エレクトロニック・ダンス・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エレクトロニック・ダンス・ミュージック: Electronic Dance Music, EDM)とは、シンセサイザーシーケンサーを用い、主にクラブないしは音楽を中心にすえるエンターテインメントの場において、その場の人々を躍らせるという目的のもと作られたダンスミュージック[1]のことである。
曲はDJによって再生されるために制作される事が多く、アーティスト作曲業だけではなくDJ業も兼ねている場合が多い。

EDM[編集]

EDMとはElectronic Dance Musicの頭文字を並べた頭字語である[2]。元々ヨーロッパで人気を博していたElectronic Dance Musicがアメリカ合衆国で人気を得るようになった2000年代後半に、Electronic Dance Music全体を表す経済用語としてアメリカの音楽マスメディアによって作られた [3] [4]
EDM(Electronic Dance Music)は明確なジャンルを指すものではなく、ロックジャズヒップホップなどと同じように様々なサブジャンルを包括した用語である [5] [6] 。人気のジャンルとしてハウストランステクノダブステップ、そしてトラップなどがある [7] [8] [9] [10]
EDM(Electronic Dance Music)が2000年代後半からアメリカ合衆国、また全世界へ急速に拡大していった [11] [12] [13] [14] きっかけは、2006年に催されたコーチェラ・フェスティバルに出演したダフト・パンクが行ったピラミッドを象ったステージでのライブであるとされ[15]、そのライブではキャパシティが1万人の会場に4万人の人が集まっていた[16]

狭義的な解釈によるEDM[編集]

EDM(Electronic Dance Music)には狭義的な解釈も存在する[17] [18] 。その狭義的な解釈ではEDMという言葉は、DJカルチャー以降の音楽的伝統を持たない、ポップなエレクトロニック・ダンス・ミュージックを指す。[19] その成り立ち故に、従来のテクノハウス・ミュージックのミュージシャンやファンから区別され、批判されることもある [20] [21]

近年の日本におけるEDM[編集]

世界的な流行の波を受け、ここ数年、日本においてもULTRA JAPANエレクトロックスPACHA FESTIVAL TOKYOなどのフェスティバル・イベントが続々と開催されている [22] [23] [24] 。またEDMのプロデューサーが著名なポップアーティストの楽曲を手掛ける例もあり、いわゆるダンスミュージックを聴いていなかった層にもElectronic Dance Musicが届くようになってきている。

アニメソング・ボカロPとのかかわり[編集]

2010年代半ばから、EDMの要素を取り込んだアニメやゲームの楽曲が増加しており、Wake Up,Girls!(『Wake Up,Girls!』)の「素顔でKISS ME」や、セブンスシスターズ(『Tokyo 7th シスターズ』)の「SEVENTH HAVEN」などがあげられる。 タワーレコード新宿店のアニメ担当バイヤーである樋口翔は「アニソンやキャラソンにおけるEDMブームは1990年代後半のゲーム音楽や、美少女ゲームおよびギャルゲーを源流としているが、トランスなど当時流行していた音楽に歌を載せただけのものが多く、融合とはいいがたかった。だが、Perfumeという3人の『ポップアイドル』を通じて『エッジのきいたダンストラックとデジタル補正・加工された機械的な歌声が融合した姿』が誰でもわかる形で示された。その結果、柊つかさ(『らき☆すた』)の『寝・逃・げでリセット! 』をはじめとするPerfumeに影響を受けたアニソン・キャラソンが多数登場した。その後、様々な要素を吸収する姿勢を持ち初音ミクでプロデュース能力を身に着けたボカロPたちがこれらの音楽を手掛けるようになり、現在のブームに至っている。」とまんたんウェブ上で推測を述べている[25]


関連[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ History of Dance Music Matt Errey. EnglishClub.
  2. ^ What does EDM mean in Music?
  3. ^ It's a $6.2 billion industry. But how did Electronic Dance Music get so popular? Abel Alvarado. CNN. October 30, 2015.
  4. ^ THE HISTORY OF EDM JMC Academy established in 1982. Nov 21.
  5. ^ 5 EDM GENERES THAT WILL TAKE OVER AMERICA INTOTHEAM. JANUARY 12, 2015.
  6. ^ Top 10 EDM Sub-Genres Matt Campbell. Mojo Supreme. 2014.
  7. ^ What I Learned from Analyzing the Top 100 Tracks on Beatport Sam Matla. EDMProd. July 29, 2015.
  8. ^ Texas EDM Events by Genre – 2012 RAGETEXAS. Jan 27, 2013.
  9. ^ Best selling EDM genres according to year, taken from Beatport.
  10. ^ What's Your Favorite EDM Genre? YourEDM. Oct 29, 2015.
  11. ^ The Popularity of Music Genres, 2005-present Paul Resnikoff. DigitalMusicNews. October 30, 2015.
  12. ^ Have You Heard of EDM? Google. think with Google. 2015.
  13. ^ The Year In EDM 2013: Daft Punk, Disclosure, Zedd and More Take It to Another Level Zel McCarthy. Billboard. Dec 13, 2013.
  14. ^ How rave music conquered America Simon Reynolds. The Guardian. Aug 2, 2012.
  15. ^ Daft Punk Unchained(2015) Herve Martin-Delpierre. June 24, 2015 (France).
  16. ^ Pedro Winter - Daft Punk "Unchained". 2015.
  17. ^ EDM特集 TOMO HIRATA、iLoud、2012年06月16日
  18. ^ EDM、テクノ、ハウス等の違い?
  19. ^ あのね!第五十回:「EDMってなあに?」
  20. ^ 「EDMと旧世代」 Tomo Hirata ブログ 2013年01月14日
  21. ^ 「ジェフ・ミルズがEDMを擁護」 RO69 2014年10月10日
  22. ^ Festival Life | 2016年開催予定のEDMフェス Yuki Sagan、フェスティバルライフ、2016年03月01日
  23. ^ tokyoedm | 国内初【Tropical Disco】がMAGIC BEACHで開催! TokyoEDM、2016年05月23日
  24. ^ edmmaxx | 世界最高峰のクラブ「PACHA」が音楽フェスとして日本上陸!! EDM MAXX編集部、2016年02月22日
  25. ^ アニメソング:シーンにEDMの波 ブームの裏に“ボカロP”の存在”. まんたんウェブ. 毎日新聞 (2016年3月20日). 2016年7月24日閲覧。