音階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音階(おんかい、英語: scale:スケール)は、音高により昇順あるいは降順にならべたものである。 旋法と混同されがちであるが、音階が単に「音を高低の順番に並べたもの」であるのに対し、旋法は旋律を構成する原理であり、終止音や音域などの規定を含む。

「音階」は西洋音楽の音楽理論用語Tonleiter, Skala(ドイツ語)gamma(イタリア語)gamme(フランス語)scale(英語)などの訳語として明治期に日本語に登場した。それまでの日本で使われていた音階に似た用語を探すと、雅楽声明の世界において使われていた「五声・五音」「七声・七音」「調(西洋音楽で定義される『調』とは意味が違う)」などが挙げられる(更にこれらは中国音楽の音楽理論用語からきている)。したがって基本的には「音階」とは西洋音楽理論において定義されるそれ(音を高低の順番に並べたもの)である。


様々な音階[編集]

1オクターブに含まれる音の数によって五音音階七音音階などと分ける事もある。

西洋音楽の音階[編集]

クラシック音楽における名称と分類[編集]

ジャズなどのポピュラー音楽における名称と分類[編集]

調性に基づく音階とそこから派生した音階[編集]
メジャー・スケール(チャーチ・モード)[編集]

教会旋法からスケールを抽出し、20世紀になって新たにスケールとして使用されるようになったもの。 ジャズ、ポピュラー音楽など現代の音楽では欠かせないものとなっている

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) スペル、備考など
アイオニアン・スケール (Ionian)
メジャースケール長音階
C D E F G A B 1 2 3 4 5 6 7 メジャー・キーの第1音から派生したスケール
Maj7上などで使用可能
ドリアン・スケール (Dorian) C D Eb F G A Bb 1 2 b3 4 5 6 b7 メジャー・キーの第2音から派生したスケール
mi7上などで使用可能
フリジアン・スケール (Phrigian) C Db Eb F G Ab Bb 1 b2 b3 4 5 b6 b7 メジャー・キーの第3音から派生したスケール
mi7上などで使用可能
リディアン・スケール (Lydian) C D E F# G A B 1 2 3 #4 5 6 7 メジャー・キーの第4音から派生したスケール
Maj7上などで使用可能
ミクソリディアン・スケール (Mixolydian) C D E F G A Bb 1 2 3 4 5 6 b7 メジャー・キーの第5音から派生したスケール
Dom7th上などで使用可能
エオリアン・スケール (Aeolian)
ナチュラル・マイナー・スケール自然短音階
C D Eb F G Ab Bb 1 2 b3 4 5 b6 b7 メジャー・キーの第6音から派生スケール
mi7上などで使用可能
ロクリアン・スケール (Locrian) C Db Eb F Gb Ab Bb 1 b2 b3 4 b5 b6 b7 メジャー・キーの第7音から派生したスケール
mi7♭5上などで使用可能
ナチュラル・マイナー・スケール(自然短音階)[編集]

ナチュラル・マイナー・スケールはメジャー・スケールの3度と6度と7度を半音下げたスケール。メジャースケールの6度から始めた音階でもあるのでそこから派生するスケールも並べ替えただけとなる。

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) スペル、備考など
エオリアン・スケール
(ナチュラル・マイナー・スケール、自然短音階
C D Eb F G Ab Bb 1 2 b3 4 5 b6 b7 マイナー・キーの第1音から派生したスケール
ロクリアン・スケール C Db Eb F Gb Ab Bb 1 b2 b3 4 b5 b6 b7 マイナー・キーの第2音から派生したスケール
アイオニアン・スケール
(メジャー・スケール、長音階
C D E F G A B 1 2 3 4 5 6 7 マイナー・キーの第3音から派生したスケール
ドリアン・スケール C D Eb F G A Bb 1 2 b3 4 5 6 b7 マイナー・キーの第4音から派生したスケール
フリジアン・スケール C Db Eb F G Ab Bb 1 b2 b3 4 5 b6 b7 マイナー・キーの第5音から派生したスケール
リディアン・スケール C D E F# G A B 1 2 3 #4 5 6 7 マイナー・キーの第6音から派生したスケール
ミクソリディアン・スケール C D E F G A Bb 1 2 3 4 5 6 b7 マイナー・キーの第7音から派生したスケール
ハーモニック・マイナー・スケール(和声短音階)[編集]

基本のハーモニック・マイナー・スケールはナチュラル・マイナー・スケールの7を半音上げたスケール。 ハーモニック・マイナー系は響きが独特であるため、ポピュラー音楽において使われることが少なく、さらにハーモニック・マイナー・スケールとハーモニック・マイナー・パーフェクト5th・ビロウ・スケール以外はほぼ使われない。

音階名
(スケール名)
音階の例 音度記号
(スケール・ディグリー)
備考など
ハーモニック・マイナー・スケール
和声短音階
C D Eb F G Ab B 1 2 b3 4 5 b6 7 ハーモニック・マイナー・キーの第1音から派生したスケール
miやmi△7上などで使用可能
ロクリアン♮6・スケール C Db Eb F Gb A Bb 1 b2 b3 4 b5 6 b7 ハーモニック・マイナー・キーの第2音から派生したスケール
アイオニアン♯5・スケール C D E F G# A B 1 2 3 4 #5 6 7 ハーモニック・マイナー・キーの第3音から派生したスケール
ドリアン♯4・スケール C D Eb F# G A Bb 1 2 b3 #4 5 6 b7 ハーモニック・マイナー・キーの第4音から派生したスケール
ハーモニック・マイナー・パーフェクト5th・ビロウ・スケール
(フリジアン・メジャー・スケール)
C Db E F G Ab Bb 1 b2 3 4 5 b6 b7 ハーモニック・マイナー・キーの第5音から派生したスケール
Hmp5↓と省略することもある。
Dom7上などで使用可能
リディアン♯2・スケール C D# E F# G A B 1 #2 3 #4 5 6 7 ハーモニック・マイナー・キーの第6音から派生したスケール
スーパー・ロクリアン♭7・スケール C Db Eb Fb Gb Ab Bbb 1 b2 b3 b4 b5 b6 bb7 ハーモニック・マイナー・キーの第7音から派生したスケール
メロディック・マイナー・スケール(旋律短音階)[編集]

基本のメロディク・マイナー・スケールはナチュラル・マイナー・スケールの♭6と♭7を半音上げたスケール。ジャズやフュージョンなどで多く使われる。クラシックでは下降時はナチュラル・マイナー・スケールとなるが、これはリーディングトーンを含んでいるので解決感を得るためのものであり、ポピュラー音楽においてはスケールではなく和声の扱う部類になるので、その概念自体ほとんど使われない。

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
メロディック・マイナー・スケール
旋律短音階
スーパー・イオニアン・スケール
C D Eb F G A B 1 2 b3 4 5 6 7 メロディック・マイナー・キーの第1音から派生したスケール
miやmi△7上などで使用可能
ドリアン♭2・スケール
スーパー・ドリアン・スケール
C Db Eb F G A Bb 1 b2 b3 4 5 6 b7 メロディック・マイナー・キーの第2音から派生したスケール
リディアン♯5・スケール
リディアンオーギュメントスケール
スーパー・フリジアン・スケール
C D E F# G# A B 1 2 3 #4 #5 6 7 メロディック・マイナー・キーの第3音から派生したスケール
リディアン♭7・スケール
(リディアン・ドミナント・スケール)
スーパー・リディアン・スケール
C D E F# G A Bb 1 2 3 #4 5 6 b7 メロディック・マイナー・キーの第4音から派生したスケール
完全五度に解決することのないノンファンクションDom7などで使用可能
ミクソリディアン♭6・スケール
旋律的長音階
ドゥア・モル・スケール
スーパー・ミクソリディアン・スケール
C D E F G Ab Bb 1 2 3 4 5 b6 b7 メロディック・マイナー・キーの第5音から派生したスケール
Dom7上などで使用可能
エオリアン♭5・スケール
オルタード・ドリアン・スケール
スーパー・エオリアン・スケール
C D Eb F Gb Ab Bb 1 2 b3 4 b5 b6 b7 メロディック・マイナー・キーの第6音から派生したスケール
ロクリアン♭4・スケール
スーパー・ロクリアン・スケール
オルタード・スケール
C Db Eb Fb Gb Ab Bb
※ C Db D# E F# G# Bb
1 b2 b3 b4 b5 b6 b7
※ 1 b2 #2 3 #4 #5 b7
メロディック・マイナー・キーの第7音から派生したスケール
完全五度で解決するDom7上などで使用可能
※ オルタード・スケールとスーパー・ロクリアン・スケールは実音は同じであるが表記が異なる。

※ メロディック・マイナーやハーモニック・マイナーから派生するスケールの名称は上記以外にも様々な言い方や表記が存在する。

シンメトリカル・スケール[編集]

(英)Symmetrical Scale

規則的な法則によって人工的に創作された音階。ジャズフュージョンで使われる場合が多い。

ホールトーン・スケール[編集]
音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ホールトーン・スケール
全音音階移調の限られた旋法第1旋法)
C D E F# Ab Bb 1 2 3 #4 b6 b7 全て音程が全音のスケール
Dom7上などで使用可能
ディミニッシュト・スケール[編集]
音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ディミニッシュト・スケール C D Eb F Gb G# A B 1 2 b3 4 b5 #5 6 7 音程が全音半音という規則的なスケール
Dim7上などで使用可能
コンビネーション・オブ・ディミニッシュト・スケール
移調の限られた旋法第2旋法)
ドミナント・ディミニッシュト・スケール
C Db Eb bF bG G A Bb 1 b2 b3 b4 b5 5 6 b7 音程が半音全音という規則的なスケール
Dom7上などで使用可能
クロマティック・スケール[編集]
音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
クロマティック・スケール C C# D D# E F F# G G# A A# B 1 #1 2 #2 3 4 #4 5 #5 6 #6 7 全て音程が半音のスケール。
ペンタトニック・スケール(五音音階)[編集]

(英)Penta Tonic Scale

ポピュラー音楽においてはロックやジャズなど様々なジャンルで広く使われている。アヴォイドノートが存在しないため、古代から民謡、童謡、ブルースなどのほとんどがこのスケールによってメロディーが作られている。

ペンタトニック・スケール[編集]
音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
マイナー・ペンタトニック・スケール C Eb F G Bb 1 b3 4 5 b7 ナチュラル・マイナ・スケールの第2音と第6音を抜いたスケール
メジャー・ペンタトニック・スケール C D E G A 1 2 3 5 6 メジャー・スケールの第4音と第7音を抜いたスケール
ブルース・スケール[編集]

ブルースやロックなどでよく使われるスケール。

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ブルース・スケール
ブルー・ノート・スケール
C Eb F Gb G Bb 1 b3 4 b5 5 b7 マイナー・ペンタトニック・スケールにb5の音を加えたスケール

その他の民族音階[編集]

ヨーロッパの音階[編集]

ハンガリーの音階[編集]

ハンガリーなどの民謡で使われるスケール。

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ハンガリー・スケール C D Eb F# G A B 1 2 b3 #4 5 6 7 メロディック・マイナーを♯4にしたスケール
ジプシーの音階[編集]

ジプシー音楽などで多用される。

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ジプシー・スケール C Db E F G Ab B 1 b2 3 4 5 b6 7 ハーモニック・マイナー・パーフェクト5th・ビロウ・スケールを♮7にしたスケール
スペインの音階[編集]

スパニッシュ・スケールはフラメンコなどの音楽で多用される。

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
スパニッシュ・スケール C Db Eb E F G Ab Bb 1 b2 b3 3 4 5 b6 b7 フリジアン・スケールにMajor 3rdを加えたスケール

アラブの音階[編集]

半音の半分、1/4音下げる記号をここではqと表記する事にする
音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
マカーム・ラースト C D Eq F G A Bq 1 2 q3 4 5 6 7
マカーム・ナハーワンド C D Eb F G Ab B 1 2 b3 4 5 b6 7 ハーモニック・マイナー・スケールと同一のスケール
マカーム・ナワサル C D Eb F# G Ab B 1 2 b3 #4 5 b6 7
マカーム・ナグリーズ C D Eb F# G A Bb 1 2 b3 #4 5 6 b7 ドリアン♯4・スケールと同一のスケール
マカーム・ヒジャーズカル C Db E F G Ab B 1 b2 3 4 5 b6 7 ジプシー・スケールと同一のスケール
マカーム・バヤーティー C Dq Eb F G Ab Bb 1 q2 b3 4 5 b6 b7
マカーム・サバー C Dq Eb Fb G Ab Bb 1 q2 b3 b4 5 b6 b7
マカーム・ヒジャーズィー C Db E F G Ab Bb 1 b2 3 4 5 b6 b7 ハーモニック・マイナー・パーフェクト5th・ビロウ・スケールと同一のスケール
マカーム・クルディー C Db Eb F G Ab Bb 1 b2 b3 4 5 b6 b7 フリジアン・スケールと同一のスケール。
マカーム・スィカ Eq, F, G, A, Bq, C, D, Eq
マカーム・フザム Eq, F, G, Ab, B, C, D, Eq

インドの音階[編集]

北インドヒンドゥースターニー音楽)の10のタート(バートカンデによる)

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ビラーヴァル・タート C D E F G A B 1 2 3 4 5 6 7 メジャー・スケールと同一のスケール
カマージ・タート C D E F G A Bb 1 2 3 4 5 6 b7 ミクソリディアン・スケールと同一のスケール
カーフィー・タート C D Eb F G A Bb 1 2 b3 4 5 6 b7 ドリアン・スケールと同一のスケール
アサーワリー・タート C D Eb F G Ab Bb 1 2 b3 4 5 b6 b7 ナチュラル・マイナー・スケールと同一のスケール
バイラヴ・タート C Db E F G Ab B 1 b2 3 4 5 b6 7 ジプシー・スケールと同一のスケール
バイラヴィ・タート C Db Eb F G Ab Bb 1 b2 b3 4 5 b6 b7 フリジアン・スケールと同一のスケール
カリヤーン・タート C D E F# G A B 1 2 3 #4 5 6 7 リディアン・スケールと同一のスケール
マールワー・タート C Db E F# G A B 1 b2 3 #4 5 6 7
プールヴィー・タート C Db E F# G Ab B 1 b2 3 #4 5 b6 7
トーディー・タート C Db Eb F# G Ab B 1 b2 b3 #4 5 b6 7

東南アジア、東アジアの音階[編集]

中国の音階[編集]
音階名 音階の例 音度記号(スケール・ディグリー) 備考など
宮調式 C D E G A 1 2 3 5 6 メジャー・ペンタトニック・スケールと同一のスケール
商調式 C D F G Bb 1 2 4 5 b7 メジャー・ペンタトニック・スケールの第2音から始めたスケール
角調式 C Eb F Ab Bb 1 b3 4 b6 b7 メジャー・ペンタトニック・スケールの第3音から始めたスケール
徴調式 C D F G A 1 2 4 5 6 メジャー・ペンタトニック・スケールの第4音から始めたスケール
羽調式 C Eb F G Bb 1 b3 4 5 b7 メジャー・ペンタトニック・スケールの第5音から始めたスケール
マイナー・ペンタトニック・スケールと同一のスケール
日本の音階[編集]
雅楽などの古典の音階[編集]
音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
呂旋法 C D E G A 1 2 3 5 6 メジャー・ペンタトニック・スケールと同一のスケール
律旋法 C D F G Bb
(下降形 A G F D C)
1 2 4 5 b7
(下降形 6 5 4 2 1)
メジャー・ペンタトニック・スケールの第2音から始めたスケール
(下降系は第4音から)
陽旋法 C Eb F G Bb 1 b3 4 5 b7 マイナー・ペンタトニック・スケールと同一のスケール
メジャー・ペンタトニック・スケールの第5音から始めたスケール
陰旋法 C Db F G Bb
(下降形 Ab G F Db C)
1 b2 4 5 b7
(下降形 b6 5 4 b2 1)
琉球音階 C E F G B 1 3 4 5 7
明治以降の音階[編集]

近代になり西洋音楽の音階に当てはめられて創作された音階。

ヨナ抜き音階

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考
ヨナ抜き長音階 C D E G A 1 2 3 5 6 呂旋法と同一のスケール
ヨナ抜き短音階 C D Eb G Ab 1 2 b3 5 b6 第4音から始めると陰旋法
ニロ抜き短音階 C Eb F G Bb 1 b3 4 5 b7 陽旋法と同一のスケール
ニロ抜き長音階 C E F G B 1 3 4 5 7 琉球音階と同一のスケール


音階名 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
律音階(雅楽音階) C D F G A 1 2 4 5 6 徴調式と同一のスケール
都節(みやこぶし)音階 C Db F G Ab 1 b2 4 5 b6 陰旋法と同一のスケール
雲井音階 C D Eb G A 1 2 b3 5 6
岩戸音階 C Db F Gb Bb 1 b2 4 b5 b7
インドネシアの音階[編集]

(参照 ララス、パトゥ(パトゥッ、パテット)、サイ・ピトゥ、ガムラン

スレンドロ[編集]

(英)slendro

本来はおおざっぱに1オクターブを5等分したもの、C, D, E, G, A, C もしくは C, D, F, G, A, Cもしくは C, D, F, G, Bb, C もしくは C, Eb, F, G, Bb, C 程度の感じ。

ペロッグ・スケール[編集]

(英)pelog

音階名(スケール名) 音階の例 音度記号(スケールディグリー) 備考など
ペロッグ・スケール C Db Eb G Ab 1 b2 b3 5 b6 第3音から始めると琉球音階となる

本来はおおざっぱに1オクターブを5つに不等分したもの。「広い音程」と「狭い音程」の2種の音程がある。狭い音程+狭い音程+広い音程+狭い音程+広い音程。C#, D, E, G#, A, C#もしくはC#, D, E, G, A, C#程度の感じ。

関連項目[編集]