ディスコ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディスコ
様式的起源 ソウルミュージック
R&B
ラテン音楽
ポップ・ミュージック
クロスオーバー
フュージョン
文化的起源 1960年代のイギリスおよびアメリカ合衆国、フランス
使用楽器 エレクトリックギターエレクトリックベースドラムセットシンセサイザー鍵盤楽器打楽器弦楽器、ホーンセクション
派生ジャンル Hi-NRGハウステクノポップテクノユーロ・ビートヒップホップポスト・ディスコ
サブジャンル
イタロ・ディスコ、スペース・ディスコ、ユーロ・ディスコ英語版
融合ジャンル
ニュー・ディスコ
テンプレートを表示
ディスコを象徴するアイテムの一つである、ミラーボール

ディスコ(Disco)は、ポピュラー音楽におけるダンス・ミュージックのジャンルの一つ。

概要[編集]

1970年代前半のフィリー・ソウルは、ディスコ音楽に大きな影響を与えた。MFSBドラマー、アール・ヤングのドラムスのキックと、16ビートのハイハットの組み合わせは後のサルソウル・レコードのディスコ・サウンドのルーツとなった。時にはチョッパーベースも見せるエレキベース、女性ボーカルが起用されることも多く、ストリングスホーンセクション[注 1]クラヴィネット、リズムを刻むことがメインのエレキギターがバッキングをつとめた。また、フルートのようなオーケストラ楽器がしばしばソロに用いられた[注 2]。また、ブルックリンなどの白人、黒人ら、ニューヨークのダンス音楽好きがディスコに参入した[1]

一部のディスコ・ミュージシャンのレコードは、ジャケットに写っている人物と、実際に歌っているシンガーが違うという、お粗末な事実もあった。ヴィレッジ・ピープルがその代表で、歌っているのはスタジオ・ミュージシャンである。

詳細[編集]

”ディスコ・クイーン”ドナ・サマー

ディスコの語源となったのは、バンドの生演奏ではなくDJがレコード演奏をおこない、客がそれに合わせてダンスを踊る娯楽場のことを指す「ディスコティーク」で、もともとフランス語[2]である。

アメリカでは、アフリカ系アメリカ人ヒスパニックのコミュニティを起源とし、1960年代から1970年代前半にかけてフィラデルフィアからニューヨークへと伝わっていった[3][4][5][6][7]ディスコ・スタイルのクラブの前身は、1970年2月にニューヨーク市のDJ、デヴィッド・マンキューソが自宅に開いたメンバー制プライベート・ダンス・クラブ「ザ・ロフト (The Loft)」である[8][9]

ディスコの主要な客は黒人とゲイだった。ゲイのDJや客は、ドナ・サマーグロリア・ゲイナーダイアナ・ロスグレイス・ジョーンズメルバ・ムーアロリータ・ハロウェイらを「ディスコ・クイーン」の地位へ押し上げた[10]。また当初はソウルミュージックにあわせて踊っていたが、後には気持ちよく踊らせるのはどうしたらよいのか、という発想になり、曲のテンポが注目される。1分間にBPM・120ぐらいが人が踊っているときの心臓の鼓動に近いということで、それに合わせたフォーマットの曲が増えた。シルヴェスターの曲}[注 3]などに、その典型が見られる。

日本においてオールジャンルで選曲していたディスコは、1990年代に個々のジャンルに特化して「クラブ」と呼ばれるようになった。日本国内では、高齢者となったかつてのディスコ世代に向けたディスコ・イベントなどが開催されている。フィリー・ソウルは、ハウスなど後進のダンス・ミュージックに影響を与えた。イギリスロンドンイビサ島ゴアなどで盛んにイベントが開催されている。

歴史[編集]

1960年代-1974年[編集]

1960年代のディスコで流れた音楽は、ジェームス・ブラウンテンプテーションズフォー・トップスなどの本物のソウル・ミュージックだった。やがて1970年代前半になると、フィラデルフィア・ソウルがブームになってきた。最も初期のディスコ・ソングには、1972年にリリースされたManu Dibangoの「Soul Makossa」やスリー・ディグリーズの「荒野のならず者」、ハロルド・メルビン&ブルーノーツの「ザ・ラブ・アイ・ロスト」などがある[11]。ディスコに関する最初の記事は、1973年9月の『ローリング・ストーン』誌に、Vince Alettiによって書かれた[12][13]。1974年にはニューヨーク市のWPIX-FMで世界初のディスコのラジオ番組が放送された[14]。さらに、エレガントなサウンドを得意とするバリー・ホワイトが結成したラヴ・アンリミテッド・オーケストラ「愛のテーマ」は、ビルボード・ポップ・チャートで1位になる大ヒットとなった。

1975-1979年: ディスコ・ブーム[編集]

1975年にはヴァン・マッコイの「ハッスル」が大ヒットした[15]。1975年以後1979年までに、ジョニー・テイラー、リック・ディーズ、ヴィッキ・スー・ロビンソン、ヒートウェイブ、テイスト・オブ・ハニーシック、フォクシー、マイケル・ゼイガー・バンド、シスター・スレッジ、ピーチズ&ハーブらがディスコ・ヒットを飛ばした。1970年代後半のディスコ・パフォーマーにはビージーズヴィレッジ・ピープルドナ・サマーアラベスクジンギスカンがいる。ドナ・サマーは多くのビッグヒットを生み出し、またもっともポピュラーになったディスコのスターである。また、彼女はエレクトロニック・サウンドを特徴とするユーロ・ディスコのヒットを出した。裏方であったジョルジオ・モロダーらの音楽プロデューサーたちは大きな役割を果たした。彼らは曲を書き制作を行い、画一的なシンセ・サウンドを確立していった。これらは「ディスコサウンド」の一部となった[16]。ヒットが量産されるのを見た非ディスコアーティストは、ディスコ絶頂期にディスコ・ソングを録音した。また『サタデー・ナイト・フィーバー』や、『イッツ・フライデー』(1978年) のような商業映画は、ディスコのマーケットを拡大する上で、大きな役割を果たした。

一方でディスコ・ミュージックや文化に対する激しい反発が起き、アメリカで1979年7月に起こったディスコ・デモリッション・ナイト事件はディスコ人気に打撃を与える1つの原因になった。ただ、ディスコが衰退した大きな原因は、ヒットが大量に生まれ音楽ファンに飽きられたことと、ファンの需要は多様であり画一的なレコード供給ではダメだという点にあった。また、フュージョンや産業ロックと同様に、ディスコに対する音楽ファンと音楽評論家による商業主義との批判も、容赦なく浴びせられた。その結果、アメリカではディスコの人気が著しく低下したが、踊らせるためのダンス・ミュージックは1980年代以降も世界で存在し続けた。

ロックからのアプローチ[編集]

ディスコ・ブームが長期化するのを受け、ロックなど他ジャンルからディスコ・サウンドを取り入れる現象が見られた。

ロックの主な例としては、ローリング・ストーンズの「ミス・ユー」、バッド・カンパニー[注 4]の「ロックンロール・ファンタジー」、ELOの「シャイン・ラヴ」、キッスの「ラヴィン・ユー・ベイビー」、ロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」、ドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」、ブロンディの「ハート・オブ・グラス」、クイーンの「地獄へ道づれ」などがある。

またジャズでは、クインシー・ジョーンズ(「スタッフ・ライク・ザット」)、ジョー・ファレルヒューストン・ピアソン(「ディスコ・サックス」)、クリーブランド・イートン[注 5]から、ベテランのベニー・ゴルソンソニー・ロリンズ[17]までが、ディスコ・ビートを取り入れた曲を発表した。

ファンキー・ディスコ[編集]

ディスコは踊らせるための音楽であるため、どうしてもソウルやR&B、ファンクなどに比べると、軽く見られる傾向が強かった。しかし、一部のアーティストは黒人らしさを強調したファンキー・ディスコ(ブラック・ディスコ)の曲を発表した。この分野の例としては、イヴリン・キングの「シェイム」[18]D・トレインの「ユアー・ザ・ワン・フォー・ミー」、レイディオの「パーティー・ナウ」[注 6]、GQの「ディスコ・ナイト」、BB&Qバンドの「オン・ザ・ビート」、ダズ・バンドの「レット・イット・ホイップ」、シックの「グッド・タイムズ」[注 7]などがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ トランペットトロンボーンサックスなどからなる複数の金管楽器奏者。
  2. ^ Let's All Chant」(邦題:チャンタで行こう! 1978年)ではクラリネットが使われている。
  3. ^ 「ユー・メイク・ミー・フィール」「ドゥ・ユー・ワナ・ファンク」などがヒットしたゲイのディスコ歌手。若くしてエイズで死去した。
  4. ^ 「キャント・ゲット・イナフ」が1974年にヒット。
  5. ^ 1978年の「バマ・ブギー・ウギー」がファンキーディスコの佳曲である。
  6. ^ レイ・パーカー・ジュニアのグループ。同曲のボーカルはジェリー・ナイト。
  7. ^ 「ダンス・ダンス・ダンス」「おしゃれフリーク」などヒット曲多数。

出典[編集]

  1. ^ Turn the Beat Around: The Secret History of Disco 2021年10月2日閲覧
  2. ^ http://eow.alc.co.jp/search?q=discotheque
  3. ^ (1995) "Out in Culture: Gay, Lesbian and Queer Essays on Popular Culture", ISBN 030433488X, 9780304334889, p.439:(Disco 1990). "Although the disco pulse was born in the small gay black clubs of New York, disco music only began to gain commercial attention when it was exposed to the dance floor public of large, predominantly white gay discos."
  4. ^ (1998) "The Cambridge History of American Music", ISBN 0521454298, 9780521454292, p.372: "Initially, disco musicians and audiences alike belonged to marginalized communities: women, gay, black, and Latinos"
  5. ^ (2007) "The 1970s", ISBN 0313339198, 9780313339196, p.203-204: "During the late 1960s various male counterculture groups, most notably gay, but also heterosexual black and Latino, created an alternative to rock'n'roll, which was dominated by white — and presumably heterosexual — men. This alternative was disco,..."
  6. ^ (2002) "Traces of the Spirit: The Religious Dimensions of Popular Music", ISBN 0814798098, 9780814798096, p.117: "New York City was the primary center of disco, and the original audience was primarily gay African Americans and Latinos."
  7. ^ (1976) "Stereo Review", University of Michigan, p.75: "[..] and the result - what has come to be called disco - was clearly the most compelling and influential form of black commercial pop music since the halcyon days of the "Motown Sound" of the middle Sixties."
  8. ^ empsfm.org Past Exhibitions
  9. ^ discomusic.com Timeline
  10. ^ 「リズム&ブルースの死」ネルソン・ジョージ著、p.286。早川書房
  11. ^ Disco origins Archived 2009年2月27日, at the Wayback Machine.
  12. ^ ARTS IN AMERICA; Here's to Disco, It Never Could Say Goodbye, The New York Times, December 10, 2002]
  13. ^ Excerpt from first article about disco
  14. ^ discomusic.com Timeline first disco radio show
  15. ^ https://www.discogs.com/Van-McCoy-The-Soul-City-Symphony-The-Hustle/release/2422820
  16. ^ allmusic
  17. ^ http://news.allaboutjazz.com/sonny-rollins-on-disco-monk.php
  18. ^ ALL MUSIC

関連項目[編集]