテインメントに委ねていた。

※ MCAビクター設立前はワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)が販売を担当していた。

所属したことのあるアーティスト[編集]

関連項目[編集]