音名・階名表記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

音名・階名表記(おんめい・かいめいひょうき)

このページは西洋音楽における音の高さの書き表し方、および国ごとに異なるその言い表し方の一覧である。前者では音度・音名・階名について、後者では日・米英・独・伊・仏式について述べる。

音名と階名についての概説[編集]

音名表記の一例(ドイツ式)
  • 音名(おんめい)は絶対的な音の高さを表す。異なるオクターヴに属する同じ音には同じ音名が与えられる。すなわち、ちょうど1オクターヴ異なる音には同じ名前が与えられる。ただし、後述のように、音名は楽譜の書き方に依存するので、楽譜の書き方が異なれば、同じ高さの音が出る場合でも、異なる音名となる。日本では音名に日本語の他、英語ドイツ語が多く用いられ、国際的にはその他にイタリア語フランス語も広く使われる。7つの幹音(かんおん、楽譜上、を付けずに書き表せる音)には独立した名前が与えられる。そして、派生音(はせいおん、の付く音)には、幹音の音名にを表す言葉を付け加える。また、オクターヴを示す言葉を添える場合もある。
  • 階名(かいめい)は、主音に対する相対的な高さを表す言葉である。階名には一般にイタリア語を用いる。階名にあっては、調にかかわらず主音は常にDoである。ただし、短調の場合には主音をLaとすることが多い。また、数字(ローマ数字)を用いることもあるが、この場合、主音は常に i である。階名で歌うことを階名唱法と呼び、また、ドが音名に対して移動するので移動ド唱法と呼ぶことがある。これに対して、音名で歌うことを音名唱法固定ド唱法と呼ぶ。移動ドと固定ドのどちらが有利であるかという議論は古くからあり、決着を見ることがないが、移動ドの方が理論的であると言われながら、実際には固定ドの方が多く使われている[要出典]。おおざっぱに言って歌唱や弦楽器には移動ドが、ピアノなどの楽器演奏には固定ドが適しているようである[要出典]

各国の音名表記[編集]

日本式表記
嬰(えい)ハ 嬰ニ 嬰ホ 嬰ヘ 嬰ト 嬰イ 嬰ロ
重嬰(じゅうえい)ハ 重嬰ニ 重嬰ホ 重嬰ヘ 重嬰ト 重嬰イ 重嬰ロ
変(へん)ハ 変ニ 変ホ 変ヘ 変ト 変イ 変ロ
重変(じゅうへん)ハ 重変ニ 重変ホ 重変ヘ 重変ト 重変イ 重変ロ
式表記 C (スィー) D (ディー) E (イー) F (エフ) G (ジー) A (エイ) B (ビー)
C sharp D sharp E sharp F sharp G sharp A sharp B sharp
C double sharp D double sharp E double sharp F double sharp G double sharp A double sharp B double sharp
C flat D flat E flat F flat G flat A flat B flat
C double flat D double flat E double flat F double flat G double flat A double flat B double flat
ドイツ式表記 C (ツェー[1]) D (デー) E (エー) F (エフ) G (ゲー) A (アー) H (ハー)
Cis (ツィス) Dis (ディス) Eis (エイス) Fis (フィス) Gis (ギス) Ais (アイス[2]) His (ヒス)
Cisis Disis Eisis Fisis Gisis Aisis Hisis
Ces (ツェス) Des (デス) Es (エス) Fes (フェス) Ges (ゲス) As (アス) Hes (ヘス)/B (ベー)
Ceses Deses Eses Feses Geses Asas/Ases Heses/Bes/BB
イタリア式表記 Do (ド) Re (レ) Mi (ミ) Fa (ファ) Sol (ソ) La (ラ) Si (シ[3])
Do diesis Re diesis Mi diesis Fa diesis Sol diesis La diesis Si diesis
Do doppio diesis Re doppio diesis Mi doppio diesis Fa doppio diesis Sol doppio diesis La doppio diesis Si doppio diesis
Do bemolle Re bemolle Mi bemolle Fa bemolle Sol bemolle La bemolle Si bemolle
Do doppio bemolle Re doppio bemolle Mi doppio bemolle Fa doppio bemolle Sol doppio bemolle La doppio bemolle Si doppio bemolle
フランス式表記 Ut (Do) Mi Fa Sol La Si
Ut(Do) dièse Ré dièse Mi dièse Fa dièse Sol dièse La dièse Si dièse
Ut(Do) double dièse Ré double dièse Mi double dièse Fa double dièse Sol double dièse La double dièse Si double dièse
Ut(Do) bémol Ré bémol Mi bémol Fa bémol Sol bémol La bémol Si bémol
Ut(Do) double bémol Ré double bémol Mi double bémol Fa double bémol Sol double bémol La double bémol Si double bémol
中国式表記 C D E F G A B
升C 升D 升E 升F 升G 升A 升B
重升C 重升D 重升E 重升F 重升G 重升A 重升B
降C 降D 降E 降F 降G 降A 降B
重降C 重降D 重降E 重降F 重降G 重降A 重降B
十二律(中国)式表記 黄鐘 (こうしょう) 太簇 (たいそう) 姑洗 (こせん) 仲呂 (ちゅうりょ) 林鐘 (りんしょう) 南呂 (なんりょ) 応鐘 (おうしょう)
大呂 (たいりょ) 夾鐘 (きょうしょう) 仲呂 蕤賓 (すいひん) 夷則 (いそく) 無射 (ぶえき) 黄鐘
太簇 姑洗 蕤賓 林鐘 南呂 応鐘 大呂
応鐘 大呂 夾鐘 姑洗 蕤賓 夷則 無射
無射 黄鐘 太簇 夾鐘 仲呂 林鐘 南呂
十二律(日本)式表記 神仙 (しんせん) 壱越 (いちこつ) 平調 (ひょうじょう) 勝絶 (しょうぜつ) 双調 (そうじょう) 黄鐘 (おうしき) 盤渉 (ばんしき)
上無 (かみむ) 断金 (たんぎん) 勝絶 下無 (しもむ) 鳧鐘 (ふしょう) 鸞鏡 (らんけい) 神仙
壱越 平調 下無 双調 黄鐘 盤渉 上無
盤渉 上無 断金 平調 下無 鳧鐘 鸞鏡
鸞鏡 神仙 壱越 断金 勝絶 双調 黄鐘
(参考)音度 i ii iii iv v vi vii
1 2 3 4 5 6 7
  • 一般に階名はイタリア式幹音+英・米式変化記号接尾語(Do sharp等)で表すことが多い。
  • 音楽理論では音度に変化記号を付けて表し、また調号は前につける。(例)I、V、など
  • ポピュラーでは音度コードではローマ数字、スケールではアラビア数字として使う。
  • 音名クラシックではドイツ式、ポピュラーではアメリカ式、学校教育や放送では日本式が主に使われる。

その他の音名表記[編集]

 上記の他にも、さまざまな音名体系が研究者や教員によって考案されてきた。

アカサ式音名唱[編集]

 音楽心理学者の矢田部達郎は「サタナハマアカ」というア段の音を基本音名(イタリア式のドレミファソラシに相当)とし、それぞれの嬰音と変音にはイ段とオ段にずらした音名をあて、同様に上下の四分音もそれぞれエ段とウ段にずらして表す、という合理的な音名表の試案を発表し[4]、当時の学界で一定の支持を得た。

半音
四半音
基本音階
四半音
半音

 (矢田部達郎著『言葉と心:心理学の諸問題』(盈科舎、1944年)の図表をもとに再構成。矢田部は四分音を「四半音」と表記している)

拡張イロハ式音名唱(日本音名唱法)[編集]

 第二次大戦末期の1945年6月末、文部省が全国の国民学校に通達した新音名採択実施通牒では、幹音は「ハニホヘトイロ」のままで、それぞれの嬰音には「パナマサタヤラ」、変音には「ポノモソドヨル」、重嬰音には「ペネメセテエレ」、重変音には「プヌムスツユリ」という音名をあてはめ、これを授業で教えるよう義務付けたが、終戦前後の混乱もあって普及しなかった[5]

重嬰音 エ段にそろえる
嬰音 ア段にそろえる
幹音
変音 オ段にそろえる(ルを除く)
重変音 ウ段にそろえる(リを除く)

ドレミ式固定音名唱[編集]

 戦後、佐藤吉五郎や岡本俊夫らは「ドレミ式固定音名唱」(「固定ドで使われる音名」を参照)を推奨し、固定ドの音名「ドレミファソラシ」を幹音として、それぞれの嬰音に「デリマフィサヤテ」、変音に「ダルモフォセロチ」という音名をあて、これを学校教育で実践したが[6]、繫雑にすぎるという批判も受けた[7]

ドレミ式固定音名唱(佐藤吉五郎)
嬰音 フィ
幹音 ファ
変音 フォ

西塚智光はこれを整理し、「ドデレリミファフィソサラチシ」という12音名・階名による教育を実践した。

嬰音 フィ
幹音 ファ
変音

各国の階名表記[編集]

ソルフェージュにおいては、日本では一般的にイタリア式音名をそのまま階名としても利用する(移動ド[8]。英語圏においては、イタリア式音名を基礎としつつ、母音をi、は母音をeに変えて発音する(Reの場合は元々母音がeなのではaに変化する)ことが行われる。Do、Mi、Fa、Tiについては伝統的に使用される階名は無いが、佐藤賢太郎は発展的にこれらにも階名を割り当てている[9][10]

日本の教育音楽においては1970年ごろ、西塚智光 (1939-) は、1つの音には1つの音名があるべきとして、イタリア式音名を元に「ド デ レ リ ミ ファ フィ ソ サ ラ チ シ」という音名を提唱した。これにより、異名同音がなくなる。小学生メロディをドレミで歌うときや、リコーダー等の楽器を演奏するときに、同じ音なのに異なる音名を用いて、歌い間違えたり指使いが混乱するのを避ける効果がある。西塚は、自身の担当する音楽の授業でこの方式の音名を指導し、雑誌「教育音楽 小学版」(音楽之友社)で発表した。これらの階名・音名は移動ド・固定ドともに用いられる(次の図を参照)

Nishidukashiki-dodereri.png

音度記号 英階名 佐藤式 西塚式 日階名 ピッチクラス
I - De - 11
I Do Do Do 0
I Di Di De 1
II Ra Ra 1
II Re Re Re 2
II Ri Ri Ri 3
III Me Me 3
III Mi Mi Mi 4
III - Ma - 5
IV - Fe - ファ 4
IV Fa Fa Fa 5
IV Fi Fi Fi 6
V Se Se 6
V Sol So So 7
V Si Si Sa 8
VI Le Le 8
VI La La La 9
VI Li Li Chi 10
VII Te Te 10
VII Ti Ti Si 11
VII - To - 0


「ドレミファソラシ」の問題点[編集]

ドレミ唱法(ドレミファソラシ)は理論的に作られたものでないため、ソルフェージュの上で非合理的な欠点がある。

子音の重複:sol(ソ)とsi(シ)がともにsで始まるため、頭文字での略式表記が不便である。そのため英語ではsiをtiとする。これにより、ドレミファソラシの頭文字だけをdrmfsltと略して書くことが可能になる。

母音の偏り:「ドレミファソラシ」はa(ア)e(エ)i(イ)o(オ)の母音は使うが、u(ウ)は使わない。ドイツでは16世紀以降これが問題となり、ボビザ法(Bobisation)やヘビザ法(Bebisation)、ダメニ法(Damenisation)などが提唱された[11]

ドレミ法が欠点を指摘されつつも世界に普及した理由については、慣習や政治などの要素も大きく、単に合理主義でこれを論ずることはできない。

今は使われなくなった階名表記[編集]

東アジアの「正楽」における「宮商角徴羽」[編集]

東アジアの宮廷音楽や文人音楽などの「正楽」においては、中国起源の「宮(きゅう)、商(しょう)、 角(かく)、 徴(ち)、 羽(う)」の五つの階名が用いられた(「五声」の項目を参照)。「宮商角徴羽」はそれぞれ西洋の音階の「ドレミソラ」にあたる。

「宮商角徴羽」の階名に、「変徴」と「変宮」の二つの変音を加えた階名を「七声」と言う。

半音に関る呼称のうち、「嬰」は♯、「変」は♭にあたる。

それ以外の呼び方については、時代や地域によってかなり出入りがある。例えば「閏」は、本来は「変」と同じく「♭」の意味だが、時代によっては重変音(♭♭)の意味で使われることもある。「清」は本来は「嬰」と同じく♯の意味だが、時代によっては別の意味で使われたこともある。

五声
七声 変徴 変宮
その他 嬰宮

変商

嬰商

変角

嬰角

清角

変徴

閏徴

嬰徴

変羽

嬰羽

清羽

(閏)

変宮

閏宮

対応する西洋の音階 ファ ファ♯

東アジアの「俗楽」における工尺譜[編集]

東アジアの「俗楽」(民間の通俗的な音楽)の階名表記では、中国起源の「工尺譜」による階名表記が用いられていた。これは西洋音階の「ソラシドレミファソラシド」にあたる階名を、それぞれ漢字で「合四一上尺工凡六五乙」と表記し、さらに1オクターヴ高い音についてはそれぞれの漢字の左横にニンベンを書き添えるものだった。
日本でも、西洋音楽の知識が普及する明治中期ごろまでは、明清楽や日本の俗楽の文字譜の表記法として、民間ではこの工尺譜が用いられていた。[12] 

日本語での読み(唐音) ホー スイ イー ジャン チヱ コン ハン リウ ウー イー
対応する西洋の音階 ファ

(ファ♯)

その後、工尺譜は西洋伝来の数字譜や五線譜に取って代われたが、今でも中国の伝統音楽では調を表す専門用語として、工尺譜の階名が使われる(例えば「D調」を「小工調」、「C調」を「尺字調」と呼ぶ、など)。また、日本の雅楽の文字譜や、三線の文字譜「工工四」も、工尺譜の影響を受けている。

学校教育のヒフミ唱法[編集]

西洋式の「ドレミ唱法」が普及するまでのつなぎとして、明治11年から明治30年代の末まで学校教育で使われた和風の階名である。
明治8年(1875)、伊沢修二はアメリカに渡って師範学校に留学し、翌年、ルーサー・ホワイティング・メーソンから直接「ドレミ唱法」のレッスンを受けた。伊沢は、DO RE MI FA SOL LA SIという当時の日本人の生活と何のつながりもない階名が、日本人にはなじまないであろうことに気付いた。伊沢はメーソンと相談した結果、日本語で12345678を表す「ヒー、フー、ミー、ヨー、イー、ムー、ナー、ヤー」を日本語の階名に転用することを決意した。明治11年に帰国した伊沢は、文部省に「唱歌法取調書」という報告書を提出し、その中で「ヒフミ唱法」を提唱した。以後、日本の学校教育では、明治30年代まで「ヒフミ唱法」が採用された。一方、音楽の専門家を養成するための東京音楽学校では、明治28年(1895)、当時助教授だった小山作之助の提案により、「ヒフミ唱法」を廃止して、西洋式の「ドレミ唱法」を採用した。明治40年代以降は、小学校などの初等教育でも「ドレミ唱法」に置き換わった。当時の「ドレミ唱法」は「移動ド唱法」であった。[13]
ヒフミ唱法の名残は、「ヨナ抜き音階」などの語に残っている。また坪井栄の小説『二十四の瞳』では、音楽教育における世代ギャップも描かれており、明治期の音楽教育を受けてヒフミ唱法しかできない男性教師が、ドレミ唱法になじんだ昭和初期の生徒たちに笑われる場面がある。

オクターヴ表記[編集]

音名は、異なるオクターヴの音も同じに呼ぶので、それらを区別する必要がある場合がある。しかし、オクターヴ表記には定まったものがない。共通するのは、ハから上に1オクターヴ(厳密には重変ハから半音15個上の重嬰ロ)ごとに区切ることである。

日本でよく使われる呼び方は次の通りである。右から2番目の列の表記法はドイツ語式、最も右の列の表記法は国際式[14]科学的ピッチ表記法ともいう)である。また、最も左の列に記載した数字はMIDIにおけるノートナンバーである。

MIDI 音の範囲 日本語式 独語式 国際式
(MIDIの範囲外) 中央ハの6オクターヴ上から半音11個上のロまで 七点ハ - 七点ロ c7 - h7 C10 - B10
120 - [15] 中央ハの5オクターヴ上から半音11個上のロまで 六点ハ - 六点ロ c6 - h6 C9 - B9
108 - 119 中央ハの4オクターヴ上から半音11個上のロまで 五点ハ - 五点ロ c5 - h5 C8 - B8
96 - 107 中央ハの3オクターヴ上から半音11個上のロまで 四点ハ - 四点ロ c4 - h4 C7 - B7
84 - 95 中央ハの2オクターヴから半音11個上のロまで 三点ハ - 三点ロ c3 - h3 C6 - B6
72 - 83 中央ハの1オクターヴ上から半音11個上のロまで 二点ハ - 二点ロ c2 - h2 C5 - B5
60 - 71 中央ハから半音11個上のロまで 一点ハ - 一点ロ c1 - h1 C4 - B4
48 - 59 中央ハの1オクターヴ下から半音11個上のロまで (片仮名)ハ - ロ c - h C3 - B3
36 - 47 中央ハの2オクターヴ下から半音11個上のロまで (平仮名)は - ろ C - H C2 - B2
24 - 35 中央ハの3オクターヴ下から半音11個上のロまで 下一点は - 下一点ろ C1 - H1 C1 - B1
12 - 23 中央ハの4オクターヴ下から半音11個上のロまで 下二点は - 下二点ろ C2 - H2 C0 - B0
0 - 11 中央ハの5オクターヴ下から半音11個上のロまで 下三点は - 下三点ろ C3 - H3 C-1 - B-1

上記の表と五線譜やピアノの鍵盤との対応関係は下記の画像のようになる。

Octaves.png

日本語式では、片仮名の「ヘ」と、平仮名の「へ」を区別しにくいという問題が生じている。このこともあってか、現在では、日本でも日本語式より国際式の方が一般的に使われている。ただし一部の楽器製造会社では、国際式より1小さい数字(中央ハをC3とする)が使われている。

ハ音を基準としないオクターヴ表記[編集]

この表記法は、出所や名称は定かではないが、日本のインターネット上を中心に広まっている表記法である。ハではなくイから上に1オクターヴ(厳密には重変イから半音14個上の重嬰ト)ごとに区切る。以下に上記の表記法との対応関係を示す。なお、『hi』『mid』はそれぞれ『high』『middle』が略記された形である。

MIDI 音の範囲 日本語式 独語式 国際式
105 - 116 3520Hzのイから半音11個上の嬰トまで hihihihiA - hihihihiG 四点イ - 五点嬰ト a4 - gis5 A7 - G8
93 - 104 1760Hzのイから半音11個上の嬰トまで hihihiA - hihihiG 三点イ - 四点嬰ト a3 - gis4 A6 - G7
81 - 92 880Hzのイから半音11個上の嬰トまで hihiA - hihiG 二点イ - 三点嬰ト a2 - gis3 A5 - G6
69 - 80 440Hzのイから半音11個上の嬰トまで hiA - hiG 一点イ - 二点嬰ト a1 - gis2 A4 - G5
57 - 68 220Hzのイから半音11個上の嬰トまで mid2A - mid2G イ - 一点嬰ト a - gis1 A3 - G4
45 - 56 110Hzのイから半音11個上の嬰トまで mid1A - mid1G い - 嬰ト A - gis A2 - G3
33 - 44 55Hzのイから半音11個上の嬰トまで lowA - lowG 下一点い - 嬰と A1 - Gis A1 - G2
21 - 32 27.5Hzのイから半音11個上の嬰トまで lowlowA - lowlowG 下二点い - 下一点嬰と A2 - Gis1 A0 - G1

この表記法にはいくつか欠点もある。歌唱で頻繁に使われるlow - hi辺りまでの音域は分かり易い反面、それより高い音域や低い音域になると長い表記になり分かりづらい。そのため、楽器等人声以外の音域を表記するのには向かない。

また、hi(high、高い)、low(低い)といった表記は多くの変声後の男性の感覚には合っているが、多くの女性や変声前の男性の感覚には合わない。例えば、一般的な変声後の男性の地声の最高音付近に当たり、多くの女性にとってはそれほど高いとは感じられないA4がhiAと表記され、逆に多くの女性にとって明瞭な発音が困難となるほど低いと感じられるD3がmid1Dと表記される。

この表記法は音楽家、音楽教師など関係者の間では公式な表記法としては認知されてはおらず、日本のインターネット上を中心に一般の音楽愛好者の間などで広まっている独自の表記法である。なお、音名は英米式表記を使っているが、接頭語のhi (high) / mid (middle) / lowの表記法は英語圏で生まれたものではないので、英語圏では通常使用されない。

因みに、ルチアーノ・パヴァロッティが「キング・オブ・ハイC」と呼ばれていたが、「高いA」や「高いC」という言い方は古典声楽においては一般に特定の音域を指して使われる表現であり、いわゆるオクターヴ表現ではない。これはあくまで男声女声それぞれの最高音域を指して用いられる。例えば、highCは男声ならC5、女声ならC6を指すのが普通である。また、E、F、G辺りにこの呼び方を適用することは少ない。例えば、「高いE」と言った場合に高いAや高いCより上のEなのか下のEなのかが判断しづらいからである。男声でE4を示す時は「中央Cのすぐ上のE」、E5の場合は「中央Cのすぐ上のEの1オクターヴ上(高いCのすぐ上のE)」などと表すことが多い。lowについてもhighほどは多用されないが同じことが言える。例えば、lowFは男声ならF2、女声ならF3を指すのが普通である。また、middleは普通ピアノの中央部の音域を指し、特にCについて言う。

hi / mid / lowの表記法はこれらの表現をオクターヴ表記に当てはめたと見えて、Aで区切られmidが2オクターヴあるというやや変則的な形態となっている。また、この表記法はAの下で区切られているので、GやAに変化記号を付ける場合はその付け方によって異名同音でも接頭語が変わることになる。例:mid2G = hiA、mid2G = hiA、mid2G = hiA(ただし、これらが音として全く同じになるのは平均律のときであり、純正律などの場合は異名同音とはならない。)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドイツ語の発音は[ʦeː]だが、日本ではあえて「チェー」と発音する学派もある。
  2. ^ ドイツ語の発音は[aːɪs]だが、日本の慣習的な発音は「アイス」。
  3. ^ イタリア語の発音は[si]であり、日本でも「スィ」という発音にこだわる学派もある。
  4. ^ 矢田部達郎著『言葉と心 : 心理学の諸問題』(盈科舎、1944年)
  5. ^ コンサーティーナ入門(4)西塚式音名表記法「ドデレリ」
  6. ^ 『音楽教育研究』No50、1970年6月号、音楽之友社
  7. ^ 古田庄平 「我が国の音楽教育における読譜の歴史的な変遷について[Ⅴ] ―<固定ド>と<移動ド>の音感と唱法の問題を根底に―」(長崎大学教育学部教科教育学研究報告, 16, pp.29-38; 1991 )
  8. ^ 日本では、明治初期には階名を数字譜にちなんで「ヒフミヨイムナ」と呼んでいた。例えば「ヨナ抜き音階」という呼称は当時のなごりである。文化デジタルライブラリー (舞台芸術教材で学ぶ > 日本の伝統音楽 > 歌唱編)http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc8/nattoku/nippon/rroin/index.html (2015-6-2閲覧)
  9. ^ 佐藤式ソルフェージュ音節システムの説明 - 英語式音節の記述有(作曲家佐藤賢太郎の公式サイトより)
  10. ^ Shearer, Aaron (1990). Learning the Classical Guitar, Part 2: Reading and Memorizing Music. Pacific, MO: Mel Bay. p. 209. ISBN 978-0-87166-855-4. http://books.google.com/?id=gzI7056gnZ4C&pg=PA209. 
  11. ^ 井上武士「日本における唱法の変遷」、『音楽教育研究』6/'70(1970年6月号)
  12. ^ 工尺譜の読み方について(明清楽資料庫)
  13. ^ 井上武士「日本における唱法の変遷」、『音楽教育研究』6/'70(1970年6月号)
  14. ^ ファイル:NoteNamesFrequenciesAndMidiNumbers.svg - Internationalの和訳
  15. ^ 六点ロはMIDIの範囲外である。MIDIのノートナンバーの最高音は六点ト(127)である。

関連項目[編集]