ジョン・スコフィールド (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・スコフィールド
John-scofield.jpg
ドイツの音楽祭にて(2006年)
基本情報
生誕 (1951-12-26) 1951年12月26日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州 デイトン
学歴 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バークリー音楽大学
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
レーベル エンヤ・レコード
グラマヴィジョン・レコード
ブルーノート・レコード
ヴァーヴ・レコード
エマーシー・レコード
共同作業者 ビリー・コブハム
ゲイリー・バートン
マイルス・デイヴィス
メデスキ、マーティン・アンド・ウッド
フィル・レッシュ
公式サイト www.johnscofield.com

ジョン・スコフィールド(John Scofield、1951年12月26日 - )はアメリカ合衆国音楽家ギタリストである。

ジャズフュージョン系のミュージシャンとして、セッションやソロで活動。

来歴[編集]

2017
ビリー・コブハムジョージ・デュークのバンドに参加。
  • 1976年 - パット・メセニーに替わってゲイリー・バートン・カルテットに加わり、レコーディング・アーティストとして日野皓正アルバム『メイ・ダンス』に参加した縁で、1977年7月に日本で日野兄弟と録音した初のリーダー名義作品がトリオ・レコードからリリースされた[1]。また同年にエンヤ・レコードと契約してライヴ・アルバム作品をリリースしている。
この時期にチャールズ・ミンガスやディヴ・リーブマンのカルテットなどでキャリアを積み、ジョン・スコフィールド・トリオ名義などで、スティーヴ・スワロウとのコラボレーション作品を残している。
グルーヴのある音楽を求めて1999年メデスキ、マーティン・アンド・ウッドの協力を得て『A Go Go』を発表。踊る音楽のあるジャム・バンド・シーンに自らの演奏を展開してスコフィールド・バンドを結成、ギタリストのアヴィ・ボートニックやドラムのアダム・ダイチなどを起用する。更に2005年グレイトフル・デッドフィル・レッシュのバンド、フィル・アンド・フレンズに参加、グレイトフル・デッドの音楽を演奏する。2006年にメデスキ・スコフィールド・マーチン&ウッド名義で即興演奏が中心のライヴを展開する。
  • 2009年 - ニューオーリンズ録音のアルバム『パイアティ・ストリート』発表。ジョン・クリアリージョージ・ポーターJr.ジョン・ブッテらが参加し、ゴスペル色の強いサウンドを展開している。
  • 2016年 - 第58回グラミー賞において最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム(『パスト・プレゼント』)を受賞し、自身初のグラミー受賞を果たした[2]
  • 2017年 - 第59回グラミー賞最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム(『カントリー・フォー・オールド・メン』)と最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ("I'm So Lonesome I Could Cry")をダブル受賞[2]

使用機材[編集]

アイバニーズのセミ・アコースティック・ギターを使用し、2001年には同社の「AS200」を元にしたシグネイチャー・モデル「JSM」が発売されている[3]。セミアコ+RAT+コーラスが基本のセッティングである[4]。 現在は、メインでアイバニーズのオールドのテレキャスター、サブでフェンダーのストラトキャスターを使用する。

演奏スタイル[編集]

わざと音を外したフレーズは、コンビネーション・オブ・ディミニッシュト・スケールが多用され独特の緊張感を与える。 インサイドから徐々に外していく場合(スケールアウト)、基準のキーから半音下のキーに移行していく手法も得意である。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

  • 『ステディ・グルーヴィン』 - Steady Groovin': The Blue Note Groove Sides (Blue Note) 2000年
  • ワークス・フォー・ミー』 - Works For Me(2000年1月録音)(Verve) 2001年
  • ウーバージャム』 - Überjam(2001年7月~9月録音)(Verve) 2002年
  • ScoLoHoFo名義, Oh! (2002年7月録音)(Blue Note) 2003年
  • 『アップ・オール・ナイト』 - Up All Night (2002年12月、2003年1月録音)(Verve) 2003年
  • マーク=アンソニー・タネジと共同名義, Scorched(2002年9月録音)(Deutsche Grammophon) 2004年(ライヴ)
  • 『アンルート』 - EnRoute: John Scofield Trio LIVE(2003年12月録音)(Verve) 2004年(ニューヨーク「ブルーノート」におけるライヴ)
  • 『ザッツ・ホワット・アイ・セイ』 - That's What I Say: John Scofield Plays The Music Of Ray Charles (Verve) 2005年
  • トリオ・ビヨンド名義, Saudades(2004年11月録音)(ECM) 2006年(ライヴ)
  • メデスキ・スコフィールド・マーチン&ウッド名義, Out Louder(2006年1月録音)(Indirecto) 2006年
  • メデスキ・スコフィールド・マーチン&ウッド名義, MSMW Live: In Case the World Changes Its Mind(2006年頃録音)(Indirecto) 2011年(ライヴ。CD 2枚組。)
  • 『ディス・ミーツ・ザット』 - This Meets That(2006年9月~2007年4月録音)(Universal) 2007年
  • 『パイアティストリート』 - Piety Street (Universal Classics) 2009年

2010年代

コンピレーション[編集]

TV出演[編集]

  • 『東京JAZZ 2009』 (NHK BShi)2009年9月28日,10月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 林建紀 (2015年11月30日). “『ピック・ヒッツ・ライヴ』ジョン・スコフィールド”. AERA dot.. 朝日新聞出版. 2018年12月19日閲覧。
  2. ^ a b John Scofield - Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ John Scofield Signature Hollow Bodies”. Ibanez. 2017年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月11日閲覧。
  4. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]