ディスコ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディスコ
様式的起源 ソウルミュージック
R&B
ラテン音楽
ポップ・ミュージック
クロスオーバー
フュージョン
文化的起源 1960年代のイギリスおよびアメリカ合衆国、フランス
使用楽器 エレクトリックギターエレクトリックベースドラムセットシンセサイザー鍵盤楽器打楽器弦楽器、ホーンセクション
派生ジャンル Hi-NRGハウステクノポップテクノ ✪ ユーロ・ビート ✪ ヒップホップポスト・ディスコ
ディスコを象徴するアイテムの一つである、ミラーボール

ディスコ音楽(ディスコおんがく)はダンス・ミュージックのジャンルの一つ。

概要[ソースを編集]

ファンクソウルミュージックからの影響を含んでいる。音量の大きい反響するボーカル、一定のリズムを刻む4つ打ち、8分音符ないし16分音符刻みかつオフビート(アフタービート、弱拍)でオープンするハイハットパターン、そして突出したシンコペーションを持ち、時にはオクターブでなるエレキベースのベースラインの上で演奏される。ストリングスホーンセクション[1]エレクトリックピアノエレキギターが華やかなバッキングを創出する。フルートのようなオーケストラ楽器がしばしばソロに用いられ[2]、またロックと異なりリードギターが用いられることはめったにない。

起源[ソースを編集]

アメリカアフリカ系アメリカ人ヒスパニックのコミュニティを起源とし、1960年代後半から1970年代前半にかけてフィラデルフィアからニューヨークへと伝わっていった[3][4][5][6][7]ディスコスタイルのクラブの前身は、1970年2月にニューヨーク市のDJ、David Mancusoが自宅に開いたメンバー制プライベートダンスクラブ「The Loft」である[8][9]。 世界初のディスコソングは1973年にリリースされたと広く言われているが、1972年にリリースされたManu Dibangoの「Soul Makossa」が最初だと主張するものもいる[10]。ディスコに関する最初の記事は、1973年9月のローリング・ストーンに、Vince Alettiによって書かれた[11][12]。1974年にはニューヨーク市のWPIX-FMで世界初のディスコのラジオ番組が放送された[13]

普及と社会的影響[ソースを編集]

広く知られている1970年代後半のディスコパフォーマーにはビージーズヴィレッジ・ピープルドナ・サマーアラベスクジンギスカンがいる。ドナ・サマーはビッグヒットを生み出し、またもっともポピュラーになったディスコのスターである。彼女はまた、後にディスコの一部となったエレクトロニックサウンドのパイオニアとしての役割も果たした。パフォーマーやシンガーが衆目の「獅子の取り分」を獲得していく中、「裏方」であったプロデューサーたちは同程度、あるいはそれ以上の役割を担った。彼らはしばしば曲を書き、画一的なサウンドと演出を創造していった。これらは「ディスコサウンド」の一部となった[14]。多くの非ディスコアーティストがディスコ絶頂期にディスコソングを録っている。またサタデー・ナイト・フィーバーイッツ・フライデーのような映画はディスコをメインストリーム化させた。

一方でディスコミュージックや文化に対する激しい反発が起き、アメリカで1979年7月に起こったディスコ・デモリッション・ナイト事件は人気の絶頂に打撃を与える形となった。また、フュージョンや産業ロックと同様、ディスコに対する音楽ファンと音楽評論家による商業主義との批判も、容赦なく浴びせられた。その結果、アメリカではディスコの人気が著しく低下したが、踊らせるためのダンス・ミュージックは1980年代以降も世界で、存在し続けた。

ディスコは、ハウステクノニューディスコなど多くのダンス・ミュージックのジャンルに影響を及ぼした。加えて、多くの行動がそれらのジャンルを直接的に復活させ、また多くの要素がそれらのサウンドに加えられた。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ トランペットトロンボーンサックスなどからなる複数の金管楽器奏者
  2. ^ Let's All Chant」(副邦題:チャンタで行こう!)ではクラリネットが使われている。
  3. ^ (1995) "Out in Culture: Gay, Lesbian and Queer Essays on Popular Culture", ISBN 030433488X, 9780304334889, p.439:(Disco 1990). "Although the disco pulse was born in the small gay black clubs of New York, disco music only began to gain commercial attention when it was exposed to the dance floor public of large, predominantly white gay discos."
  4. ^ (1998) "The Cambridge History of American Music", ISBN 0521454298, 9780521454292, p.372: "Initially, disco musicians and audiences alike belonged to marginalized communities: women, gay, black, and Latinos"
  5. ^ (2007) "The 1970s", ISBN 0313339198, 9780313339196, p.203-204: "During the late 1960s various male counterculture groups, most notably gay, but also heterosexual black and Latino, created an alternative to rock'n'roll, which was dominated by white — and presumably heterosexual — men. This alternative was disco,..."
  6. ^ (2002) "Traces of the Spirit: The Religious Dimensions of Popular Music", ISBN 0814798098, 9780814798096, p.117: "New York City was the primary center of disco, and the original audience was primarily gay African Americans and Latinos."
  7. ^ (1976) "Stereo Review", University of Michigan, p.75: "[..] and the result - what has come to be called disco - was clearly the most compelling and influential form of black commercial pop music since the halcyon days of the "Motown Sound" of the middle Sixties."
  8. ^ empsfm.org Past Exhibitions
  9. ^ discomusic.com Timeline
  10. ^ Disco origins
  11. ^ ARTS IN AMERICA; Here's to Disco, It Never Could Say Goodbye, The New York Times, December 10, 2002]
  12. ^ Excerpt from first article about disco
  13. ^ discomusic.com Timeline first disco radio show
  14. ^ allmusic

関連項目[ソースを編集]