ソニー・ミュージックスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニー・ミュージックスタジオを併設するSME乃木坂ビル。

ソニー・ミュージックスタジオ (Sony Music Studios Tokyo) は、東京都赤坂にあるSME乃木坂ビルに併設する大型録音スタジオソニー・ミュージックコミュニケーションズが運営している。

ソニー・ミュージックコミュニケーションズはソニー・ミュージックスタジオの設備や機材を紹介するiPadアプリ「Sony Music Studios Tokyo Guidebook」を提供している[1]

施設[編集]

2001年3月に竣工したSME乃木坂ビルの地下3フロアを使用[2]。5室の録音スタジオと、12室のマスタリング・スタジオ、オーサリング・スタジオ(編集室3室とオーサリング・ルーム4室)からなるスタジオ・コンプレックスである。エントランスや廊下は全体が地上階までの吹き抜けとなっている[2]。音響設計のピーター・グリューナイセンは施工に当たって、床材や壁材、空調のダクトから壁のクロスまで、すべてをアメリカから持ち込んだ[3]。各スタジオのメインコンソールには以下のものが使用されている[4]

  • スタジオ1:Neve 8872
  • スタジオ2:Neve 8872
  • スタジオ3:Neve 8872
  • スタジオ4:SSL 9072J
  • スタジオ5:Euphonix SYSTEM 5 (Digital)

ソニー・ミュージック信濃町スタジオ[編集]

MDR-CD900ST

1978年、トム・ヒドレーの音響設計により、東京都新宿区南元町に「CBSソニー信濃町スタジオ」として完成。1991年に「ソニーミュージック信濃町スタジオ」へと名称を変更。

1996年には世界初のDSD録音が行われた。2001年、赤坂に新スタジオが完成したため、本スタジオが閉鎖。その後、建物は三菱商事経由で創価学会に売却され、南元平和会館として使用されていたが、2009年に解体されており当時の建物は現存しない。その後、跡地には2012年に創価学会の創価文化センターが建設されている。

現在まで数多くの録音スタジオで使用されているスタジオユースの業務用モニタリング・ヘッドフォン「MDR-CD900ST」は、CBSソニー信濃町スタジオで使用することを目的として1989年に開発されたもので[5]、俗に「信濃町モデル」と呼ばれている。

ソニー・ミュージック六本木スタジオ[編集]

東京都港区六本木に「CBSソニー六本木スタジオ」として完成。1991年に「ソニーミュージック六本木スタジオ」へと名称を変更。ライブハウス「ピットイン」も同じ建物にあった。建物はスタジオ閉鎖後に解体されたため、現存しない。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分2.42秒 東経139度43分40.32秒 / 北緯35.6673389度 東経139.7278667度 / 35.6673389; 139.7278667