ジョン・パティトゥッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・パティトゥッチ
John Patitucci
John Patitucci Kongsberg Jazzfestival 2018 (170909).jpg
Kongsberg Jazzfestival(2018年)
基本情報
生誕 (1959-12-22) 1959年12月22日(60歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン
学歴 サンフランシスコ州立大学カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ベーシスト
担当楽器 エレクトリックベースウッドベース
活動期間 1980年 -
公式サイト www.johnpatitucci.com
ウェイン・ショーター・カルテットのショーターとパティトゥッチ(右)(2010年)

ジョン・パティトゥッチJohn Patitucci1959年12月22日 - )は、アメリカ人ベーシスト作曲家音楽家である。

略歴[編集]

ニューヨーク市ブルックリンでイタリア系の家系に生まれ、10歳からエレクトリック・ベースを、15歳からはアコースティック・ベースを演奏するようになる。スタジオ・ミュージシャンとして数々のセッションに参加。B.B.キングジョージ・ベンソンなどのバックを務めた。

1985年チック・コリアの「チック・コリア・エレクトリック・バンド」に参加。1987年には、チックの参加を得てデビュー・アルバム『ジョン・パティトゥッチ』を発表。6弦ベースの高音域での高速フレーズをオーバーダビングする演奏は、ギターのソロと聞き間違えられるほどであった。1988年デイヴ・ウェックルとのコンビでマンハッタン・ジャズ・クインテットに参加。1989年には「エレクトリック・バンド」が「アコースティック・バンド」に進化、エレクトリック・ベースをアコースティック・ベースに持ち替えても同様のテクニックを見せた。その後1991年にチックの元から離れてからも、自己のバンドとセッションワークの両方を精力的にこなす。

2000年にはドラムのブライアン・ブレイドと共にウェイン・ショーターのグループに参加。2001年には同じコンビでハービー・ハンコックの「ディレクションズ・イン・ミュージック」に参加。その後も、チック、ウェイン、ハービーら大御所との共演は断続的に続いた。2002年からは、ニューヨーク市立大学で教職にもついている。2005年にはグレイト・ジャズ・トリオに参加。

フュージョンからストレート・アヘッドなジャズまで幅広くこなし、共演ミュージシャンは他にもマイケル・ブレッカーゲイリー・バートンスティーヴ・カーンマイク・スターンジョン・スコフィールドアル・ディ・メオラなどの若手・中堅から、スタン・ゲッツハンク・ジョーンズドン・フリードマンらベテランまで、さらにはスティングナタリー・コールなどのポップ・ミュージシャンやミルトン・ナシメントイヴァン・リンスなどのブラジル系のミュージシャンにまで及び、押しも押されもせぬトップ・ベーシストとなった。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ジョン・パティトゥッチ・デビュー!』 - John Patitucci (1987年、GRP)
  • 『オン・ザ・コーナー』 - On the Corner (1989年、GRP)
  • 『スケッチブック』 - Sketchbook (1990年、GRP)
  • Heart of the Bass (1992年、Stretch)
  • 『アナザー・ワールド』 - Another World (1993年、GRP)
  • 『ファイン・ミキスチャー』 - Mistura Fina (1995年、GRP)
  • One More Angel (1997年、Concord)
  • Now (1998年、Concord)
  • Imprint (2000年、Concord)
  • 『コミュニオン』 - Communion (2001年、Concord)
  • Songs, Stories & Spirituals (2003年、Concord)
  • 『ライン・バイ・ライン』 - Line by Line (2006年、Concord)
  • 『リメンブランス』 - Remembrance (2009年、Concord)
  • Brooklyn (2015年、Three Faces)
  • 『ソウル・オブ・ザ・ベース』 - Soul of the Bass (2019年、AGATE)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]