ウィントン・マルサリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィントン・マルサリス
Wynton Marsalis
Wynton Marsalis 2009 09 13.jpg
基本情報
出生名 Wynton Learson Marsalis
生誕 (1961-10-18) 1961年10月18日(56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオリンズ
学歴 ジュリアード音楽院
ジャンル クラシックジャズ
ポスト・バップ
職業 作曲家教師
トランペット奏者
担当楽器 トランペット
活動期間 1980年 – 現在
レーベル ソニー・レコーズ
ソニー・クラシカル(~2004)
EMIミュージック(2004~)
共同作業者 イギリス室内管弦楽団
公式サイト WyntonMarsalis.org

ウィントン・マルサリス(Wynton Learson Marsalis、1961年10月18日 - )はアメリカ合衆国トランペット奏者、作曲家

マルサリスは、現代において最も著名なジャズ・ミュージシャンの一人であり、クラシックの奏者としてもよく知られている。ジャズ・アット・リンカーン・センターの芸術監督を務めている。マルサリスは、ジャズ・パフォーマンスと作曲の技術、洗練されたスタイル、ジャズとジャズの歴史に関する知識、またクラシック音楽の演奏家であることによって名声を得ている。2006年現在で、16のクラシックと、30以上のジャズのレコードを出しており、クラシックとジャズの両部門で合わせて9つのグラミー賞を獲得している。

来歴[編集]

ニューオーリンズ出身。父はピアニストエリス・マルサリス、兄はサックス奏者のブランフォード・マルサリス、弟にトロンボーン奏者のデルフィーヨ・マルサリスドラム奏者のジェイソン・マルサリス。1978年、ジュリアード音楽院にクラシック音楽で入学。

1980年、わずか18歳でアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに加入し、プロとしての活動を開始。1981年7月、ハービー・ハンコックのバンドの一員として初来日を果たし、同年バンド・リーダーとしてデビュー。伝統的なアコースティック・ジャズを継承する大型新人として話題となる。その後、クラシック音楽の奏者としても活動開始。

1983年、グラミー賞のジャズ部門とクラシック部門を同時受賞。

1997年、ジャズ・ミュージシャンとしては初めて、ピューリッツァー賞 音楽部門を受賞。

長らく米コロムビア・レコード(ソニー系)に所属していたが、2004年にブルーノート・レコード(EMI系)に移籍した。2006年にはiPodのCMに曲が起用され話題になる。

音楽賞[編集]

ピューリッツァー賞 音楽部門

グラミー賞 Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

グラミー賞 Best Instrumental Soloist(s) Performance (with orchestra)

  • 1983年 Raymond Leppard (conductor), Wynton Marsalis & the National Philharmonic Orchestra for
    『トランペット協奏曲変ホ長調』収録の「トランペットとオーケストラのための協奏曲」- Haydn: Trumpet Concerto in E Flat/L. Mozart: Trumpet Concerto In D/Hummel: Trumpet Concerto in E Flat
  • 1984年 Raymond Leppard (conductor), Wynton Marsalis & イギリス室内管弦楽団 for
    『バロック・トランペットの響き』- Wynton Marsalis, Edita Gruberova: Handel, Purcell, Torelli, Fasch, Molter

グラミー賞 Best Jazz Instrumental Solo

  • 1983年 『シンク・オブ・ワン』収録の同名曲
  • 1984年 『スターダスト(Hot House Flowers)』
  • 1985年 『ブラック・コーズ』

グラミー賞 Best Spoken Word Album for Children

  • 2000年 Listen to the Storyteller: A Trio of Musical Tales From Around The World

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

サウンドトラック等[編集]

ジャズ・アット・リンカーン・センター関連[編集]

  • ポートレート・バイ・エリントン - Portraits by Ellington(1991年録音)(Columbia) 1992年
  • ジャイアンツ・オブ・ジャズ - Jazz at Lincoln Center Presents: The Fire of the Fundamentals(1991年~録音)(Columbia) 1994年
  • ゼイ・ケイム・トゥ・スウィング - Jazz at Lincoln Center: They Came to Swing(1992年~録音)(Columbia) 1994年
  • ブラッド・オン・ザ・フィールズ - Blood on the Fields(1995年録音)(Sony) 1997年
  • ジャンプ・スタート&ジャズ - Jump Start and Jazz(1993年~録音)(Sony Classical) 1997年
  • ビッグ・トレイン組曲 - Big Train(1998年録音)(Sony Classical) 1999年
  • スウィンギン・ウィズ・ザ・デューク - Live in Swing City: Swingin with the Duke(1998年録音)(Sony) 1999年
  • オール・ライズ - All Rise(2001年録音)(Sony Classical) 2002年
  • A Love Supreme(2003年録音)(Palmetto) 2005年
  • Don't Be Afraid: The Music of Charles Mingus(2003年録音)(Palmetto) 2005年
  • Portrait in Seven Shades(2007年録音)(Jazz at Lincoln Center) 2010年
  • Vitoria Suite(2009年録音)(Emarcy) 2010年

サイドマン作品[編集]

  • アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ・ビッグバンドの一員として,Live at Montreux and Northsea(1980年録音)(Timeless) 1981年
  • アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として,Album of the Year(1981年録音)(Timeless) 1981年
  • アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として,Straight Ahead(1981年録音)(Concord) 1981年
  • ハービー・ハンコックの作品に参加, カルテット - Quartet(1981年録音)(Sony) 1982年
  • チコ・フリーマンの作品に参加, Destiny's Dance(1981年録音)(Contemporary) 1982年
  • アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として,Keystone 3(1982年録音)(Concord) 1982年

共演者[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]