コンピレーション・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Various Artistsから転送)
移動先: 案内検索

コンピレーション・アルバム (compilation album) は、何らかの編集意図によって既発表の音源を集めて作成されたアルバム[1]、ないしは、CDのセット[2]。「コンピレーション (compilation)」は「編集」という意味である[3][4]中黒のない「コンピレーションアルバム」とも表記されるほか[5]、「コンピレーションCD[6]、「コンピレーション盤」とも称し、また単に「コンピレーション」といったり、「コンピ[7]、「コンピ盤」と略したり[8]、「編集盤[7]、「編集企画盤[6]、「編集アルバム」として言及されることもある[4]。多くの場合、様々なアーティストの曲を収録するが[8]、特定のアーティストのベスト・アルバムを、コンピレーションと称することもある[9]

コンピレーション・アルバムは、複数のレコード会社の音源を収録することもあるが、音源を借りる側は内容を充実でき、貸す側はリスクなしに印税収入を期待できるという双方にメリットがあるためと説明されている[6]。また、レコード会社が、ラジオ局や雑誌などとタイアップして作成される例もある[1]

また、映画のサウンドトラック・アルバムの中でも、BGM的なインストゥルメンタルではない、歌の入った楽曲を中心としたものは、コンピレーション・アルバムと称されることがある[7]

ポピュラー音楽のヒット曲を集めたコンピレーション・アルバムの制作は、イギリス1980年代から取り組まれるようになり、独自のチャートが作成されるほど市場が成長した[6]日本では1990年代に盛んになったが、特に1993年に発売された『ナウ1』は百万枚ほどを売り上げたとされ[6]、以降は、海外の大物アーティストたちからのコンピレーション・アルベム収録への許諾が得やすくなったとされている[8]

類型[編集]

コンピレーション・アルバムによるある類型には、次のようなものがある。

  • 『グレイテスト・ヒッツ (Greatest hits)』、『ベスト・オブ・〜 (best of)』、『シングルズ・コレクション (singles collection)』などと題された、そのアーティストやグループのよく知られた楽曲を集めたベスト・アルバム。そのアーティストなり、グループが、発売時点でまだ活動中であれば、1曲ないし数曲の未発表曲を収録して、既に他の収録曲を手元に持っているファンたちがそのアルバムを買う気になるよう仕向けるインセンティブとすることがよく行われる[10]
  • 様々なアーティストが収録された特定ジャンル、例えば、ジャズシンセポップロックなどのコンピレーション。これには、特定の年、十年代、時代など、同じ時期のものを集めたものもあれば、共通の主題で構成されたものもあり、サウンドトラック・アルバムはその最も代表的な形態である[11]
  • 様々なアーティストが収録されたヒット曲のコンピレーション。この分野は、1970年代はじめから市場で大きな成功を収めてきた形態である。最近のヒット・シングルの曲が1枚に収録されている。1970年代には、これがLP盤で10曲ないし12曲、あるいはそれ以上が収録されていた。1980年代には、片面に6曲から8曲を収めたアルバムを2枚組で出す形が定番となった。その後は、CDが主流となっており、通常は、CD1枚のものから、2枚組、3枚組になっている[12]

印税[編集]

アメリカ合衆国では、複数のアーティストの曲が収録されている場合、印税は、通常、比例配分される。多くの場合、1枚のレコードの売り上げのうち一定の比率(1999年の時点で典型的には12%から14%)[13]が、そのアルバムに収録されたアーティストの数で割られることになる。しかし、一部のレコード会社は、手続きを簡略化して、収録されたアーティストの数に関係なく、比率であれ、定額であれ、丸めたきりの良い金額で支払う傾向にある。1999年の時点では、レコード1枚につき1%から2%、あるいは、15セントから16セントといった決め方であった[13]。コンピレーション・アルバムに、他のレコード会社の音源を収録する場合、印税はアーティストと原盤権を持つ会社とで分けられる[13]

チャート[編集]

イギリスでは、オフィシャル・チャーツ・カンパニー英語版が、コンピレーション・アルバムの週刊チャートを作成しており、その対象は、様々なアーティストが収録されているコンピレーションと、サウンドトラックのコンピレーションだけに限られている[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b 米田浩子 (1998年6月13日). “聴きたい曲だけ、お好みCD コンピレーション盤が人気 12万枚のヒットも”. 読売新聞・大阪夕刊: p. 9. "ラジオや雑誌が、レコード会社とタイアップしてコンピレーション(編集)CDを出す動きが活発だ。メディア側はステーションイメージをPRでき、提携するレコード会社は電波や誌上での告知メリットに注目する。 ... コンピレーションアルバムとは、あるテーマのもとに、発表済みの曲を編集し直したもの。各レコード会社が手持ちの音源の有効利用も狙って、ここ五、六年、力を入れている。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ “クラシック編集で新傾向 スケルツォやアダージョ集(音楽の風景)”. 朝日新聞・夕刊: p. 10. (1995年5月25日). "ヒット曲を集めて一枚や一セットのCDにして発売するものを、コンピレーション(編集)アルバムといい、最近ではベストセラーになることも珍しくない。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 三省堂 大辞林『コンピレーション』 - Weblio
  4. ^ a b 近藤康太郎 (1993年4月13日). “無名バンドの「編集アルバム」に新傾向(sound)”. アエラ: p. 71. "いまだ世に知られていないバンドの曲を集めた「コンピレーション(編集)アルバム」は、だから重宝する。様々な音楽性のバンドを、一枚に詰めたCDのことだ。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “80年代、もう懐メロです 邦楽ヒット集CD、3社が発売”. 朝日新聞・夕刊: p. 16. (1998年4月30日). "八〇年代 ... 、当時のヒット曲がもう懐メロの仲間入りをしてコンピレーションアルバムになっている。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ a b c d e “最新ヒット曲の編集盤 コンピレーションCD 洋楽市場で空前の人気”. 読売新聞・東京夕刊: p. 7. (1994年10月8日). "... コンピレーションCD(編集企画盤)が、洋楽市場で空前の売れ行きだ。複数のアーチストが競演するのがコンピレーション盤。中で、最近、注目を集めているのは最新ヒット曲集だ。昨年末に発売された「ナウ1」(東芝EMI)は、売り上げ百万枚を突破する勢い。従来は、この種の企画は三万枚がせいぜいだっただけに、驚異的な数字だ。もともと、このシリーズは英国が本家。アルバムの売り上げ活性化を図ろうと十年ほど前に企画され、現在はすっかり定着して編集盤専門チャートまで出来た。... 複数のレコード会社が連携して内容は一層豪華になってきた。「ナウ2」は三社の連携。制作・発売元の東芝EMIに曲を提供したポリドールでは「曲を借りる側は強力な作品を網羅でき、貸す側は宣伝費や在庫のリスクを負わずに印税を確保できる」... と、双方の利点を挙げている。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  7. ^ a b c 近藤康太郎 (1994年3月21日). “映画はサントラのプロモーションか グラミー賞(リポート・音楽)”. アエラ: p. 73. "一方、最近、特に目立つのが、「コンピ(コンピレーション、編集盤)もの」と呼ばれるサントラアルバムだ。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ a b c “消費者への究極の親切企画? コンピ盤が人気(in・short)”. アエラ: p. 71. (1995年5月15日). "様々な音楽家の曲を編集した「コンピレーション・アルバム」が売れている。WEAジャパンでは、四月二十五日から「HITS」シリーズの発売を始めた。マドンナやエリック・クラプトンら洋楽の最新ヒット曲を、原則として一曲ずつ収録している。海外の音楽家の場合、自作を他人の曲と一緒に編集されることに拒否反応が強かった。「日本には、編集アルバムに百万枚規模の市場があることが理解され、超大物からもOKが取りやすくなった」と担当者はいう。... 実際のところ、「編集アルバムの場合、音楽家に支払うロイヤルティーが安く、宣伝のため音楽家を動かさなくていいから、楽」という営業判断があるようだ。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  9. ^ 例えば、華原朋美Tomomi Kahala ‎– Kahala Compilatio - Discogs (発売一覧))などの例がある。ただし、細野晴臣の例など、オリジナルのスタジオ・アルバムに「コンピレーション」という言葉が入る場合もあるので注意を要する(Haruomi Hosono ‎– Medicine Compilation - From The Quiet Lodge - Discogs (発売一覧))。
  10. ^ TLC to Release Greatest Hits Compilation to Accompany Biopic, New Album Coming in 2014”. Pitchfork (2013年9月23日). 2013年12月1日閲覧。
  11. ^ Gentile, John (2013年11月8日). “Deadmau5 Compilation 'We Are Friends Vol. 2' – Album Premiere”. Rolling Stone. 2013年12月1日閲覧。
  12. ^ Suchet, Richard (2013年11月28日). “Now Compilation Albums Celebrate 30 Years”. Sky News. 2013年12月1日閲覧。
  13. ^ a b c McPherson, Brian (1999). Get It in Writing: The Musician's Guide to the Music Business. Hal Leonard Corp.. p. 68. ISBN 9780793566990. https://books.google.com/books?id=sQ_ziZAzg1EC&pg=PA68&dq=%22Compilation+album%22&hl=en&sa=X&ei=V8ARVemPDJemyASlwIKQAw&ved=0CDkQ6AEwAQ#v=onepage&q=%22Compilation%20album%22&f=false 2015年3月24日閲覧。. 
  14. ^ "UK Top 40 Compilation Albums", BBC, retrieved 2012-04-01

外部リンク[編集]