レスター・ボウイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レスター・ボウイ
Lester Bowie 1978 moers.jpg
1978年
基本情報
生誕 (1941-10-11) 1941年10月11日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州フレデリック
死没 1999年11月8日(1999-11-08)(58歳)
ニューヨーク州ブルックリン
職業
担当楽器
  • Trumpet
  • flugelhorn
  • percussion
活動期間 1965–1999
レーベル
共同作業者

レスター・ボウイ: Lester Bowie1941年10月11日 - 1999年11月8日)は、アメリカのジャズ·トランペッター作曲家

Association for the Advancement of Creative Musicians(以下AACM)のメンバーで、アート・アンサンブル・オブ・シカゴを結成した。

生い立ち[編集]

メリーランド州フレデリックのバートンビルに生まれ、ミズーリ州セントルイスで育つ。バートンビルは歴史ある黒人集落で、ボウイ家はフレデリック郡のリンガノア・バートンズビル地区に長いルーツがある。

5歳の時にプロミュージシャンである父からトランペットを学び始めた。

影響を受けたミュージシャンにルイ・アームストロングを挙げている。ドキュメンタリー『ケン・バーンズ・ジャズ』第二章にて「最初のアイドルの1人はルイ・アームストロン]だった。ほんとうにルイを偶像視していた。ルイのようになりたかったんだ。キング・オリヴァーシカゴにルイを呼んだ話は全部読んだよ」と語っている。

ブルースのリトル・ミルトンとアルバート・キング、そしてリズム&ブルースソロモン・バーク、ジョー・テックス、ルーファス・トーマスと演奏した。

1965年、歌手フォンテラ・ベースの音楽監督、そして夫となる。

セントルイスでブラック·アーティスト・グループ(BAG)を結成。

1966年シカゴに移住し、スタジオ·ミュージシャンとして活躍。ムハル・リチャード・エイブラムスとロスコー・ミッチェルと出会い、AACMに参加。

アート・アンサンブル[編集]

1984年 ハンブルグにて

1968年に、アート・アンサンブル・オブ・シカゴをミッチェル、ジョセフ・ジャーマン、 w:Malachi Favorsと結成。

レスターは生涯グループのメンバーであり続け、ジャック・ディジョネットのNew Directions quartetのメンバーでもあった。

ジャマイカアフリカに住み、フェラ・クティと演奏し、レコーディングした。

レスターの二つ分けのあごひげと白衣はアート·アンサンブルのステージショーにおけるトレードマークでもあった。

1984年、「レスター·ボウイのブラス・ファンタジー」(ノネット)を結成。アート·アンサンブルよりもポピュリスト的なアプローチをとり、ホイットニー・ヒューストンマイケル・ジャクソンマリリン・マンソン、そしてスパイスガールズの曲を演奏し、時おり真面目な楽曲を演奏した。

彼の「ニューヨーク·オルガン・アンサンブル」にはジェームズ・カーターとアミナクロディーヌ・マイヤーズがいた。

1980年代半ばには、テナーサックス奏者のチコ・フリーマン、アルト・サックス奏者のアーサー・ブライス、ドラマーのFamoudouドン・モイエ、ピアニストのカークLightsey、そしてベーシストのセシル・マクビーと共に、ジャズのスーパーグループ「リーダーズ」の一員であった。

音楽性ほか[編集]

アヴァンギャルドと見られるが、ボウイはジャズトランペットの全体の歴史から技術を採用し、汚い音・破裂音・うなり音・ハーフバルブ効果などを使い、ユーモアを混ぜている。

レゲエスカへの愛は「Ska Reggae Hi-Bop」などの曲に見られ、Skatalitesと1994年のアルバム『Hi-Bop Ska』にて同曲を演奏、James Carterとは「Conversin' With The Elders」という楽曲にて演奏した。

1994年、Red Hot Organizationのコンピレーション・アルバム『Stolen Moments: Red Hot + Cool』に参加。同作はAIDSチャリティー作でタイム誌のアルバム・オブ・ザ・イヤーとなった。

ボウイは多種多様な音楽アプローチを志していたため、ウィントン・マルサリスの保守的アプローチを批判していた。マイルス・デイヴィスはアート・アンサンブルの作品を褒め、「レスターボウイはいつだってヒップな演奏をするよな」とインタビュー集『マイルスオンマイルス』で発言している。

死と死後[編集]

1999年、2番目の妻であるデボラと20年間暮らしていたブルックリンの家で肝臓がんにより他界。生まれ故郷のバートンズビルに埋葬された。

翌年Down Beat誌の「ジャズの殿堂」入り。

2001年、アート・アンサンブル・オブ・シカゴはレスターへの追悼作『Tribute to Lester』をリリースしている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

Title Year Label
Numbers 1 & 2 1967 Nessa
Gittin' to Know Y'All (features Bowie conducting the Baden-Baden Free Jazz Orchestra) 1970 MPS
Fast Last! 1974 Muse
Rope-A-Dope 1976 Muse
African Children 1978 Horo
Duet (with Phillip Wilson) 1978 Improvising Artists
The 5th Power 1978 Black Saint
The Great Pretender 1981 ECM
All the Magic 1983 ECM
Bugle Boy Bop (with Charles "Bobo" Shaw) 1983 Muse
Duet (with Nobuyoshi Ino) 1985 Paddle Wheel

Lester Bowie's Brass Fantasy[編集]

Title Year Label
I Only Have Eyes for You 1985 ECM
Avant Pop 1986 ECM
Twilight Dreams 1987 Venture
Serious Fun 1989 DIW
My Way 1990 DIW
Live at the 6th Tokyo Music Joy (with the Art Ensemble Of Chicago) 1990 DIW
The Fire This Time 1992 In & Out
The Odyssey Of Funk & Popular Music 1999 Atlantic
When the Spirit Returns 2003 (recorded Oct. 1997) Dreyfus Jazz

Lester Bowie's New York Organ Ensemble[編集]

Title Year Label
The Organizer 1991 DIW
Funky T. Cool T. 1992 DIW

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ[編集]

リーダーズ作品[編集]

参加作品[編集]

David Bowie

Jack DeJohnette

Brigitte Fontaine

  • Comme à la Radio (Saravah, 1971)

Melvin Jackson

  • Funky Skull (Limelight, 1969)

Fela Kuti

Frank Lowe

  • Fresh (Freedom, 1975)

Jimmy Lyons

  • Free Jazz No. 1 (Concert Hall, 1969)
  • Other Afternoons (BYG, 1970)

Roscoe Mitchell

David Murray

Sunny Murray

  • Sunshine (BYG, 1969)
  • Homage to Africa (BYG, 1969)

Charles Bobo Shaw

  • Under the Sun (Freedom, 1973)
  • Streets of St. Louis (Moers Music, 1974)

Archie Shepp

Alan Silva

  • Seasons (BYG, 1971)

Wadada Leo Smith

  • Free to Dance (Black Saint), 1979 (Marcello Melis)
  • 6 x 1 = 10 Duos for a New Decade (Circle), 1980 (John Fischer)
  • The Razor's Edge/Strangling Me With Your Love (Hannibal, 12"), 1982 (Defunkt)
  • The Ritual (Sound Aspects), 1985 (Kahil El'Zabar)
  • Meet Danny Wilson (Virgin), 1987 (Danny Wilson)
  • Sacred Love (Sound Aspects), 1988 (Kahil El'Zabar)
  • Avoid The Funk (Hannibal), 1988 (Defunkt)
  • Environ Days (Konnex), 1991 (John Fischer)

出典[編集]

参照[編集]

  • Philippe Carles, André Clergeat, and Jean-Louis Comolli, Dictionnaire du jazz, Paris, 1994
  • Ian Carr, Digby Fairweather and Brian Priestley, Jazz: the Essential Companion, London, 1987
  • Richard Cook and Brian Morton, The Penguin Guide to Jazz on CD, 6th Edition, 2002

外部リンク[編集]