カサンドラ・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カサンドラ・ウィルソン
Cassandra Wilson.jpg
カサンドラ・ウィルソン
2007年撮影
基本情報
出生名 Cassandra Marie Fowlkes[1]
出生 1955年12月4日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシシッピ州ジャクソン
ジャンル ジャズブルース
職業 歌手ソングライター、プロデューサー、編曲家
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 1985年 - 現在
レーベル JMTWinter&WinterPolygram、DIW、ColumbiaBluenoteEMILegacy
公式サイト http://www.cassandrawilson.com

カサンドラ・ウィルソンCassandra Wilson, 1955年12月4日 - )は、アメリカミシシッピ州ジャクソン出身の女性ジャズ歌手・シンガーソングライター。1996年度・2008年度のグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞の受賞者。1990年代を代表するジャズ歌手の一人として評価された[2]

レパートリーは広く、ジャズとブルーススタンダード・ナンバーから、ポップ、ロックまで歌う。自作曲も多い。ブルージーな声質で、女性としては非常に低い声域を持つ。音楽スタイルはスウィングファンクボサノヴァの影響を受けている。

来歴[編集]

父のハーマン・フォークス・ジュニアは、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIジェリー・マッケイン英語版の録音に参加したこともあるベーシストで[1]、母はミシシッピ州で学校の教師をしていた[3]ジャクソン州立大学英語版ではマスコミュニケーションの学位を取得した[3]

1980年代初頭、ジャスミンというニューオーリンズのジャズ・バンドで活動し、アルバム『トロピカル・ブリーズ』の録音に参加して初レコーディングを果たした[4]。その後、ジャズにアフリカ音楽などの要素を取り入れて発展させようとした音楽家集団M-Base Collectiveの一員としてインディーズのJMTで活動し、1986年にソロ・デビューした。1990年代初頭までM-Base Collective人脈との活動を続けた後、1993年にブルーノート・レコードから発売したメジャー第1作『ブルー・ライト・ティル・ドーン』が高い評価を得る。1996年に発表したアルバム『ニュー・ムーン・ドーター』で、初のグラミー賞受賞を果たす[5]。1999年、マイルス・デイヴィスに捧げられたアルバム『トラヴェリング・マイルス』を発表。

ウィルソンは『タイム』誌2001年7月9日号において「アメリカズ・ベスト・シンガー」に選ばれ、「ソウルフルで官能的、かつ叙情的であり、彼女は偉大なジャズ・ヴォーカリスト達の伝統を引き継いでいる」と評された[6]

2008年のアルバム『ラヴァリー〜恋人のように』はグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞し、自身2度目のグラミー受賞を果たした[5]

2014年にレガシー・レコーディングスへ移籍し[7]、2015年にはビリー・ホリデイのレパートリーを取り上げたトリビュート・アルバム『カミング・フォース・バイ・デイ』をリリースした。

ディスコグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Cassandra Wilson”. Mississippi Blues Commission (2010年1月7日). 2016年2月7日閲覧。
  2. ^ Cassandra Wilson | Biography | AllMusic - Artist Biography by Scott Yanow
  3. ^ a b Jones, Charisse (1994年9月29日). “IN THE STUDIO WITH: Cassandra Wilson; Singing a Song of the South (Page 2 of 2)”. New York Times. 2016年2月7日閲覧。
  4. ^ Henderson, Alex. “Tropical Breeze - Jasmine, Cassandra Wilson”. AllMusic. 2015年12月17日閲覧。
  5. ^ a b Cassandra Wilson | Awards | AllMusic
  6. ^ TIME Magazine - U.S. Edition - July 9. 2001 Vol. 158 No. 1 - 2014年2月15日閲覧
  7. ^ Tamarkin, Jeff (2014年11月20日). “Jazz Article: Legacy Recordings Signs Cassandra Wilson”. JazzTimes. 2015年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]