井野信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井野 信義(いの のぶよし、1950年 - )は、群馬県桐生市出身の音楽家。ベーシスト、作曲家。

来歴・人物[編集]

東京で育ち、暁星高校卒業。在学時よりR&Bバンドでクラブに出演。1969年、高校を出てすぐ加入したザ・ブルーベル・シンガーズで「昭和ブルース」が大ヒットするが脱退、クラシックのコントラバスを勉強。1971年、高柳昌行と出会い、ジャズ界に進出。日本のトップベーシストとして、日野元彦とのコンビで非常に多くのレコーディングに参加した。

1979年、ドイツのメールス・ジャズ・フェスティバルに出演し、海外でも高い評価を受ける。エルビン・ジョーンズ5のレギュラーになる。ジョーンズに最も信頼されたベースとして、晩年まで共演した。

1983年以降、ヨーロッパに進出、1989年にはベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラとグローブ・ユニティ・オーケストラのレギュラー・ベーシストに抜擢された。

2005年橋本一子藤本敦夫と「Ub-X(ユビークス)」を結成し2006年3月にはアルバム『Ub-X』をリリース。カネボウのCM曲(アルバム所収の「凛」の原曲)を発展させ、3者対等のポリグルーヴを基調に新しいサウンドを世に問う。5月には海外での活動も視野に入れてのドイツでのツアーが行われ、同年11、12月の関東以西各地での国内ライブの後、2枚目のアルバム『Vega』を制作、2007年4月にリリースした。

作品(リーダーアルバム)[編集]

実質的なリーダーアルバム[編集]

外部リンク[編集]