エレクトロニック・ダンス・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレクトロニック・ダンス・ミュージック: Electronic Dance Music, EDM)とは、シンセサイザーシーケンサーを用い、主にクラブないしは音楽を中心にすえるエンターテイメントの場において、その場の人々を躍らせるという明確な目的のもとDJの道具として作られる音楽である。このような使用目的のため、はなから生演奏は考慮せずに再生専用として作られ、また作曲者自身も作曲活動のほかDJ業も兼ねている場合がほとんどである。

EDM[編集]

EDMとはElectronic Dance Musicの頭文字を並べたアクロニムである。元々ヨーロッパで人気を博していたElectronic Dance Musicがアメリカで人気を得るようになった2000年代に、アメリカの音楽マスメディアによって経済用語として作られた。 EDM(Electronic Dance Music)は明確なジャンルを指す言葉ではない。ロックジャズヒップホップなどと同じように様々なサブジャンルを持つ包括的な用語である。 人気のジャンルとしてハウストランステクノダブステップ、そしてトラップなどがある。

狭義的な解釈としてのEDM[編集]

EDMについては狭義的な解釈も存在する。その解釈では、DJカルチャー以降の音楽的伝統を持たない、ポップなエレクトロニック・ダンス・ミュージックを指す。その成り立ち故に、従来のテクノやハウス・ミュージックのミュージシャンやファンから区別され、批判されることも多い[1][2]

日本におけるEDM[編集]

世界的なエレクトロニック・ダンス・ミュージックフェスティバルの一つであるウルトラ・ミュージック・フェスティバルが、2014年9月27日・28日に「ULTRA JAPAN 2014」として東京都お台場で開催、42,000人の観客を集めた[3]。翌2015年9月19日・20日・21日の3日連続で、「ULTRA JAPAN 2015」を開催予定である。

脚注[編集]

  1. ^ 「EDMと旧世代」 Tomo Hirata ブログ 2013年01月14日
  2. ^ 「ジェフ・ミルズがEDMを擁護」 RO69 2014年10月10日
  3. ^ ULTRA JAPAN 公式

関連ジャンル[編集]