中央ハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中央ハ(ちゅうおうハ)とは、ピアノ調律や弦楽器のチューニングに基準音としてよく使われるイ (A) 音のすぐ下のハ (C) 音のことである。ソルフェージュでは固定ド唱法の基準となる音である。A = 440Hzであって、かつ十二平均律であるならば、約261.62556530059863467785Hzの周波数MIDIのノートナンバーは60(ただし、オルガンピアノ周波数と比べて1オクターブ低い音域にシフトされているためノートナンバーは72)、日本式表記は一点ハ、国際式表記はC4である。また、日本では一般に「真ん中のド」というと中央ハのことを指す。単に「ド」という場合もある。

ソプラノの最音に近く、多くの女性や未変声の男性が出すことのできる最低のハ (C) 音である。バスの最音に近く、変声を終えた多くの男性がファルセットを使わずに出すことのできる最高のハ (C) 音である。

普通のフルート、テナーリコーダーの最低音である。オーボエクラリネットトランペットヴァイオリンの出すことのできる最低のハ (C) 音である。ヴィオラの最低音より1オクターブ高く、チェロの最低音より2オクターブ高い。ピアノでは、鍵穴のすぐ左のハ (C) 音である。

音部記号ごとの中央ハ。左からト音記号(ヴァイオリン記号)、アルト記号テノール記号ヘ音記号(バス記号)
通常の88鍵のピアノにおける中央ハの位置